サラリーマンでも融資は受けられるのか?

サラリーマンでも融資は受けられるのか?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

開業する際に、勤めている会社を辞めてから創業する方もいらっしゃると思いますが、サラリーマンを続けながら起業したい!と考える方も多いでしょう。

では、サラリーマンを続けながら、創業し、融資を受けることはできるのでしょうか?

1.広告代理店で働きながら、起業するために融資を受けた事例

サラリーマンでも融資は受けられるのか?

大手広告代理店で働きながら、空いている時間に自分でサイトを作成し、そのサイトの検索数が伸びてきたので、起業したい!という方がおりました。

広告代理店が副業を認めている会社であったため、その会社で仕事続けながら、会社を立ち上げました。 会社を設立し

  • 従業員を雇用
  • サイトのリニューアル

のために融資を希望された方がおりましたが、自己資金100万円で500万円の融資に成功した事例があります。

つまり、サラリーマンを続けながらでも日本政策金融公庫(以下、『公庫』と呼びます)から融資は受けられるということです。

サラリーマンでも融資は受けられるのか?

【注意点】

公庫では、投資のために、お金を借りることはできません。例えば、友人に投資し、その友人が起業するので「お金を貸してください!」といっても公庫からはお金を借りることはできません。

あくまで、サラリーマンを続けながらも会社を立ち上げ、ご自身で起業する場合に融資を受けることができるということです。

また副業ということであれば、本業であるお勤め先の就業規則で副業が可能であるかどうかを確認されることがありますので、事前に就業規則を確認しておきましょう。

副業の融資は日本政策金融公庫、信用金庫それぞれ借りにくいですが、日本政策金融公庫の方がまだ借りやすいと言えます。

詳しくは動画で解説しておりますので、ぜひご参照ください。

まとめ

サラリーマンであっても、起業するために必要なお金を借りることは可能です。

サラリーマンを続けながら、起業することで、給与が安定することから、会社が落ち着くまでは、二足のわらじで働くという選択もありかもしれませんね。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

サラリーマンでも融資は受けられるのか?