個人事業主と法人ってどっちがお金を借りやすい?

個人事業主と法人ってどっちがお金を借りやすい?

これから創業しようと考えている方は、個人事業主としてスタートするか、法人としてスタートするか迷っているかたもいらっしゃるでしょう。 個人事業主で創業した場合と、法人で創業した場合では、どちらがお金を借りやすいのでしょうか?

今回の記事では、どちらが、お金を借りやすいのかをご紹介していきます。

1.個人でも法人でも借りやすさは変わらない

個人でも法人でも借りやすさは変わらない

もしあなたが個人事業主で融資を受けようとしても、法人を設立し、融資を受けようとしたとしても、同じ人が融資を申し込むのであれば、個人でも法人でも借りられる確率は全く同じです。

2.法人のほうが借りやすい!というのは都市伝説

法人が借りやすいは都市伝説

法人のほうがお金を借りやすいんでしょ?と聞かれることがありますが、個人でも法人でも違いはありません。完全に都市伝説でしょう。 確かに、営業する上で、社会的信用を得やすかったり、従業員を雇用しやすいのは法人かもしれませんが、融資だけで考えると、法人、個人で有利不利はないといえます。

3.融資で大切なのは、個人・法人ではなく、その方がやるビジネスの中身!

ビジネスの中身が大切

融資で最も大切なことは、そのビジネスが成功するかどうかです。ビジネスの中身が悪ければ、個人でも法人でも融資を受けられませんし、ビジネスの中身が素晴らしいものであれば、お金を借りることができるでしょう。

まとめ

法人にした方がお金を借りやすいから法人を設立しよう!と考えている方がもしいらっしゃれば、その判断の仕方で法人にはしないほうがよいでしょう。融資だけの視点で考えると、個人でも、法人でもお金の借りやすさは同じですよ!

【関連記事】

初めて融資を受ける方がもっとも借りやすい金融機関が日本政策金融公庫です

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

日本政策金融公庫からお金を借りるノウハウを公開中

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

お知らせ

個人事業主と法人ってどっちがお金を借りやすい?