日本政策金融公庫からの融資で1円でも多く、融資金額を引き出すための方法とは?!

日本政策金融公庫からの融資で1円でも多く、融資金額を引き出すための方法とは?!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業資金として融資を受けたいと考えている場合も、事業の継続・発展のために融資を受けたいと考えている場合も1円でも多く借りることが出来るなら、借りておいて損はありません。

手元に余剰資金がある方が、潰れづらい体質を作ることが出来ます。とは言え、融資金額を引き出すための方法なんて、よくわからない!と思いますよね。

日本政策金融公庫の融資で1円でも多く融資金額を引き出すための方法をご紹介します!

1.融資を受ける資金の目的を明確にする!

これは、業種にも関係することですが、「借りたお金の使いみち」が明確な方が、希望されている金額を借りられる可能性が高いです。

例えば、飲食店の場合、店舗の内外装工事、厨房設備等、設備資金としてかかる費用が大きくなりますね。そこに、人件費や仕入れ、家賃など運転資金がプラスされます。

飲食店を開業する場合には、おおよそ500万円~1,000万円程度の費用が必要となり、この金額はお店の規模によっては多少の差は生じますが、必要な設備は基本的には同じようなものになります。

しかし、ECサイトなど店舗を持たないビジネスの場合、内外装や設備にそれほどお金がかからないため、一定額の資金がないと事業がスタート出来ないというわけではありません。

同じように500万円の融資を受けたい!と申込みをしても、設備に費用がかからない業種の場合には、500万円に満たない可能性があります。

何に、いくら必要だから、いくらの融資をお願いしたいということが明確になっている方が融資金額を高く設定することが出来ます。

2.借入希望額は高すぎると融資が厳しくなる?!

融資の申し込みを行う時に、ご自身が希望する融資金額を提示することが出来ます。これを借入希望額と言います。

上記でも少し触れましたが、借りたお金の使いみちは「設備資金」と「運転資金」の2つです。

設備資金は購入する設備の資金なので、必要な設備の金額を記入する事ができます。

一方、運転資金は目安としては月商の2~3ヵ月程度と言われています。月商80万円ならば、160万円~240万円です。

運転資金がメインとなる融資を検討されている方で、月商80万円の方が1,000万円の融資を受けたい!と申込みをすると、事業の計画性があまりないのでは?という判断がされてしまう可能性があります。

もちろん、事業を発展させるために運転資金の融資を受けたいとい方もいらっしゃいます。そのようなケースでは、運転資金としてなぜその金額が必要になるのかをきちんと伝える必要があります。

3.添付書類で熱意を見せる!!!

日本政策金融公庫で融資を受ける際には、創業計画書や企業概要書、事業計画書などの書類の提出が必要となります。

これらの書類はA3(印刷によってはA4)の紙1枚です。

日本政策金融公庫からの融資で1円でも多く、融資金額を引き出すための方法とは?!

ここに必要な情報を記載していくのですが、より詳細に説明するために添付書類を作成することをオススメします。

例えば、以下のような書類を作成します。

日本政策金融公庫からの融資で1円でも多く、融資金額を引き出すための方法とは?!

そして、作成する創業計画書や企業概要書は客観的に判断して納得できる内容にすることがポイントです。

4.たくさん借りたいなら「自己資金」は重要!

融資を受ける際に「自己資金」は融資審査の重要なポイントになります。特に、創業時に融資を検討されている方の場合は、自己資金は外せない要件です。

少しでも多く融資を受けたい!とお考えの場合には、少しでも多く自己資金を持っていることがポイントになります。融資金額が大きくなるということは、月の返済金額も大きくなります。

自己資金が全くない人の場合、事業が軌道に乗らなかった場合、返済ができなくなるリスクが高いと判断されます。

融資を受ける際の自己資金はある種、あなたの保証人のような存在になるということです。

そのため、少なくとも100万円の自己資金は必要になりますが、融資金額を少しでも多く借りたいとお考えの場合には、自己資金も1円でも多く準備しておくことが大切です。

融資を受けるための、自己資金とは?

5.少額で実績を作ることも経営には大切なこと!!

融資を受けなくても手元資金もあるから問題ないという経営者の方もいらっしゃると思いますが、融資を受けて毎月、きちんと返済実績を作っておくということは、会社の信用を上げるポイントに繋がります。

今まで、一度も融資をしたことのないはじめてのお客様よりも、融資実績があり、返済実績もきちんとしているお客様の方が、金融機関からするとお金を貸しやすいお客様になるのです。

とくに、初回融資で高額な融資が成功する可能性は非常に低いため、関係性を作っておき、信用を上げておくことで、高額な融資が必要となった時に、その信用が大きく役立つ可能性があります。

まとめ

せっかく融資を受けるならば、借りることができるタイミングで少しでも多く借りておくことは賢い選択です。使いみちが明確で、しっかりとした事業計画を作成し、きちんと説明することができれば、ある程度の資金調達は出来ると思います。

しかし、初回でいきなり高額の融資は難しいケースが多いです。今まで、日本政策金融公庫で融資を受けたことがないという方で、少しでも多く融資を受けたいとお考えの場合には、融資の専門家に相談することで融資金額を引き上げられる可能性が高くなります。少しでも多く融資を受けたいという方は、専門家に相談することをオススメします。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,600件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 金利優遇を受けられる可能性あり
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能


NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫からの融資で1円でも多く、融資金額を引き出すための方法とは?!