日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるの?

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるの?

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるという噂を聞いたことはありませんか?

今回は、その真相をご紹介していきます。

1、税理士経由で融資を申し込むと金利が安くなるのか?

日本政策金融公庫からの融資制度で、『中小企業経営力強化資金』という制度があります。

こちらは、借入希望者と『認定支援機関』が、協力して事業計画書を作成し、『認定支援機関』経由で、日本政策金融公庫に融資を申し込んだ場合に利用することができます。

この『認定支援機関』に登録している方は、税理士が多いです。

税理士の方全員が認定支援機関に登録しているわけではありませんが、税理士であれば、申請することで、認定支援機関に登録することができるため、税理士が認定支援機関に登録しているケースが多いです。

つまり、認定支援機関に登録している税理士を経由して日本政策金融公庫の融資を受けると中小企業経営力強化資金制度を利用することができます。

この中小企業経営力強化資金制度は、日本政策金融公庫にある他の制度に比べ、金利が安く、かつ、保証人なし、担保なしで融資を受けることができる制度になっております。

中小企業経営力強化資金の詳細については下記サイトをご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

2、なんで認定支援機関に登録している税理士を経由して融資を受けると金利が安くなるのか?

そもそもなぜ認定支援機関を経由して融資を受けると金利が安くなるのでしょうか?

認定支援機関は、お金のプロです。

お金のプロが支援することによって、企業が倒産するリスクが軽減します。倒産するリスクが軽減すれば、日本政策金融公庫も安心してお金を貸すことができるため、金利が優遇されております。

3、中小企業経営力強化資金制度を利用すると金利はいくら?

中小企業

補正予算が決定し、平成28年10月中旬にもう少し金利が下がると言われております。

定期的に金利は見直しされておりますので、ご利用される際は、念のため、下記サイトをご参照ください。

日本政策金融機関 金利一覧

まとめ

税理士を経由して日本政策金融公庫に借入申し込みをすると、金利が安くなる仕組みをご理解頂けたでしょうか?

世の中には多くの間違った情報が出回っておりますが、正しい知識を身につけ、上手に資金調達をしてください。

 

 

 

日本政策金融公庫からの借入は、税理士を経由すると金利が安くなるの?