【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングという非常に便利な資金調達方法をご存知でしょうか?ここ最近急速に広まりつつある資金調達方法ですが、そもそもファクタリングとはどういう仕組みなのか疑問に思う方も多くいらっしゃるかと思います。

そこで、この記事ではファクタリングの仕組みやよくある質問をQ&A形式でまとめました。

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

1.ファクタリングの仕組み

(1)ファクタリングとは?

売掛先との取引をするにあたり、必ず「売掛金」が発生します。しかし、企業によってはこの「売掛金」が入金されるまでのタイムラグが長いことがありますよね。平均的に30~90日あたりが多いと思いますが、ファクタリングとはこのタイムラグを解消し、資金調達できるサービスとなっています。

簡単に説明すると、売掛先から入金される期日前に前払いといった形でファクタリング会社から資金を調達できる方法となります。

(2)2社間契約と3社間契約

ファクタリングの契約方法には2種類あり、2社間契約と3社間契約というものがあります。

① 2社間契約

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

2社間契約とは、簡単に説明すると売掛先に知られずに資金調達ができる契約方法です。自社とファクタリング会社の間で契約を締結し、売掛先企業を挟まずに資金を早期現金化することが可能なため、信用度も下がらないということと、売掛先企業の承諾を必要としないため現金化までの日数が圧倒的に早いのが特徴です。

② 3社間契約

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

3社間契約は、自社・売掛先企業・ファクタリング会社の3社間で契約を締結します。2社間契約とは違い、ファクタリングを利用することを売掛先企業に通知し、承諾をもらう必要があるため2社間契約に比べて日数がかかってしまいます。

しかし、前払いした売掛金を売掛先企業からファクタリング会社へ直接入金するため、ファクタリング会社のリスクが減少し、その分手数料が安いのが特徴です。現金化までの日数に余裕があるだけでなく、ファクタリングを利用することを売掛先に通知しても問題ない場合は、3社間での利用をすることをおすすめします。しかし、ほとんどの企業は信用度と現金化までの日数を考えて2社間契約を利用をしています.

(3)ファクタリングの仕組み

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

Q1:銀行融資やビジネスローンとの違いは?

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

A:ファクタリングは売掛金の現金化

ファクタリングは、融資や借入などの「負債」ではありません。売掛金という「資産」を売ることによって現金を入手することになるからです。現在お持ちの売掛金(資産)を現金化するだけなので、負債にはなりません。

Q2:最短でいつお金を出してくれるの?

A:最短即日~3営業日程度で現金化が可能です。

2社間契約であれば、ファクタリング会社や申し込む時間にもよりますが、最短即日で資金調達が可能となります。3社間契約の場合、前述した通り売掛先企業を含めた契約の締結が必要なため、時間がかかってしまいます。なお、振り込みに関しては金融機関の営業日に依存するため注意が必要です。

Q3:ファクタリングの金利はどれくらい?

A:ファクタリングは、金利がかかりません。

ファクタリングは、借り入れではないので金利や利率という概念はありません。その代わりにファクタリングでは「手数料」がかかります。この「手数料」はファクタリング会社によって多少の差がありますが、売掛先の与信によって変動するため自社の信用に問題があってもさほど影響はありません。また、この手数料は買取金額から差し引かれるため手数料のみを支払いするというようなことはありません。

Q4:分割返済はできないの?

A:ファクタリングは売掛金の買取です。「返済」という概念はありません。

売掛先企業から支払われた売掛金は、ファクタリング会社に支払う必要があります。そもそもファクタリングは売掛金の買取のため、「返済」という概念はありません。そのため、分割返済という概念も存在しないのです。よって、売掛先企業から売掛金が入金されたら、すぐにファクタリング会社に支払う必要があるため、分割することはできません。

ファクタリングに関するお問合わせはコチラ

Q5:ファクタリングの申し込みに必要な資料は?

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

A: 希望金額などによって若干異なりますが、基本的には下記の資料が必要です。

【審査に必要な書類】

・登記簿謄本やHP情報など

∟会社情報を確認するため

・売掛金の内容がわかる資料

∟請求書・発注書・注文書・取引基本契約書など取引内容や請求金額がわかるもの

・通帳のコピー3カ月分

∟買い取りを予定している取引先企業の売掛金が過去に入金されているかどうかを確認する

・身分証のコピー

∟申し込み者の本人確認のために

【ご契約時に必要な書類】

・登記簿謄本

・法人の印鑑証明書

・代表者様の印鑑証明書

・顔写真つきの身分証

2回目以降は審査の書類がさらに簡潔化され、契約時の書類も減るケースが多いです。また、審査時に必要な書類もファクタリング会社によって違うので、一度問い合わせてから審査をするかどうか決めることをおすすめします。

Q6:売掛先には知られない?

A:2社間契約であれば、売掛先企業に知られることはありません。

前述している通り、売掛先に通知をせずに自社とファクタリング会社のみで契約を行うだけでなく、振込みの際も売掛先企業の口座を通すことがないため、知られずに資金調達が可能となります。また、売掛先企業への信用調査を行うため、審査の際に売掛先情報を開示する必要がありますが、信用調査の中で売掛先と連絡をとるということはないので安心してご利用することができます。

Q7:売掛先が倒産した場合は?

A:契約方法によって異なります。

償還請求権なしの契約ならば、ファクタリング会社が負担するため売掛先が倒産しても代金の請求はされません。しかし償還請求権あり(リコース)の契約だった場合、売掛先が倒産すれば自社(事業主)がファクタリング会社に補償をしなければならないため、支払い義務が発生します。ただ、ファクタリング会社に対してリスクが少ない分、償還請求権あり(リコース)の契約の方が手数料は安くなります。

Q8:個人事業主でも利用できる?

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

A:売掛先が法人であれば利用できるケースもあります。

ファクタリングは売掛金の確実性がもっとも重要視されるポイントです。売掛先が法人であれば問題ありません。しかしファクタリング会社によっては個人事業主の利用ができないところもあるので事前に調べるのが良いでしょう。

Q9:リスケ中や税金の滞納、債務超過、赤字決算であっても利用できる?

A:リスケ中(条件変更)や税金の滞納などがあっても、すぐに利用できます。

税金の滞納や借入金のリスケなどがあると、銀行からの新規借入は難しいと思います。それに比べてファクタリングは売掛債権の売買であり、借り入れではないため売掛金さえあれば十分に利用できるでしょう。また財務状況に影響を与えないので、債務超過や赤字決済であっても利用可能です。

Q10:創業1年未満でも利用できる?

A:ファクタリングは起業直後や、創業1年未満でも利用できます。

融資やビジネスローンは、起業直後や創業1年未満では審査に通らない場合が多いですが、ファクタリングで重視されるのは、売掛金の入金が確実かどうか、これに限ります。

 

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

急な資金繰りに困ったら迷わずファクタリングを!!

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説

ファクタリングは、最短即日で資金調達が可能なサービスです。また、信用情報が一切傷つくことなくご利用いただけるので、融資が受けられなかった方でも売掛金をお持ちであれば問題ありません。低リスクで資金調達を行いたい事業主様は、資金繰りの改善に繋がるファクタリングについて一度ご相談してみると良いでしょう。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

ファクタリングに関するお問合わせはコチラ

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

style up lab mot/市川代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

株式会社in the house/佐々木代表

融資を受けやすくする方法とは?

【ファクタリング質問集】よくある質問から仕組みをわかりやすく解説