日本政策金融公庫の追加融資でみられる審査ポイントとは

日本政策金融公庫の追加融資でみられる審査ポイントとは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で日本政策金融公庫での追加融資のご相談が少しずつ増えている状況です。

しかし、いざ追加融資を受けたいと思っても、「自分の状況で審査に通るのかわからない」「そもそも自分って追加融資の申し込みができるの?」と疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、日本政策金融公庫で追加融資を受けられる方の条件や審査で見られるポイント、追加融資を有利に進めるにはどうしたらよいか解説します。

1.日本政策金融公庫の追加融資とは?

追加融資とは一度融資を受けた事業者が再度融資の申し込みをすることを指します。

追加融資を受けるタイミングは一度目の融資から最短で半年後、平均すると1~2年経った頃に申し込む方が多いようです。

追加融資で借りられる金額は事業の実績や返済実績に基づいて決まりますので、300~2,000万円と幅が広いです。

実績のない個人事業主や会社が無担保・無保証人で融資を受けられる創業融資は一度しか受けることができないので注意しておきましょう。

2.当てはまったら融資NG?追加融資の申し込み可否

(1)日本政策金融公庫や他の金融機関からの融資を返済中でも追加融資の申し込みは可能

弊社にお問い合わせいただくお客さまの中にも「まだ返済中だけど、追加融資は受けられるの?」と疑問をお持ちの方がいらっしゃいます。

結論から言うと、下記のいずれかのパターンに当てはまっていても、追加融資は可能です。

  1. 民間の金融機関からの借入を返済中
  2. 日本政策金融公庫の創業融資や他の融資を返済中
  3. 日本政策金融公庫の教育ローンを返済中

(2)売上げが赤字の場合でも追加融資は受けられる?

追加融資を受ける際、確定申告書や決算書で事業の実績が確認されます。

黒字で売上が順調に伸びているほうが審査は通りやすいですが、赤字の場合でも下記のいずれか3つ以上を満たしていれば、追加融資を受けられる可能性はあります。

  • 赤字幅が前期より縮小している
  • 月次決算(試算表)では売上げが伸びている
  • 月次決算(試算表)では単月黒字を達成している
  • 納税が問題なく行われている
  • 債務超過ではない

なお、赤字の場合には赤字の原因や今後の改善策を融資担当者に説明する必要があります。

3.追加融資の審査でみられるポイント

(1)ポイント1 事業は安定しているのか

事業の安定性を示すために決算書で利益が出ているときや、創業から1期以上経過したころに申し込むのがおすすめです。

創業期はどうしても経営が不安定になりがちなので1期を終えていない状態での追加融資は審査に不利になるからです。

他にも事業プランの実現性の高さなども伝わるように準備しましょう。

事業プランの実現性は事業計画書や事業収支計画(損益計算書やキャッシュフロー計算書、設備投資計画書など)で示すことができます。

事業計画書を書く際のポイントは以下の6つです。

  • 事業理念・ビジョン・事業目標
  • 事業の全体像
  • ターゲットおよび市場規模
  • 製品の概要
  • マーケティング戦略
  • 競合他社との比較

事業が実現されるべき理由や将来どうありたいのか、需要はどれくらいあるのか、他社と比べて自社製品は何が強みになるのか、主要製品の価格や商品名は決まっているのかなどが伝わるように考えてみてください。

事業計画書の書き方はこちらの記事でも詳しく解説しています。

日本政策金融公庫の追加融資でみられる審査ポイントとは

事業計画書の基本と日本政策金融公庫の融資審査を想定した書き方の紹介

2021.06.24

(2)ポイント2 期日を守って返済ができているか

追加融資を申し込むときには前回の融資をある程度返済している状態であることが求められます。

目安としては3~5割の返済が完了していることが望ましいです。

ここで注意すべきなのは、据置期間という元金は支払わずに利息のみを払っている期間は返済期間としてカウント対象外という点です。

たとえ1年経っていたとしても据置期間を11か月にしていた場合、実際に返済が完了している部分は1か月分しかありません。

追加融資を検討しているのであれば、初回の融資の際の据置期間をあまり長くし過ぎないことも大事なポイントです。

 

また、前回の借入金を遅滞なく返済できているかどうかも審査でみられます。

何度も支払期日に遅れていると、「追加融資をしてもきちんと返してもらえないのでは?」とマイナスの評価につながりますので、初回の融資に関しても毎月しっかりと返済できているかを確認しておきましょう。

