日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるケースがある?

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるケースがある?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるという噂を聞いたことはありませんか?

今回は、その真相をご紹介していきます。

1、税理士経由で融資を申し込むと金利が安くなるのか?

日本政策金融公庫からの融資制度で、『中小企業経営力強化資金』という制度があります。

こちらは、借入希望者と『認定支援機関』が、協力して事業計画書を作成し、『認定支援機関』経由で、日本政策金融公庫に融資を申し込んだ場合に利用することができます。

この『認定支援機関』に登録している方は、税理士が多いです。

税理士の方全員が認定支援機関に登録しているわけではありませんが、税理士であれば、申請することで、認定支援機関に登録することができるため、税理士が認定支援機関に登録しているケースが多いです。

つまり、認定支援機関に登録している税理士を経由して日本政策金融公庫の融資を受けると中小企業経営力強化資金制度を利用することができます。

この中小企業経営力強化資金制度は、日本政策金融公庫にある他の制度に比べ、金利が安くなるケースがあり、かつ、保証人なし、担保なしで融資を受けられるケースがある制度になっております。

中小企業経営力強化資金の詳細については下記サイトをご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

2、なんで認定支援機関に登録している税理士を経由して融資を受けると金利が安くなるケースがあるのか?

そもそもなぜ認定支援機関を経由して融資を受けると金利が安くなるのでしょうか?

認定支援機関は、お金のプロです。

お金のプロが支援することによって、企業が倒産するリスクが軽減します。倒産するリスクが軽減すれば、日本政策金融公庫も安心してお金を貸すことができるため、金利が優遇されるケースがあるのです。

3、中小企業経営力強化資金制度を利用すると金利はいくら?

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるケースがある?

中小企業経営力強化資金は、平成28年や29年の時には、1%台だったのですが、平成30年4月頃からは2%前半となっております。

定期的に金利は見直しされておりますので、ご利用される際は、念のため、下記サイトをご参照ください。

日本政策金融公庫の金利一覧(公式HP参照)

まとめ

認定支援機関に登録している税理士を経由して日本政策金融公庫に借入申し込みをすると、金利が安くなるケースがあるという仕組みをご理解頂けたでしょうか?

世の中には多くの間違った情報が出回っておりますが、正しい知識を身につけ、上手に資金調達をしてください。

融資を成功させるためのポイント

認定支援機関は、全国で2万社以上あります。

しかし、認定支援機関に登録していても、融資に強い専門家もいれば、融資のことをほとんど知らない専門家もおります。

確実に借りるためには、融資に強い認定支援機関に相談した方が、融資成功確率が上がるケースがほとんどです。

ご不安な点がある方であれば、一度専門家に相談することをオススメしております。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるケースがある?