借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率

借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業融資のお手伝いをさせていただいていますが、お電話にてお客様の「現在の借入額」をお聞きすることがあります。その理由として、現在の借入額は融資の審査で重要なポイントの一つだからです。

今回の記事では、創業融資の審査での自己資金比率についてお話していきます。

1.自己資本比率とは?

借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率

自己資本比率とは、自己資本に対する現在の借入額がいくらなのかを表す比率のことです。融資の際にこの事故資本比率はとても重要なポイントとなります。

①自己資金200万円ある場合

例えば、あなたの自己資金(通帳に記載されている預貯金のこと)が現在200万円あるとしましょう。200万円をコツコツ貯めたという事実で、創業融資の世界ではあなたは一定の評価を得ることが可能です。

しかし、ここで自己資本比率の話をさせてください。自己資金200万円もっている場合でも、もしその方がクレジットカードのリボ払いは3社から合計200万円借りているとしたら。自己資本比率はどのようになるのでしょうか?

【自己資金200万円の方の自己資本比率】

自己資金200万円-カードのリボ払い残債200万円=0

自己資本比率は、あなたの預貯金の額からカードなどの残債(これから支払うべき借金)を差し引いた額から求められます。自己資金が200万円あっても、借金が200万円あるのですから、結局自己資金はゼロとしてみなされてしまうのです。

②自己資金から借金を指し引いた額がプラスなのが大前提

融資の世界では、「この自己資金マイナス借金の額=ゼロまたはマイナス」の場合はなかなか審査に通りづらい、または審査の前でお断りになるケースが多いです。

なぜなら、手持ちの200万円を使って新たな借金(=事業融資)を受けるのではなく、先に元の借金(カード残債)を払うべきだよね?というのが、金融機関としての考えだからです。

2.年収以上の借り入れも基本的に不可

借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率

創業融資は、まだ「起業していない方にお金を貸す」という金融商品です。そのため、事業でどれぐらい稼げるかがわからない状態で起業したい方にお金を貸すわけですので、審査では起業したい方の「年収」を一つの目安として基準に置いています。

会社員時代の年収が600万円であれば600万円まで、800万円であれば800万円まで、というのが原則です。

但し、コツコツ貯めた自己資金がたくさんある、起業したいビジネス経験が豊富、創業計画がしっかりしている、などプラスの評価を得るポイントをクリアしているのであれば、年収よりも多く融資を受けることも可能です。

3.覚えておこう!創業したあとは売り上げ以上の借り入れは不可

借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率

最後に、日本政策金融公庫での融資での創業後の大原則を一つお伝えします。それは、この見出しの通り、創業後は年収以上の借り入れは不可という点です。

年収が1億であれば最大1憶円、年収が2,000万円であれば最大2,000万円までの融資が可能です。しかし、事業成績が悪い(赤字)場合はこの通りにはいきません。

創業融資と事業開始後の融資を比べると、事業を始めていない状態での創業融資の方が融資自体の難易度は低いと言えるでしょう。しかし、事業が成功しているのであればこの難易度は逆転します。

まとめ

「自己資金が50万円しかないのですが審査は通りますか?」「自己資金500万えんあるから大丈夫だよね」など、預貯金の多い少ないで融資の審査の合否を気にするお客様が増えています。自己資金は確かに大切ですが、同時に住宅ローン・カーローン以外の借金がどれほどあるかという「自己資本比率」という視点で融資の審査は行われます。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

借り入れ多いと融資はできない?!審査のポイントは自己資本比率