中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

日本政策金融公庫は、個人事業や、法人を設立するまで聞いたことがないという方も多いかと思いますが、日本政策金融公庫は、個人事業主や、中小企業を支える重要な役割を果たす金融機関となっております。では、日本政策金融公庫とはどんな金融機関なのでしょうか?

1.日本政策金融公庫とは?

日本政策金融公庫とは、2008年に財務省管轄の特殊会社として設立されました。 政府が100%出資する金融機関ですので、政府系金融機関と説明させることが多いです。

以前は、

  • ・国民生活金融公庫
  • ・農林漁業金融公庫
  • ・中小企業金融公庫

の3つに分かれて業務が行われておりましたが、この3つが2008年に統合され、日本政策金融国庫が設立されました。 民間の金融機関では、融資を受けることができない、個人事業主や、中小企業をサポートする役目を果たしているのが、日本政策金融公庫となります。 日本政策金融公庫は、個人事業や、中小企業を支えることで、日本経済を支える重要な役割を果たしています。そのため、政府が管轄しているのです。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

【ここまでのポイント】

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業を支える役割を果たす。 個人事業主や、中小企業を支えるために、政府が管轄している。

2.日本政策金融公庫が貸している先はどこが多いのか?

日本政策金融公庫の融資先の多くは、個人事業主や中小企業です。あなたの地域の近くにあるお店の多くは、日本政策金融公庫からお金を借りています。 (お金を借りている方の例)

  • 個人経営の飲食店
  • 整骨院
  • 美容院
  • 工務店

上記の例のように、従業員10人未満の個人事業主や、中小企業に融資を行っております。 融資先の約90%程度が上記の方です。 1社あたりの平均融資額が600万円から700万円です。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

3.日本政策金融公庫の毎月の貸付高は?

日本政策金融公庫全体で、毎月何件お金を貸して、いくら貸したのかを公表しております。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?
日本政策金融公庫では、毎月2万件から5万件の融資を行っております。平均すると、1件あたり約600万円程度の融資を行っております。

つまり、600万円程度の融資を行って、個人事業主や、中小企業の手助けを行っているのです。

【ポイント】

日本政策金融公庫では、毎月平均3万件以上の融資を行っている。 日本政策金融公庫の貸付先のメインは、個人事業主や、小企業 1件あたりの貸付額平均は600万円程度です。

4.日本政策金融公庫の名前を起業するまであまり聞かないのはなぜか?

日本政策金融公庫は、お金を貸す業務のみ行っております。言い方を変えれば、お金を預かる業務は行っておりません。

例えば、みずほ銀行、三井住友銀行などの金融機関は、お金を預かる業務を行っておりますので、もし、皆さんがお金を預けたければ、通帳を作ることで貯金することができます。 しかし、日本政策金融公庫の場合には、お金を預かる業務を行っていないため、通帳がありません、つまり、日本政策金融公庫は、貸付専門の会社となります。 そのため、お金を借りることを検討したことがない方であれば、日本政策金融公庫の名前を聞くことはほとんどないでしょう。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

【ポイント】

日本政策金融公庫は、貸付専門の金融機関です。日本政策金融公庫の通帳は存在しないため、お金を借りることを検討したことがない方であれば、日本政策金融公庫は馴染みがなくて当然!

5.日本政策金融公庫は他の金融機関に比べてお金を借りやすいのか?

個人事業主や、中小企業にお金を貸してくれる金融機関は2つに区分できます。

・民間の金融機関(銀行、信用金庫、信用組合)

・政府系金融機関(日本政策金融公庫)

上記の中で借りやすい順番は、 ①日本政策金融公庫 ②信用金庫、信用組合 ③地方銀行 ④都市銀行(メガバンク) ①の日本政策金融公庫が最もお金を借りやすいでしょう。

この理由は、上記1でもご紹介しましたが、日本政策金融公庫は、個人事業主や、中小企業を支える役目があるためです。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

6.日本政策金融公庫での融資実績があると、他の金融機関からも借りやすくなる?

