日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

過去に日本政策金融公庫から融資を受けて、返済が終了した後にもう一度融資を受けたいと考えている場合、どのタイミングで融資を受けるのがいいのでしょうか。

今回の記事では、日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングについて解説します。

1.日本政策金融公庫での2回目の融資は実績次第

創業融資の場合は、自己資金や経験、個人信用情報などに加え、事業計画で総合的に判断され、融資を受けられるかが決まります。

一方すでに融資を受けている場合、融資の返済状況と確定申告(または決算書)をもとに融資審査が進められます。つまり、2回目以降の融資は実績が重要だということです。

2.2回目の融資で返済実績が反映されやすいのは、『完済後3年間 』

すでに融資を受けていて、毎月しっかり返済し、決算状況も良好であれば、追加融資は比較的早く融資を受けることができる場合があります。

当社株式会社SoLabo(ソラボ)の過去事例で、午前中に2回目の融資の相談をしたお客様から、夕方「無事融資が確定した」とご連絡いただいたことがあります。

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?

一方で、このように比較的スムーズに融資を受けられるのは、概ね融資完済後3年以内の傾向です。

日本政策金融公庫では、融資完済後3年経過したデータを破棄します。

そのため、継続的に融資を受けたいと考えている方は、完済してから3年以内に融資を受けるようにしましょう。

公庫の融資審査に通る?資金調達のプロに相談する(無料)>

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?

3.追加融資を申込みやすいのは、3割程度返済が終了したタイミング

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?

日本政策金融公庫から融資を受け、その後、すぐに追加融資を受けることは非常に難しいです。

もちろん例外はあります。業績が非常によければ、すぐに融資を受けられる可能性もありますが、基本的にはすぐ融資を受けるのは難しいです。理由としては「債務が大きくなり経営を圧迫する可能性がある」ことや、「毎月きちんと返済することで問題なく返済できるということを証明する(返済実績を作る)必要がある」ことです。

そこで日本政策金融公庫から追加融資を考えるのであれば、3割程度返済が終了したタイミングからと言われています。例えば1,000万円の融資を受けた場合には、元本を300万円ほど返済したくらいが目安といえます。

4.追加融資のタイミングは、決算終了後すぐ!?

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?

追加融資のタイミングは決算が終了してすぐがよいです。決算は1年間の業績を示しています。この業績をもって融資審査は行われます。

しかし、決算から時間が経つと状況は決算のときから変わっている可能性があります。決算書を見ても融資担当は、どれくらい変わっているか判断しかねる場合もあるでしょう。

そのため、決算を出してから期間をあけずに申し込むことをおすすめします。

たとえば、追加融資を希望している3月決算の会社があったとします。

3月決算であれば、税務署に提出してハンコを押された書類が手元に届くのが、5月中です。この例では、5月中が融資を受けるには理想的なタイミングとなります。

日本政策金融公庫の融資の追加融資について下記動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

公庫の融資審査に通る?資金調達のプロに相談する(無料)>

まとめ

日本政策金融公庫との取引を継続しておくと、万が一の際にもスムーズに融資手続きをできる場合があります。

継続的に取引するためには、完済してから3年以内の履歴が残っているうちに再度融資を申し込むとよいでしょう。

追加融資を受けやすくするためにしておくべきことについて下記動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

日本政策金融公庫で2回目の融資を受けるタイミングとは?