創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

これから起業する方の資金調達方法の一つである「創業融資」。起業する方にとって資金の調達はとても重要です。創業融資によって資金調達する場合、融資の審査基準や融資を受けるコツを知っておくことで融資を受ける可能性が高くなるでしょう。

1.創業融資ってなに?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

そもそも創業融資とは何なのでしょうか?創業を考えている多くの方は、創業資金の不足分を創業融資などの制度を使って調達するでしょう。

創業融資は、銀行や信用金庫などの金融機関、地方自治体、日本政策金融公庫などが行う「これから創業する方・創業したばかりの方」のための融資制度の一つで、これから創業する場合だけでなく創業後にも利用することができます。

特に日本政策金融公庫の創業融資では、比較的低金利での融資を積極的におこなっているのでオススメです。

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資の審査基準や審査に通るコツを知って、資金調達の成功率をあげましょう!

2.創業融資の審査基準5つ!

創業融資では知っておくべき審査基準が5つあります。5つ審査基準を知りポイントをおさえることで、より融資の審査に通りやすくなるでしょう。

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

(1)自己資金はどれくらい?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

事業を始めるにあたって必要な自己資金はどれくらい用意できていますか?

自己資金とは、借入等の返済の必要がない自身で準備した開業資金のことです。

創業融資を受ける場合、融資金額も含めた開業資金のうち自己資金が占める割合がどれくらいあるかが審査基準の一つとなります。

開業資金のうち自己資金が占める割合が大きいほど借入金額を低くすることができ、開業への熱意を表すことができるため、審査に通りやすくなります。

※注意!自己資金の確認で預金通帳が見られます

融資の際の自己資金で注意するべき点として「返済義務がない正しい方法で貯めた資金であること」があります。融資審査では、申込者本人の預金通帳が過去半年分確認され、コツコツ貯めた開業資金であるかどうかが判断されます。

例えば、給与の中から毎月貯めている履歴があれば、正しい方法で貯めた自己資金であると認められます。しかし一括で大きな金額が振り込まれている場合には、返済の必要がある借入金であるのか聞かれるでしょう。提出した預金通帳にどれだけお金が入っていても、返済する必要がある金額は自己資金とは認められません。

 

(2)必要な借入金額は決まってる?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資を利用するとき、借入可能な金額の上限まで融資をうけたい!とお考えではありませんか?

しかし融資をうけた場合には必ず返済する必要があることを忘れてはいけません。また、返済には利子が付くため、総返済額は借入金額より多くなるでしょう。

毎月の返済額や利子を考慮して借入金額を決定する必要があります。さらに、金融機関での融資の場合、「車両の購入で200万円」「事務所の敷金礼金で100万円」など用途が決まった金額を伝える必要があり、詳しい用途や金額を伝えることが出来なければ審査に通りにくいでしょう。

創業融資の場合、すべての開業資金から自己資金を引いた金額が必要な借入金額といえます。

(3)借入金の用途は何?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資で借りた資金の用途を明確に説明することができますか?金融機関では、用途が明確でない場合の融資は通りにくいでしょう。

借入金の用途を明確に示すために、「社用車の購入で200万円」「事務所の契約費用で100万円」などと示す必要があり、それぞれ見積書等で根拠を示す必要があります。

いくら自己資金があっても、用途を明確に示すことができない費用は融資の対象とならないので、注意しましょう。

(4)事業経験や能力はある?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資と通常の融資の違いとして「開業する事業の経験」が審査に影響するという点があります。通常の融資であれば、これまでの業績や会社の資金力、経営状況によって融資可能か判断されます。しかし創業融資の場合は、新しく開業するときの融資なのでこれまでの業績がないため、「開業する事業の経験」がどれくらいあるかが融資可能かどうかの判断材料になります。

例えば、飲食店開業を目指す方がこれまで一度も飲食店で勤務したことがない場合、創業融資の審査は通りにくいでしょう。

また、開業する方の能力も融資の審査では重要です。融資の際の能力とは「信用能力」のことを指し、信用情報などを元に税金や水道光熱費等の滞納・遅延がないかを確認されます。もちろん、信用能力が低い場合は融資に通りにくく不利になるでしょう。

(5)返済能力はある?

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資を受けた場合、もちろん返済する必要があります。融資を受けるためには大まかな返済計画を立てなければなりません。

開業するビジネスの利益を上げる見通しがない場合、金融機関は返済能力がないと判断し融資の審査に落ちる可能性が大きくなります。融資に通りやすくするために、開業してからの売上などが赤字続きにならない事業計画を作成し取引先を確保するなど、実施する事業で売上が立ち、返済能力があるということを伝えましょう。

金融機関が審査の際に返済能力があると判断するためには、事業計画に記した月の利益が毎月の返済額を上回っていることが大切です。

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

(6)しっかりとした事業の計画を立てよう

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!

創業融資を受ける際に確認される「事業計画書」は融資審査の大きな判断材料の一つです。現実的な利益の移り変わりをデータ化して事業計画書に記載しましょう。日本政策金融公庫のHPには、いくつかの事業計画書の例がのっているので参考にしましょう。

作成した事業計画書がずっと赤字になっていたり、根拠がなく事業計画が現実的でなかったりする場合は返済の見通しが立たないため融資の審査に落ちる可能性があります。

まとめ

今回ご紹介した融資審査の基準は、融資に通るかどうかの大きな判断材料となります。創業融資を申請する方は5つのポイントをチェックして、融資審査に備えましょう。

計画的に融資審査の準備をし、借入金額や事業計画などの部分は専門家である税理士などに相談することをオススメします。

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

創業融資を受けて資金調達をしよう!審査基準と融資を受けるコツ!