日本政策金融公庫を利用する際の4つのデメリット

日本政策金融公庫を利用する際の4つのデメリット
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫から融資を受ける方で、デメリットがあるかどうかを調べている方もいらっしゃるでしょう。他の金融機関から借入をするよりも基本的によい条件で融資を受けられるため、デメリットはほとんどありませんが、多少の欠点となる部分をご紹介していきます。

1.借り換えできない

日本政策金融公庫は、政府100%出資で運営されております。

政府が運営しているため、民間の業務を奪う行為が禁止されております。

信用金庫でお金を借りている方が、日本政策金融公庫からの借入の方が金利が安いため、借り換えをしようと考えても、日本政策金融公庫は、民間の業務を奪うことができないため、借り換えすることができません。

民間の金融機関でも借り、追加で日本政策金融機関からも借りることは可能ですが、借り換えはできないと覚えておいてください。

実務上の注意点

カードローンやキャッシングを利用している方は、金利がかなり高いため、借り換えをする目的で、日本政策金融公庫からお金を借りたい!という相談する方が多いです。

明らかに借り換え目的であることがわかってしまうと基本融資は受けられません。

借り換え目的ではなく、追加で融資を受けたい!とプレゼンすることで融資を受けられるケースもあると言えるでしょう。

※金利が高い会社から資金調達をしているケースでは、かなり融資を受けにくいので、可能な限り金利が高い金融機関からの借入は避けましょう。

2.借りるまでに時間がかかる

日本政策金融公庫からお金を借りようとする場合、1ヶ月から2か月程度の期間がかかってしまいます。

信用金庫や、地方銀行から融資を受ける場合よりは、借りるまでの時間は短いのですが、カードローンやキャッシング、ファクタリングに比べると、借りられるまでに時間がかかってしまいます。

1日でも早くお金が必要な方には、デメリットに感じてしまうでしょう。

3.書類作成が面倒

初めて日本政策金融公庫から融資を受ける場合で、創業1年目の方は、『創業計画書』

創業して数年経過している方は、『企業概況書』を作成しなければなりません。

カードローンやキャッシングに比べると、書類作成が面倒だと感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。

※創業計画書や、企業概況書の作成方法は下記サイトをご参照ください。

創業計画書の作成方法とは?公庫から創業時に融資を受ける際に必須の資料!

企業概況書の作成方法

 

4.面談が必要

面談なしで、即日お金を借りることができるカードローンなどもありますが、日本政策金融公庫からお金を借りる場合には、絶対に面談が必要になります。

面談するのは、個人事業を行っている方であれば、個人事業主、法人の場合には、代表者が面談に行かなければなりません。

まとめ

日本政策金融公庫からの借入は、他の金融機関からの借入に比べデメリットは少ないですが、他の資金調達方法に比べ劣っている部分を今回記載させて頂きました。

日本政策金融公庫を利用するメリットも別記事で公開しておりますので、ぜひご参照ください。

日本政策金融公庫を利用する8つのメリット1つのデメリット

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫を利用する際の4つのデメリット