ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

本来、取引先との商品・サービスのやり取りで、お金を受け取るには1か月後のように、期間が必要です。

ですが、自身の会社が資金繰りに頭を抱えていたら、すぐにでも資金を手にしたいものです。

その為に、新しい資金調達方法の一つとしてあるのが、ファクタリングです。

今回は、ファクタリングの種類と海外でのファクタリングのあり方についてご説明します。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.ファクタリングの基本

ファクタリングの意味を簡単にご説明しますと、取引先に商品やサービスを提供することで、自社には提供したものに対するお金を受け取る権利があります。

この権利を「債権」と言いますが、この支払われるはずのお金が振り込まれるのは、取引先の経理上などの関係から、1ヵ月後となったり、すぐに手にできるわけではありません。

ですが、この自社が持っている債権を、ファクタリング会社が買い取り、取引先の代わりに自社に対してお金を支払う、これこそがファクタリングです。

自社からしたら、所持している債権をファクタリング会社へ売却していることになります。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

自社は、債権を売却する際に、ファクタリング会社へ手数料を払い買い取ってもらう事で、手数料がファクタリング会社の利益として計算され、運営が成り立っています。

受け取るはずのお金が、手数料で取られてしまうため、自社としては少しデメリットにも感じますが、即日入金してもらえる、買い取ってもらうため返済の義務がない、など、メリットも多く、利用者は増加している現状があります。

 

少しでも興味をお持ちの方は、まずは無料診断から行ってみて下さい。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

2.ファクタリングの種類

ただ単にファクタリングと言っても、ファクタリングの種類は1つに限りません。

一般的に知られているファクタリングには、「2社間ファクタリング」「3社間ファクタリング」がありますが、もっと細かく見ていくと、契約によってファクタリングの方法がいくつか存在します。

まずは表にて確認していきましょう。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

では、それぞれのファクタリング方法において、何がどのように異なるのかを、図も交えてご説明していきます。このようにみると、一般的にはあまり耳にしないファクタリング方法が存在していることが分かります。

3.各ファクタリング方法とメリット・デメリット

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングというのは、債権をファクタリング会社が買い取るという債権譲渡行為を認知、および契約を交わしているのは、自社とファクタリング会社のみです。

多くの企業が、この2社間ファクタリング方法を利用しています。

その理由として、取引会社にファクタリングを行おうとしていることが知られることで、「資金繰りに頭を抱えている危ない会社」というような印象を与えてしまうため、取引先には知られることなく行える、2社間ファクタリングの利用が年々増加しています。

この場合、取引先から入金されるのは自社の口座となるため、入金があった時点でファクタリング会社の口座へ入金をします。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。  ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・最短で即日には資金化が可能となる

・取引先に知られることなく、ファクタリングを進められる

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・3社間ファクタリングと比べると、ファクタリング会社のリスクが高くなるため、手数料が高い

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングというのは、2社間とは違い、取引先へも債権譲渡の認知・承諾を行ってもらうファクタリング方法です。

自社がファクタリング会社へ申し込みをし、債権譲渡に関する契約を結ぶ前に、取引先から、債権譲渡行為の承諾を得る必要があります。

取引先から承諾を得るには、同意書にサインをしてもらう他、ファクタリング会社の口座も記載されているため、支払期日までにファクタリング会社の口座へ入金をする、ということの承諾にも繋がります。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。  ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・2社間ファクタリングと比べてファクタリングの審査が通りやすい

・2社間ファクタリングよりもリスクは低くなるため手数料は安くなる

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・取引先から債権譲渡行為への承諾を得る必要がある

・取引先にファクタリングが知られることで自社へのマイナスイメージ(資金に悩んでいる危ない会社 等)を作る要因にもなり、今後の取引にも支障をきたす可能性がある

・資金化までにかかる時間が2社間ファクタリングよりも長い

一括ファクタリング

通常ファクタリングとは、自社がファクタリング業者へ申し込みをすることで、ファクタリングの取引が成立していますが、一括ファクタリングでは、ファクタリング会社へ申し込みをするのが、支払う側である取引先です。

取引先がファクタリング会社へ申し込みをすることで始まっていくファクタリング方法になります。

取引先がファクタリング会社へ申込をする理由としては、取引先は大抵、支払うための手形の発行にかかる時間を利用し資金面での改善を狙っています。

ですが、手形を発行するまでの時間であったり、手形を管理するコストを考えた時に、「御社(自社)にとっても弊社(取引先)がファクタリングを利用する方が、いつでも資金化が可能となるメリットがあるのではないか・・・」と考えて、「その分、請求する金額を抑えてほしい」という取引先の思いもあり、ファクタリング会社への申し込みをするのです。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。  ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・いつでも資金化が可能

・審査が不要となる

・他の買取ファクタリング方法よりも手数料が安い

・取引先の倒産する危険性を回避することができる

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・取引先が申し込みをするファクタリング方法となるため、自社が上に立ち進めることができない

保証ファクタリング

保証ファクタリングは、支払われるはずのお金が確実に支払われるという事を保証する為のファクタリング方法です。

これは、ファクタリング会社が自社に代わって、取引先が確実に支払ってくれるかどうかの調査(信用調査・与信調査)を行い、自社が所持する債権を保証することで成り立ちます。

支払日になっても取引先からの入金がない場合に、保証ファクタリングを利用することで、ファクタリング会社が取引先の代わりに保証金額を支払う仕組みになっています。

この保証ファクタリングを利用するのは、支払いまでの期間が長い業種に多く、代表的な業種が建設業です。

建設業では、人員や資材などを提供してから、マンションや建物が建つまでに多くの期間を有します。

数年後に建物が完成し、その後に支払い、という方法で取引されることが多い為、保証ファクタリングの利用も多くなるという事が分かります。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。  ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・取引先の貸し倒れする危険性を回避することができる

