公庫で2回目の融資を行うベストなタイミングとは?

公庫で2回目の融資を行うベストなタイミングとは?

過去に日本政策金融公庫からお金を借りて、お金の返済が終了した後にもう一度お金を借りたいと考えている場合、どのタイミングで借りるのが一番楽なのかご存知ですか?

今回の記事では、2回目の融資を行うベストなタイミングをご紹介致します。

公庫で2回目の融資を行うベストなタイミングとは?

1.2回目の融資で借りやすいのは、完済後3年間のみ

タイムリミット

日本政策金融公庫では、初めて融資を受ける場合には、提出書類も多く、手間がかかりますが、毎月しっかり返済している方であれば追加融資は比較的簡単で、かつ、早く融資を受けることができます。

事例では、午前中に2回目の融資のご相談にいき、夕方には融資が確定したことがあります。

初回の融資では融資確定まで概ね1ヶ月程度かかるため、2回目の融資はかなり早く借りられることがわかっていただけるでしょう。

この早く、かつ、楽に融資を受けられるのは、借金完済後3年間です。

なぜ3年間かと言いますと、日本政策金融公庫では、借金完済後3年間経過したデータは破棄しています。

そのため完済してから4年目には、初めて公庫からお金を借りる場合と同じ手間がかかってしまいます。

そのため、継続的にお金を借りる予定のある方は、完済してから3年以内に融資を受けるようにしましょう。

2.追加融資を受けやすいのは、3割程度返済が終了したタイミング!

日本政策金融公庫から、融資を受け、その後、すぐに追加融資を受けることは非常に難しいです。

もちろん業績が非常によければ例外として、すぐに融資を受けられる可能性もありますが、基本的にはすぐ融資を受けるのは難しいです。

日本政策金融公庫から追加融資を受けやすくなるのは、3割程度返済が終了したタイミングと言われております。

3.追加融資のベストなタイミングは、決算終了後すぐ!?

追加融資を希望している方で、3月決算の会社があったとします。

3月決算であれば、税務署に提出してハンコを押された書類が手元に届くのが、5月中だと思いますので、この例では、5月中が融資を受けるには理想的なタイミングとなります。

やはり、期中の数字ですと、その数字が正しいものなのかが日本政策金融公庫でも判断しにくいので、1年分の数字が確定した後の方が、お金を借りるにはベストなタイミングとなります。

まとめ

公庫との取引を継続しておくことで、万が一の際にすぐにお金を借りることができますので、継続的に取引するためにも、完済してから3年以内に再度融資を受けることをオススメします。

また、追加融資を受けるのであれば、3割程度返済が終了してからが借りやすいと覚えておきましょう。

公庫で2回目の融資を行うベストなタイミングとは?