ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングを利用した場合、会社では、どのように会計処理していけばよいのでしょうか?

今回は、ファクタリングを利用した際の仕訳をご説明していきます。

1.ファクタリングを利用した場合、どんな勘定科目を使って仕訳するの?

例を使ってご説明致します。

2016年4月30日に500万円の商品を売却

※2016年5月30日に入金予定

2016年5月1日にファクタリング契約

2016年5月2日に498万円が入金

2016年5月30日に商品代金の500万円が入金

2016年5月30日にファクタリング会社に500万円を支払い

仕訳パターン①

4月30日の仕訳売掛金 500万円売上 500万円
5月2日の仕訳普通預金 498万円

売上債権譲渡損 2万円

売掛金 500万円
5月30日の仕訳普通預金 500万円預り金 500万円
5月30日の仕訳預り金 500万円普通預金 500万円

仕訳パターン②

4月30日の仕訳売掛金 500万円売上  500万円
5月2日の仕訳未収金 500万円売掛金 500万円
5月2日の仕訳普通預金 498万円

売上債権譲渡損 2万円

未収金 500万円
5月30日の仕訳普通預金 500万円預り金 500万円
5月30日の仕訳預り金 500万円普通預金 500万円

仕訳のパターンを2つ記載しましたが、売掛金で処理する場合と、未収金で処理する場合があります。

2.売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)には、消費税がかかるのか?

売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)の消費税は、非課税となります。

3.債権譲渡をした場合には、課税売上割合の計算上考慮する必要があるのか?

債権をファクタリング会社に売却した場合、課税売上割合の計算には考慮する必要はありません。

国税庁HP 課税売上割合の計算方法 参照

4.売上債権譲渡損(債権売却にかかる手数料)の表示場所はどこか?

売上債権譲渡損は、営業外費用に計上します。

まとめ

ファクタリングを利用する予定の方は、会社で仕訳する必要がでてくるでしょう。

今回の記事、仕訳をする際の参考になれば幸いです。

ファクタリングは手数料が高いため、一時的な資金調達以外での利用はおすすめできませんが、日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ファクタリングを利用した場合、会社はどのような仕訳をすればよいのか?