融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

融資面談の準備、いろいろ悩みますね。

始まる前にその準備段階で、成否が決まるというのは、融資面談でも同じです。

確実に融資を受けたい、融資額を上げたい、と思って準備をするかと思いますが、その中で、絶対してはいけないことがあります。「見せ金」です。

1.見せ金とは?

見せ金は、ビジネスで相手を信用させるために見せる現金のことです。

通常、融資面談では、代表者の貯金を自己資金として、銀行の預金通帳を確認します。

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

面談前に自己資金が心もとないから…とどこかから300万円を借りて通帳に入れておき、日本政策金融公庫の融資面談が終わったら通帳から引き出して300万円を返済する、というような行為そのものや、この300万円のことを「見せ金」と呼びます。

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

考えてみてください。知人に財布の中身を見せられて「お金は結構持っているし、すぐ返せるから、ちょっとお金貸してくれない?」と言われたとします。

あなたはその財布の中のお金が、実はその人のお金でないことを知っています。

その人にお金を貸しますか?

 

貸しませんよね。騙そうという意思を感じ、全く信用できません。

同じように日本政策金融公庫の融資担当者も思うはずです。

融資のプロである担当者が、一時的に膨らました自己資金を見抜けないわけがないのです。

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

融資には何よりも信用が大事です。

自分を大きく見せたい、融資額を少しでもあげたいといった、ちょっとした出来心だったとしても、一度でも信用を損なうと二度と融資をしてもらえないことも珍しくありません。

2.融資を受けやすくしたい、融資額を上げたいなら

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

融資を受けやすくしたい、融資額をあげたいと思うのであれば、絶対に見せ金はしてはいけません。

信用は積み重ねが第一です。融資は、信用度が上がれば上がるほど通りやすくなります。

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」

認定支援機関を経由して融資を受けるのもいいでしょう。

融資の実績が豊富な認定支援機関からの紹介であれば、日本政策金融公庫に対して信用度があげられるため、自然と成功率も上がリます。融資額があがるケースもあります。

認定支援機関はたくさんありますが、税理士事務所や、中小企業診断士が登録しているケースがほとんどです。

融資以外の事業の悩みを相談してみてもいいでしょう。なお、選ぶときには融資の実績があるか、しっかりチェックしましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

融資を断られる?!通帳作成で絶対してはいけない「見せ金」