リース契約と購入の判断基準

リース契約と購入の判断基準
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

設備投資する際に、リース契約するか、購入するか迷っている方も多いかと思います。判断材料として、知っておくべき基礎知識をご紹介していきます。

リースと購入、どちらがよい?

創業する際に、設備投資をする場合、融資を受ける方が多いですが、もし多くのお金を借りられて、お金に余裕があるのであれば、購入の方がよいでしょう。

【購入すべき理由】

現金一括で購入する場合には、値引きをしてくれる可能性が高いです。

例えば売価200万円の商品であれば、10万円から30万円程度値引きしてくれる可能性もあるでしょう。商品によっては50%以上値引きされるものもあるでしょう。つまり、現金で購入すれば、少し安く購入できる可能性が高いです。

リース契約の場合には、基本的に、売価+利息を分割で支払っていかなければなりません。売価の値引きもありませんし、利息は、年利7%から8%取られるケースがほとんどですので、売価200万円のものであれば、トータルの支払い額が250万円以上になることもあるでしょう。

【ポイント】

・現金一括で購入すれば、売価以下で購入することが可能

リース契約と購入の判断基準

・リースの場合、基本値引きなしで、年利7%から8%程度発生してしまう

リース契約と購入の判断基準

融資の利息と、リースの利息を比べて判断することが必要

お金を借りて現金一括で購入する場合、もちろん借入金に対する利息が発生します。

(1)公庫からお金を借りる場合の利息は?

創業時であれば、年利2.35%程度、認定支援機関を経由することで、1.15%~1.85%でお金を借りれます。

(2)リース契約した場合の利息

リースの場合、年利7%から8%となります。

【ポイント】

借りたお金の方が、利息が大幅にやすい!! だから、借りて現金一括で購入した方がお得

現金一括で購入するために、少しでも多くお金を借りられるようにすることが大事

リース契約と購入の判断基準

融資を受ける際に、とりあえず、リース契約はせず、すべて現金一括で購入するために必要な資金を計算し、そのお金の融資を申し込みましょう。

もちろん希望した金額を借りられないことがありますので、借りられない部分はリース契約をするとよいでしょう。

まとめ

購入するのと、リース契約にするのでは、どちらがよいのかご理解頂けたでしょうか?

お金にある程度余裕があるのであれば、現金一括で購入した方が、トータルの支払額を削減できるでしょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

リース契約と購入の判断基準