返済困難な場合に行うリスケ中には追加融資は受けられません。

少額でも一定額ずつ遅延なく支払いを行っていくことがとても大切です。

4.コロナ禍の追加融資について

コロナ融資が始まった頃は、とにかく迅速に資金繰りが厳しい企業に資金供給を行うことが最優先だったために審査はスピード優先で行われていました。

通常なら断られるような状況でも「コロナの影響で」といえば審査が通ってしまうこともありました。

この時と比べて2度目の融資の申し込み時には追加で増える借り入れ分もきちんと返済できるかどうかを判断されるため、前回と比べると審査基準が厳しくなります。

2度目のコロナ融資を申し込む際は「資金繰り表」と「事業計画表」を作成し、行き当たりばったりではなく計画的に経営を行っていることや融資に対して真剣に考えていることが伝わるように準備することが成功の秘訣です。

コロナの追加融資に関してはこちらの記事で詳しく説明していますので、あわせてご参照ください。

日本政策金融公庫の追加融資でみられる審査ポイントとは

日本政策金融公庫で2回目(追加)のコロナ融資を受ける方法と審査のポイント

2021.05.07

5.追加融資を受ける条件

(1)追加融資を受けることができる企業の特徴

  1. 業績の伸びが順調であること
  2. 資金繰りが安定していること
  3. 今後の業績の見通しが立っていること

日本政策金融公庫の担当者は、「この人にお金を貸しても計画的に返済できるかな」と安心できる材料が揃っているのかを決算書などの資料を通して判断しているため、業績が悪化している状態よりも順調に業績が伸びているタイミングで追加融資を申し込んだほうが、融資の成功確率は高いです。

(2)完済している場合は3年以内がおすすめ

すでに1回目の融資の完済から3年以内であれば、日本政策金融公庫のデータに前回の融資の支払い情報が残っているため必要書類が少なくなったり、審査までの期間が短くなったりするケースがあります。

(3)否決の場合、最低3か月は再申請不可能

明確な基準はありませんが、一般的に金融機関に一度融資を否決されると多くの場合では3~6か月は審査してもらえません。

日本政策金融公庫の場合は「半年後にまた来てください」と言われることがほとんどですが、公庫以外の金融機関では「否決した理由が改善したら来てください」といわれることが多いようです。この場合も再度融資を申し込むには最低3か月は空けなければならないケースが多いので注意しておいてください。

6.追加融資を有利に進めるには?

自分で融資を申し込む方の約半数の方が否決されているそうです。

少しでも融資の成功確率を上げるために融資についての知識と経験のあるプロである認定支援機関に相談するのも選択肢のひとつです。

◆認定支援機関とは

日本国内の企業の9割が中小企業とされる中で、日本経済活性化のために設けられた機関。中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定した支援機関のみを指します。多種多様化する経営課題を金融機関や会計事務所などとの懸け橋となって専門性の高い支援を行います。

悩みや作業を一人で抱えず、気軽に相談をすることができる認定支援機関を頼ってみることも検討してみてください。心強い見方を上手に活用して面談に臨みましょう。

弊社SoLaboも認定支援機関として、「面談の対策をしたい」「書類作成を手伝ってほしい」「融資について不安がある」といった事業者様のサポートを行わせていただいております。

相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

ソラボに融資の無料相談をする>>

7.追加融資に必要な書類

状況によって変わりますが、追加融資で基本的に提出が求められる書類は下記の7点です。

  • 確定申告書または決算書
  • 納税が確認できる書類
  • 通帳
  • 本人確認証
  • 売上げの根拠を示すことができる書類(売上げ明細書など)
  • 見積書(設備投資を受ける場合)
  • 返済予定表(他の金融機関から借り入れがある場合)

(1)確定申告書または決算書

表面上に記帳されているより、領収書等の根拠に基づいて適正に記帳されているかが重要です。入力間違えが判明すると後々粉飾扱いにされ融資が引き上げられることもあるので適当な数字で出すのはやめましょう。

しっかりと説明ができるように内容を理解しておいてください。

他にも前回の事業計画との差異もみられるため、資金使途や売り上げが大きくずれないように意識をし、利益が大きくずれる際には理由をしっかりと説明できる状態にしておきましょう。

(2)納税が確認できる書類

法人税・住民税等の領収書、税務申告書、納税証明書、法人口座での税金の引き落とし履歴のうちのいずれかを提出してください。

(3)通帳

融資の返済状況や税金をきちんと支払えているか、預貯金の残高などを主にチェックされます。事業用の口座に私用の明細を混ぜないようにしましょう。

できるだけわかりやすい通帳にしておくことが大切です。

(4)本人確認証

金融機関ではテロリズムなどの犯罪組織に資金を提供することがないように本人確認や取引記録の保存に関する措置が定められています。

運転免許証や個人番号カード、パスポート等の用意を忘れないようにしましょう。

(5)売上げの根拠を示すことができる書類(売上明細書など)

単価がいくらで何個くらい売れているのか、店内で多く売れているのかテイクアウトの方が多いのか、何月の売り上げが伸びやすいのかなど担当者がお店の流れを把握しやすくなるような書類を用意すると審査がスムーズに進みやすくなります。