・取引先の調査をファクタリング会社が代わりに行ってくれる

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・保証料の発生

・取引先から実際に受け取るはずの金額よりも保証金額の方が低くなってしまう可能性

・支払われるのは取引先の倒産時のみ

国際ファクタリング

名前は違いますが、国際ファクタリングは保証ファクタリングと似ています。

海外と取引をする際に、国内の企業とは違い、お金を確実に入金してくれるのか、という確実性は、どうしても少なくなり、担保もできません。

通常では、「信用状L/C」を使用し、銀行から、お金の支払いを保証してもらう形を取りますが、「信用状開設の審査が通らない」「信用状開設に時間がかかる」等の理由により、利用するのにも悩んでしまう点があります。

その為、一般的に行われる信用状開設ではなく、海外ファクタリング会社の保証ファクタリングを利用し、取引先からの支払いを保証してもらうのです。

国内にあるファクタリング会社が、海外のファクタリング会社と提携をし、国内のファクタリング会社に代わって、海外にある取引先の調査を行うことによって、支払額の回収をする、という流れで国際ファクタリングが行われます。

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。  ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・信用状開設が利用できない会社と貿易取引が可能

・信用状開設よりも早い取引が可能

・信用状開設よりも書類作成面で厳しくないため、戻される危険性などが減る

・書類を送る際に遅延することがない

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

・ファクタリング手数料は「信用状L/C」よりも高い

4.業種別のファクタリング

ここまで、ファクタリングの種類をお話してきましたが、実際に利用しているのは、業種関係なく幅広い分野で使われています。

そこで特に利用されることが多い業種についてご紹介します。

建設業「建設報酬債権ファクタリング」

上記の保証ファクタリングのご説明の中にも少し書かせていただきましたが、建設業での利用は最も多いと言われています。

その理由として、「1つの商品の単価が高い・支払いまでに長期間を有し、取引会社が倒産してしまう可能性」等の理由により、自社が資金繰りに悩まされる可能性もなくはありません。

その為、建設報酬債権を売却し、ファクタリング会社からお金を受け取る、という方法が多いのです。

また、建設業での支払いには、手形が使われることが多く、例えば仕事の依頼を受けた元請け会社が倒産してしまったとしたら、手形の決済ができず、元請け会社から依頼を受けた下請け会社までもが、倒産してしまうという危機もあります。

ですが、ファクタリング会社を利用し、建設報酬債権を買い取ってもらうと、元請け会社が倒産をしても下請け会社に支払いの義務はなく、倒産の危機は免れるのです。

医療業「診療報酬債権ファクタリング」

医療業界でのファクタリングでは、資金繰りがあまり良くない病院・医院等が資金調達のために利用することが多く、診療報酬債権ファクタリング会社へ債権を譲渡し、早い段階での資金化を目指します。

保健診療では、国保・社保に対して、診療報酬の請求を行いますが、実際に支払いが行われるのは診療をした日から2カ月後の月末です。

ただでさえ支払いが遅い上に、診療報酬を受け取る前に、従業員である医師に対して給与の支払いをしなければならないため、資金繰りに頭を抱えることは珍しくありません。

ですが、診療報酬債権ファクタリングを利用することで、長期で支払いを待たなくとも、数日で資金化することが可能となります。

­介護事業「介護報酬債権ファクタリング」

介護報酬債権ファクタリングも、医療と同様で介護を行う会社が、国保連から介護報酬を受け取るのは、サービス提供をした日から2か月後の25日です。

当然のごとく支払われるまでに、従業員の給与や光熱費などの支払いに追われ、開業したばかりの会社ですと、資金がなく頭を抱えることになります。

その為、介護の世界でもファクタリングが利用されているのです。

ですが、注意しなければならないのが、便利なファクタリングに依存をしないという事です。

ファクタリングに頼ってしまって業務に支障をきたしてはいけません。

業務に関する効率化であったり、資金繰りの改善にも頭を働かせ、利用するのは多くても5回くらいに抑え、経営面の安定を図ることが望ましいと言えるでしょう。

 

ファクタリングを利用したいけど不安、と思う方もいるかと思いますが、まずは無料診断から行ってみて下さい。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

5.海外でのファクタリング

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。

日本でも浸透しつつあるファクタリングですが、海外ではファクタリングの文化が昔から存在し、現在でも当然のように利用されている現状があります。

ファクタリングのファクターの意味は仲介人、元々の始まりは16世紀のイギリスです。

イギリスとアメリカの貿易間を通して始まったのです。

そして20世紀になり、ファクタリングの仕組みもどんどん新しくなり、資金の提供と信用調査のみを行う、現在のようなファクタリングへと移行していったのです。

20世紀以降、いわゆる資金調達の一つとして広く知れ渡り、多くの中小企業が利用するようになりました。

取引の方法は日本との間に差はありませんが、海外のファクタリングは信用調査機関という役割も持っているため、ファクタリング会社に承認された会社は、安全度も高いという評価を受けることにも繋がります。

その為、初めて海外進出をする日本の企業が、安全にお金を回収する為にファクタリング会社を利用することも少なくありません。

まとめ

今回は、ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについてご説明しましたが、もしも利用する場合には、自社に合うファクタリング方法をしっかりと見極めて利用するようにしましょう。

色々あるファクタリングの中でも、中身は全く違うものになります。

「利用したのに損をした」「利用するんじゃなかった」とならないためにも、下調べを行い、効率よくファクタリングを利用できるようにしていきましょう。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ファクタリングの種類と海外でのファクタリングについて。