ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?

ファクタリングを利用した場合、会社では、どのように会計処理していけばよいのでしょうか?

今回は、ファクタリングを利用した際の仕訳をご説明していきます。

1.ファクタリングを利用した場合、どんな勘定科目を使って仕訳するの?

 

例を使ってご説明致します。

2016年4月30日に500万円の商品を売却

※2016年5月30日に入金予定

 

2016年5月1日にファクタリング契約

2016年5月2日に498万円が入金

2016年5月30日に商品代金の500万円が入金

2016年5月30日にファクタリング会社に500万円を支払い

 

仕訳パターン①

4月30日の仕訳 売掛金 500万円 売上 500万円
5月2日の仕訳 普通預金 498万円

売上債権譲渡損 2万円

売掛金 500万円
5月30日の仕訳 普通預金 500万円 預り金 500万円
5月30日の仕訳 預り金 500万円 普通預金 500万円

 

 

 

仕訳パターン②

4月30日の仕訳 売掛金 500万円 売上  500万円
5月2日の仕訳 未収金 500万円 売掛金 500万円
5月2日の仕訳 普通預金 498万円

売上債権譲渡損 2万円

未収金 500万円
5月30日の仕訳 普通預金 500万円 預り金 500万円
5月30日の仕訳 預り金 500万円 普通預金 500万円

 

仕訳のパターンを2つ記載しましたが、売掛金で処理する場合と、未収金で処理する場合があります。

 

2.売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)には、消費税がかかるのか?

売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)の消費税は、非課税となります。

3.債権譲渡をした場合には、課税売上割合の計算上考慮する必要があるのか?

債権をファクタリング会社に売却した場合、課税売上割合の計算には考慮する必要はありません。

国税庁HP 課税売上割合の計算方法 参照

 

4.売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)の表示場所はどこか?

売上債権譲渡損は、営業外費用に計上します。

 

まとめ

ファクタリングを利用する予定の方は、会社で仕訳する必要がでてくるでしょう。

今回の記事、仕訳をする際の参考になれば幸いです。

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?

お知らせ

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?