(6)見積書(設備投資を受ける場合)

設備投資を受ける場合は業者に見積もりを出してもらい、何にいくらかかる予定なのかを明確に伝えるようにしましょう。

工事費や車両、備品代のほかにも仕入れなどの運転費用も把握できる状態にします。それに加えて、何のためにその設備投資が必要なのか(例:新規事業を立ち上げることで売り上げが伸びる)やその効果(例:店舗を増やすことで広い地域のお客様から認知していただけるようになる等)も担当者に伝わるように記載しておきましょう。

(7)返済予定表(他の金融機関から借り入れがある場合)

すでに借り入れがある場合は返済額が増えた場合でも問題なく返済をすることができるのか判断をするために返済予定表の提示も求められます。

元金や月々の返済額が分かるように用意しておきましょう。

8.追加融資の流れ

追加融資の申し込みの流れは次のとおりです。

  1. 電話またはインターネットで申し込みをする
  2. 必要書類を揃えた上で面談する
  3. 速達で審査の結果が届く
  4. 必要書類を送付して3営業日後に入金される

(1)電話またはインターネットで申し込みをする

まずは電話またはインターネットで追加融資の申し込みをします。

日本政策金融公庫予約相談受付 ※外部の公式サイトに移動します

0120-154-505(平日9時~17時)

(2)必要書類を揃えた上で面談する

追加融資の必要書類について案内があるので、書類を準備しましょう。

すでに日本政策金融公庫と取引をしていて代表者が変わらない場合や決算書から大きな乱れがない場合は面談が免除されることもあります。

審査は通常1~2週間ほどですが長引くこともあります。融資担当者が単純に忙しいこともありますが、読みづらい文字や書き間違え、珍しい事業で前例がない場合も審査が長引く可能性があるので、丁寧に書類を用意することや担当が理解しやすい資料を用意することを覚えておくとスムーズです。

(3)速達で審査の結果が届く

審査に通過した場合も通過しなかった場合でも結果が届きます。1か月以上待っても届かない場合はあとどれくらいで審査が終わるのかを担当者に確認すると良いでしょう。

審査に通った場合は書類が届くので再度書類の送付が必要になります。

(4)必要書類を送付して3営業日後に入金される

審査に通過し融資が決定した場合には、日本政策金融公庫より下記の書類が送られてきます。

  • 借用証書
  • 印鑑証明書
  • 預金口座振替利用届
  • 送金先口座の預金通帳もしくはコピー
  • 包括同意書
  • 団体信用生命保険の申込用紙

 

・借用証書

借りる人と連帯保証人の署名(自署)・捺印が必要です。

借用証明書の収入印紙貼り付け欄の金額を確認して該当する収入印紙を購入し、貼り付けてください。※収入印紙には実印で割り印を押してください。

・印鑑証明書

借りる人と連帯保証人それぞれ3か月以内のものを1通ずつ用意してください。

またそれぞれ法人の場合は法人印での印鑑証明書も必要です。

・預金口座振替利用届

複写になっている預金口座振込利用届は金融機関の確認印が必要です。

2枚のうち1枚は公庫へ、残りは確認印を押してもらった金融機関へ渡しましょう。

・送金先口座の預金通帳もしくはコピー

通帳を開いて1ページ目の支店・口座番号・預金種類がわかる部分をコピーしてください。※本人名義の通帳を用意してください。

・包括同意書

利用情報に関する同意書です。

・団体信用生命保険の申込用紙

生命保険の一種で、借りた本人が死亡や障害を負うことになったときに保険料が支払われ責務の弁済が可能になり、家族や連帯保証人が返済を引き継がなくてよくなる保険です。※途中加入不可。

 

この他にも日本政策金融公庫からの指示で書類が増える場合もあります。

不備があると融資の開始が遅れてしまうので漏れの内容に確認しながら揃い次第公庫へ送付、または持参しましょう。

※重要書類なので送付する場合は追跡ができるものを選びましょう。

日本政策金融公庫が書類を確認でき次第2~3日後に指定口座へ融資額が振り込まれます。

まとめ

追加融資を受けるには事業の安定性と返済実績が重要です。

すでに行っている事業の動きを正しく記録をし、すでに受けている融資の返済は遅れのないよう期日をきちんと守りましょう。

すぐに追加融資を必要としていない場合でも、追加融資が必要となったタイミングで融資が受けられるように今から準備しておくことが大切です。

「記事を読んでみてもまだ不安な部分がある」「書類の準備ができるか不安」「自分は融資を受けられるか心配」といった方は一人一人に合わせたアドバイスをもとに審査の確率を上げるお手伝いをしてもらえる認定支援機関に相談することも検討してみてください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

日本政策金融公庫の追加融資でみられる審査ポイントとは