ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

お客様からの売掛金をファクタリング会社が買い取ることにより、即日現金化が可能となる話題のファクタリングですが、利用する手数料は、取引形態によって様々です。

そこで今回は、ファクタリングを利用する際の手数料と取引形態について解説していきます。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.ファクタリングとは?

自社が取引先の会社に対して、サービスや商品を販売した際には、そのサービスや商品に対してお金が支払われます。

ですがこのお金が支払われるのは、取引先の都合や経理のスケジュール上一カ月後などのように、すぐに支払われることは少ないのです。

この、支払いが決まっているが、まだ回収できていないお金のことを売掛金と言います。

ファクタリングというのは、この売掛金をファクタリングサービスを行っている会社が買い取り、取引会社の代わりに、自社に対してお金を支払うことでサービスが成立しています。

自社がまだ取引先からお金が支払われておらず、手元に現金がない場合に、ファクタリング会社を利用し手数料を払うことによってすぐに現金化にすることができる、また、取引会社から支払われるはずのお金は、ファクタリング会社が買い取っているため、取引会社の倒産等がない限り、ファクタリング会社が損をすることもありません。

利用したいけど、実際いくらくらい資金を調達できるのか知りたい!という方は、是非、無料診断を行ってみて下さい。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

2.取引形態とは?

ファクタリングを利用するにあたり、取引形態は1種類だけではなく、2種類の取引形態が存在します。

そしてこの取引形態によって手数料も大きく変わってきますので、まず先に取引形態のお話からさせていただきます。

ファクタリングの利用は、ファクタリング会社・自社・取引先の3社を含めた3社間での取引と、ファクタリング会社・自社の2社で取引を行う2社間での取引の2種類があることを、覚えておきましょう。

次に各取引形態について、更に詳しくご説明します。

3社間での取引【3社間ファクタリング】

この取引形態には、ファクタリング会社・自社・取引先の3社が含まれていて、3社が契約を結ぶことで成り立つ取引形態になります。

主に、大手の金融機関系の会社がこの取引を行っています。

­この取引形態では、取引先が、売掛金の権利をファクタリング会社が持つこと(債権譲渡行為)、売掛金の入金先がファクタリング会社になる事を承知の上、契約が結ばれます。

また、入金先が直接ファクタリング会社になるため、ファクタリング会社からしたら、売掛金を確実に回収できる、という信頼性も高まります。

期日の入金日を過ぎても、入金がされていない場合は、取引先へ直接入金を促すことができるため、回収ができないというようなリスクも下がります。

これらの理由により、手数料は安く設定されています。

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

しかしこの場合のデメリットは、取引先会社の承諾を貰わなければならないという事です。

取引先が大手企業の場合、債権譲渡行為に良い印象を持つ人が少ないのです。

ファクタリング会社を利用するという事は、資金面に頭を抱えている、資金繰りが上手くいっていない危険な会社、と決めつけられやすいため、話にすら出せない、という現状があります。

2社間での取引【2社間ファクタリング】

上記の3社間ファクタリングの欠点である、取引先にバレてしまう、という事が改善された取引形態が2社間ファクタリングです。

これはファクタリング会社と自社のみの契約のため、他の誰にもバレることなく、売掛金を現金化することが可能です。

この場合の信頼性は、売掛金が確実に自社へ振り込まれることを前提に、自社とファクタリング会社の間柄のみとなります。

その為、ファクタリング会社からしたら、とてもリスクが高い取引形態となるため、3社間ファクタリングに比べると、手数料も高くなってしまいます。

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

2社間ファクタリングでの、ファクタリング会社のリスクとして以下のようなことが挙げられます。

・入金された時点で別の資金繰りに使われてしまう可能性

・税金や滞納中の支払がある場合、入金された時点で差し押さえられてしまう可能性

・光熱費やオフィス賃料が口座から自動的に引き落とされてしまう可能性

・自社の倒産等により、売掛金が回収できなくなる可能性

この他にも、リスクを挙げたらキリがありません。

ファクタリング会社も、ある程度のリスクを背負ったうえで契約を結ばなければなりません。

3.手数料の相場とは?

