信用金庫から融資を受ける可能性がある方へ【覚えておくべき5つのポイント!】

信用金庫から融資を受ける可能性がある方へ【覚えておくべき5つのポイント!】
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

信用金庫からの融資は、当たり前ですが、信用金庫によい評価を受けなければ融資を受けることができません。

では、信用金庫に対してよい評価を受けるためには何をすれば良いのでしょうか?

今回ご紹介する5つのポイントをしっかりおさえておきましょう。

0.信用金庫の担当が喜ぶことが覚えておこう!

信用金庫の担当は、

・メインバンク

・定期預金、定期積金の契約

・預金残高を増やす

・お金を貸す(優良企業に貸したい!)

・企業の情報を知りたい!

上記の5つをすることで、信用金庫の担当は喜びます。

この5つを前提にしつつ、以下のご説明をご覧ください。

1.将来のために近くの信用金庫で口座を開設しておきましょう

信用金庫とはその地域の方が会員となり、地域の繁栄のために金融活動をスムーズに行うことを目的とした金融機関です。

そのため取引先は地域の中小企業や個人が多く、地域の繁栄のための機関であるため、銀行にくらべ融資が受けやすく返済期間の延長にも柔軟に対応してくれると言われています。

そのため、これから融資を受ける可能性がある方は、お近くの信用金庫で口座開設を行っておいた方が良いでしょう。

また、信用金庫から融資を受ける場合には「会員」限定である場合が多いため、口座開設を行い会員になっておくと融資がスムーズに受けられる可能性が高いでしょう。

加えて定期積金や定期預金を契約をしておくと尚良いでしょう。

2.信用金庫で定期積金の契約をしよう~定期積立のしくみ~

信用金庫の定期積金の仕組みをご存じですか?

定期積金では、「掛金」と呼ばれる毎月一定の金額を振り込んで積み立てていくものです。

この掛金には利息が付き、定期積金契約当初に設定した契約満期日に、毎月積み立ててきた「掛金」とその利息を受け取ることができる仕組みです。

具体的な例をみていきましょう。

契約期間36か月の定期積金を申し込んだとします。

1か月目の掛金には、36か月分まるまるの給付補てん金(掛金につく利息)が付きます。2か月目の掛金には、1月分減って35か月分の給付補てん金がつきます。3ヶ月目の掛金には、34か月分の給付補てん金がつきます。

満期が来ると、この給付補てん金と掛金の累計額を足した金額が払い戻されますが、これを給付契約金といいます。

定期積金は、信用金庫や信用組合が主に取り扱う商品です。

地域の繁栄のために金融活動を行っている信用金庫は、定期積金を行っている企業に毎月出向き交流を行っているところもあります。

つまり、毎月一定額を積み立てていく定期積金を契約すると、信用金庫との間に実績を重ね、関係を深めることができます。信用金庫との間に信頼関係があれば、融資を受けやすくなります。

3.信用金庫で定期預金の契約をしよう

上記2でご紹介した定期積金と同様に、定期預金を契約することで、信用金庫からの評価があがることがあります。

定期預金や定期積金は、融資を受けるのであれば、絶対にした方がよいものだ!とお考え下さい。

4.信用金庫との関係を大切にしましょう

信用金庫は地域の活性化・地域繁栄を目的としている金融機関です。

そのため地域の人々や中小企業のための共同組織であり、多少経営が苦しい場合でも融資の相談を受けてくれる可能性があります。

ですから信用金庫との関係は大切にしておきましょう。困ったときに助けてくれるかもしれません。

貸しているお金を、強制的に返してもらう貸し剥がしは、信用金庫や信用組合はやるケースはほとんどないと言われております。

5.創業時に融資を受ける場合は、日本政策金融公庫で融資を受け信用金庫に入金してもらいましょう

創業時に融資を受けようとお考えの方には、日本政策金融公庫から融資を受けることがオススメです。

日本政策金融公庫は100%政府が運営している金融機関なので、金利が安く、融資までの時間が短いため早くお金を借りることができます。

日本政策金融公庫から融資を受けた場合、融資を申し込んだ方名義の金融機関の口座に振り込まれます。

このお金が振り込まれる指定の金融機関を、将来融資を申し込むかもしれない信用金庫に指定しておくと良いでしょう。

指定の金融機関はどの銀行でも問題はありません。しかし、将来経営不振に陥ったときに信用金庫からの追加融資を受けたい!と考えるかもしれません。信用金庫からの印象を良くし、追加融資を断られてしまう可能性の低くしておきましょう。

まとめ

信用金庫からの印象をよくするポイントをご紹介しました。

将来信用金庫からの融資を受ける可能性がある方は、口座を開設したり定期積金を行ったり、信用金庫との関係を大切に続けていくことが大事だということを覚えておきましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

信用金庫から融資を受ける可能性がある方へ【覚えておくべき5つのポイント!】