日本政策金融公庫からお金を借りた場合、日本政策金融公庫が、事業内容を評価し、お金を貸したと判断されます。そのため、他の金融機関もお金を貸してくれるケースが多いです。

事例でも、最初に信用金庫で融資を申し込み、審査に落ちた方が、日本政策金融公庫でお金を借りることに成功した後、もう一度信用金庫で融資を申し込んだら、お金を借りられたケースもあります。

7.最初にお金を借りるなら.日本政策金融公庫がオススメ

融資を受けやすく、かつ、融資後に他の金融機関からも融資を受けやすくなることを考えると、最初に融資を申し込むのは、日本政策金融公庫がオススメでしょう。

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

(1)日本政策金融公庫をオススメする理由 早く借りられる

信用金庫や地方銀行に比べ、お金を借りる時間が短いです。 信用金庫や地方銀行では、初めてお金を借りる場合には、2ヶ月~3ヶ月程度時間がかかりますが、 日本政策金融公庫の場合には、1ヶ月~1ヶ月半程度でお金を借りることができます。

(2)日本政策金融公庫をオススメする理由 利息が安い

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、創業時では、『新創業融資制度』と『中小企業経営力強化資金制度』のいずれかを利用して融資を受けます。 『新創業融資制度』の利息は、2.35% 『中小企業経営力強化資金制度』の利息は、1.45%~1,85% 上記の金利は、他の金融機関に比べると非常に安い金利となっております。

【ポイント】

初めての融資で、300万円から2,000万円程度の借入を検討している方は、まず日本政策金融公庫に借入の申し込みをすべき! 日本政策金融公庫は、他の金融機関より、早く借りられて、かつ、金利も安い!

8.日本政策金融公庫でお金を借りた場合の金利は?

金利の一覧は、 日本政策金融公庫HP 上記となります。 上記7でも記載しましたが、念のため日本政策金融公庫のサイトでもご確認ください。 定期的に金利は変更しておりますので、借りる際はご確認ください。

現在、創業する方を100人だとすると、廃業する方が約200人おり、今後この状況が続くと会社がほとんどなくなってしまうと言われております。そのため、国の政策で、創業する方を増やす取り組みが行われていることから、創業者の金利を優遇するため、金利が非常に安い状況が続いております。 2~3年前は、基準利率は、3.5%以上だったことから現在の金利は非常に安い状況であるといえるでしょう。

9.専門家を経由すると金利が安くなる?

中小企業経営力強化資金という制度を利用して、融資を受けることで、利息が安くなります。

【制度のスキーム】

認定支援機関を経由することで利息が安くなります。 認定支援機関を経由して融資を受けるだけで、利息は特利Aに該当します。また、女性または29歳以下の男性か、新たに事業を始める方や事業開始後おおむね7年以内の方は、特利Bの利率を利用することになります。 政府の政策で現在、女性や、若者の起業をサポートしているため、利息がさらに安くなっております。 ※中小企業経営力強化資金制度は、フランチャイズで開業しようとしている方のみ利用出来ない制度となっております。フランチャイズで開業したいと考えている方は、『新創業融資制度』を利用することとなります。

中小企業経営力強化資金の詳細は、下記をご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

10.さらに開業一年以内は、利息が安くなる?

創業支援貸付利率特例制度という制度がありまして、各種融資制度に定める利率△0.2% ただし、女性または30歳未満の方及びUターン等により地方で創業する方(注)は各融資制度に定める利率△0.3%されます。 (注) Uターン等により地方で創業する方とは、仙台市、東京23区、名古屋市、大阪市、福岡市(以下、都市といいます。)に居住または勤務している方で、都市以外で創業する方をいいます。ただし、東京23区に居住または勤務している方については、東京23区を除く都市で創業する場合も含まれます。 開業一年以内なら、利息がさらに0.2%から0.3%安くなるので、創業当初に融資を受けるべきと言えるのではないでしょうか。 制度の詳細

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

まとめ

日本政策金融公庫は、初めてお金を借りる会社が最も借りやすく、かつ、利息も安い状況になっております。そのため、起業してお金を借りたいと思った場合には、まず日本政策金融公庫にご相談すると良いのではないでしょうか。

オススメの関連記事のご紹介

日本政策金融公庫のすべてを理解したい方は、下記サイトを参照ください。

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

融資の専門家である認定支援機関を経由して融資を受けることで、利息が安くなります。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

融資を早く受けたいという方は

創業時に最も早く融資を受けられる金融機関はどこか?

創業時に無担保無保証で融資を受けたい方は

創業時に無担保無保証で受けられる融資制度はあるのか?

融資の成功確率を上げたい方にオススメの記事

少しでも多く融資してもらうための別紙資料作成ノウハウ をご参照ください。

お知らせ

中小企業を支えている日本政策金融公庫ってどんな金融機関?