ファクタリングの手数料は、「目次2」でもご説明した通り、2社間と3社間で異なります。

その理由が、ファクタリング会社が背負うことになるリスクが違うためです。

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

このように変わってきます。

ここまでのお話で3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングの方が、リスクは高いことがお分かりかと思いますが、どのくらいの差があるのか、それが以下の通りです。

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

手数料の差は一目瞭然です。

これだけの差があるのなら、誰もが3社間ファクタリングを選びたいものですが、3社間ファクタリングを選ぶことによって、取引先からの承諾が必要、自社の背負うリスクが高くなってしまう、のように、なかなか選ばれていないという現状があります。

4.手数料は妥当な金額?

2社間ファクタリングでは、高い手数料が設定されていますが、普通に見たら高すぎると感じる方も多いかと思います。

そこで、なぜここまで高い手数料を取るのか、その理由をご説明していきます。

以下の理由を見ることで高い手数料を取る理由が見えてくるはずです。

リスクに対する値段

2社間ファクタリングでは、取引先にバレないように進めていかなければならず、その為には、売掛金の振込口座も変えることはできません。

その為、売掛金が入金されるのは自社、自社に入金された時点でファクタリング会社へ送金、という流れを取りますが、先に売掛金を手にできるのは自社、その為、送金されずに逃げられてしまうようなリスクだってあるのです。

ファクタリングは、担保や保証人を付けることがない為、言ってしまえば信用貸しをしている状態、その為、手数料が最大で30%と設定されているのです。

手数料に含まれている費用

手数料の中には、ファクタリング会社の利益となる費用の他、諸費用等が含まれていて、この諸費用を見ただけでも10~15万円が掛かっているのです。

その諸費用というのが以下の通りです。

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

この諸費用を見ても分かる通り、諸費用がかかるとなると、手数料が高くなるわけですが、現在では登記通知を一時的に保留にし、ファクタリングを行ってくれる会社もあります。

※ファクタリングの手数料には消費税がかかりません。消費税を上乗せしてくる会社があった場合には、より厳しく問うようにしましょう。

利用する売掛金額の違い

手数料が高い他に、手数料の設定されている幅が大きいことも気になる点です。

これには、ファクタリングを利用する金額が会社によって異なるためです。

例えば、150万円の売掛金を買い取ってもらう場合、手数料が30%ですと、ファクタリング会社の報酬は45万円です。

この45万円から、債権譲渡に伴う諸費用を差し引くと残るのが30万円程度となり、ファクタリング会社の利益は30万円となります。

ですが、売掛金1,500万円を買い取ってもらうとなると、手数料を10%に設定してもファクタリング会社の報酬は150万円、債権譲渡に伴う諸費用を差し引いても135万円が利益として残ります。

手数料の設定されている幅が大きいのは、利用する売掛金額によって変わるのです。

 

実際に利用する際に、どのくらいの手数料がかかるのか不安、という方は是非、無料診断を行ってみて下さい。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

5.手数料の決め手は面談次第?

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?

ファクタリングは、担保や保証人が付かないため、信用貸しの状態だという事をご説明しましたが、最終的に重要なことは、自社に対してどのくらいの信用があるかという事です。

ファクタリング会社を利用する際は、ほとんどの会社が面談を行います

この面談こそが、手数料を決めるにあたり、重要なこととなるのは事実です。

もちろん買い取ってもらう売掛金額も重要ですが、実際には、担当者が面談を行い、受けた印象が、手数料に影響することも少なからずあります。

仕事に対する姿勢、経営に対する気持ち、必ず返済するという姿勢等の強い意志を伝えることが、手数料額を大きく下げることにも繋がります。

また、初めての利用よりも、2回目や3回目のように、取引実績がある方が、評価も高く見られ、信頼性もより深まるため、手数料の引き下げを行える可能性も大いにあります。

まとめ

今回は、ファクタリングの手数料に重点を置き、ご説明してきましたが、ファクタリングはあくまで、長く続くものではなく、一時的な資金調達方法でもあります。

何度かの利用で、経営の見直しを行っていけることが最もの理想だと言えるでしょう。

もしも現在、資金繰りに困っているのならば、是非、無料診断から行ってみてはいかがでしょうか?

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

ファクタリングの手数料や相場はいくらくらい?取引形態とは?