日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

事業用での融資で、日本政策金融公庫の利用をお考えの方は多いかと思いますが、融資を受けるためには審査に通らなければなりません。

“審査なんて大丈夫”と安易に考えていると、後々痛い目を見ることになってしまいます。

確実に融資を受けるためにも、まずは審査基準についてしっかりと把握しておきましょう。

1.審査落ちしてしまう方の特徴

日本政策金融公庫の審査で、審査落ちしてしまう事業者の方々には、ある特徴が見られます。

それが以下のようなことです。

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

全ての方がこれらに当てはまるわけではありませんが、多くの方が該当する特徴です。

審査落ちしてしまうと、次に利用できるのは6ヵ月後となってしまう為、一度の申込で確実に融資を通すことが最も望ましいと言えます。

次に本題でもある、審査基準について改めて把握していきましょう。

 

2.日本政策金融公庫の審査基準について

(1)自己資金額

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

当たり前のことですが、会社経営を行う上で、自身がどれだけの資金を出すことができるのか、どのくらいの余裕があって行うのか、という部分は極めて重要です。

融資担当者は、会社の通帳を見ることで、融資希望者の自己資金額を把握していきます。

通帳を見た時に、ある程度の資金を確保していたら、例え経営が悪化したとしても「資金がある分、立て直す余地がある。」という判断をします。

しかし、確保している資金が少ないと、融資額を使いきってしまった時に「少ない自己資金では、限界がある。会社倒産の危機が大いにある。」という判断をされてしまいます。

その為、まずは提示する資金額だけでも、親族から借り、隠し預金を集め、できる限り多くしておかなければなりません。

(2)起業動機

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

融資の申し込みをした後には、実際に融資担当者との面談があります。

この面談での融資担当者が受ける印象というのは非常に重要なものとなります。

面談の様子で、審査結果が左右すると言ってもいいくらい、重要です。

特に、起業動機というのは、担当者が最も気になる部分であり、どのくらいの思いがあって起業するに至ったのか、という点を見られます。

その理由として、融資自体が、「会社の成長」「社会においての利益」を目的としているためです。

起業動機が「やりたくてやってみた」「なんとなく」などのような、浅はかな答えでは当然融資を受けることはできません。

「自分の人生を変えてくれた」「お客様の笑顔を見て」「今後の社会のため」などのように、少し大げさに、熱意をもって、伝えるようにしましょう。

(3)事業計画書

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

面談時には、事業計画書をもとに色々な質問を受けることがあります。

事業計画書には、将来の事業の進め方、事業展開についてまとめていきますが、売上・経費・人件費等の欄に、数字のみではなく、具体的な説明・数字を用いて記入されていることが望ましいのです。

〈例〉

▪融資により、大量の仕入れが可能なため、売上原価は○○%減少。

▪新サービス導入で、1日の売上を○○円増加。

▪〇年後までに、従業員5名増加を目標とし、人件費が〇〇円増加、売上は○○円減少。

このように、説明と数字を混ぜ、分かりやすい事業計画書作成を心がけましょう。

(4)経験・実績

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

行おうとしている事業に全く経験がない方への融資よりも、事業主がある程度の経験・実績がある方であれば、融資担当者の理解や安心も得られます。

しかし、つい熱くなってしまいアピールばかりに気を取られてしまい、自然と業界用語等を使ってのアピールになってしまうと、評価は最悪です。

伝えたくても言葉が分からないために伝わらない、ということもあります。

そうならないためにも、相手にも分かるような言葉を使ってのアピールをしましょう。

(5)売上高・収支

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!

よくある悪い例として、見栄を張ろうとして、おかしな売上数字になってしまったり、本来であれば変わらないはずの数字が極端に変動していたり、めちゃくちゃな事業計画書となってしまうことです。

融資担当者も、様々な会社・職種の融資を担当しているため、適当な数字で書かれた事業計画書だということはすぐにバレてしまいます。

事業計画書の問題ではなく、人間性を疑われることになり、審査通過も当然厳しいでしょう。

ある程度大きな計画を立てたい気持ちも分かりますが、事業の継続性が見込めると判断されれば、審査に大きく影響することはありませんので、嘘の数字で埋めるのではなく、確実に進めていける売上高・収支を計画し、記入するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、日本政策金融公庫で融資を受ける際の審査基準について解説してきましたが、自己資金や事業計画書はもちろんのこと、融資を受ける事業主自身の、起業に対する思いが大切だということがお分かりいただけたかと思います。

融資を申込む前に、審査落ちしてしまう特徴の中に自身が当てはまるものがないか、改善できる部分はあるか、等を確認し、面談の際には上記の事に気を付けながら審査通過を目指しましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫の融資!審査に通るための審査基準をチェック!