自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

起業したい。ビジネスプランは準備できている。

しかし自己資金がなく融資を受けられないから起業を諦める。

こんなパターンで起業を諦める方は多くいらっしゃいます。融資を受けるのに自己資金があることが条件の金融機関もありますが、100%ではありません。

今回の記事では、自己資金なしでのお金の集め方や起業方法についてご紹介します。

1. 自己資金ゼロで融資を受けられる可能性のある融資名と借り先

①中小企業経営力強化資金(日本政策金融公庫)

融資について調べている方であれば、低金利でお金を貸してくれる日本政策金融公庫の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。日本政策金融公庫では様々な融資のプランを用意していますが、その中でも「中小企業経営力強化資金」の応募条件では特に「自己資金が必要」と明記はされていません。さらに、無担保・無保証人でお金を借りる事ができます。

ですので、自己資金がなくても融資に申込みをする事自体は可能と言えます。しかしながら、過去の融資実績を見ると自己資金がある方が融資をしてくれる可能性が高いのは事実です。

中小企業経営力強化資金については、当サイトの既存記事(中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!)も是非ご参照ください。

②助成金・補助金を利用する(厚生労働省・経済産業省など)

厚生労働省や経済産業省が行っている助成金や補助金をもらえれば、返済不要の融資を受けるようなものです。助成金・補助金にはいろいろな種類があり、申込みのための条件や提出書類も細かく規定されています。

その中で、これから起業する方におすすめの助成金・補助金を以下の2つです。

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

まず注意したいのは、助成金と補助金はいつでも募集していないという点です。

助成金と補助金を起業の資金としてお考えであれば、過去の募集時期から次回の募集時期を想定し準備する必要があります。また、返済無用で100~1,000万円と高額な資金であるためそれなりにハードルも高いです。全て自分で調べ申込みをするというのも一つの手ですが、助成金に詳しい専門家へ相談しながら準備すれば安心です。ちなみに、地域中小企業応援型ファンドスタートアップ応援型では、過去の事例集をPDFの冊子にして公開しています。

地域中小企業応援型ファンド スタートアップ応援型 事業化事例集

助成金・補助金を得た過去の起業家のケースを参照すれば、あなたのやるべきこともより明確に見えてくることでしょう。

【助成金・補助金を利用する際の注意点】

助成金や、補助金は、基本的に後払いになります。

先に取得できるものはほとんどないので注意が必要でしょう。

③カードローン(銀行・信販会社など)

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

自己資金なしでお金を借りる手段としては、カードローンも選択肢の一つです。

その理由として、カードローンでは事業計画書や源泉徴収票などの書類提出がなく、借りたお金の使い道も決められておらず自由度が高いというメリットがあります。

カードローンの審査で見られるのは、事業計画は関係ありません。

あなたが過去に携帯代や家賃・クレジットカードなどで滞納歴がないか、持ち家なのか借家なのか、配偶者はいるのか、現在の会社には何年務めているのか、などの滞納歴プラス社会的ステータスが主な審査基準です。また、カードローンの種類の一種であるビジネスローンでは最低1年以上の事業歴があること、確定申告書を2期分提出、などの条件があります。このため、創業するための借り先としては不向きでしょう。

カードローンのデメリットとしては日本政策金融公庫で借りるよりも利子が高いこと。日本政策金融公庫の場合2.3%程度の金利で借りられますが、カードローンではどんなに低金利でも6%程度。借りる金額が100~300万円程度の少額であれば、金利は12~15%程度となるでしょう。

【カードローンを利用する際の注意点】

カードローンはキャッシュカードと一体型のものがあるため、ついついキャッシュカード感覚で現金をどんどん引き出してしまう方がいらっしゃいます。しかし、ATMから出てくるお金は紛れもなく「借金」です。現在いくら借りていて、どのようなスケジュールで返済することになっているのか確認する習慣をつけましょう。また、カードローンは日本政策金融公庫の審査よりも軽い審査でお金を借りられます。しかし、その分金利が高いのです。カードローンを利用する場合は、あくまで緊急用であったりつなぎ用の資金として考えていきましょう。

2.起業を諦められない!資本金を貯めるか小規模で始めるか

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

さて、お金がないからと言って起業を諦める必要はありません。

大切なのは、起業は今すぐしなくてはいけないものなのか?と自分に今一度問いかける事です。

思い立ってすぐに起業できればそれに越したことはないのですが、資金がないということで立ち止まることも重要です。

何故なら、起業はゴールではなくスタートなのですから、起業後も資金のことで何度も立ち止まることはあるでしょう。

資金で苦戦しているという現状をどう打破するのか?答えは2つ。

自己資金を最低100万円貯めて融資を受けるか、資金ゼロでもできる業種であれば小規模から始めるという2択です。

今すぐ起業しなくても、半年後~1年後まで見据えて資金を準備した人物を金融機関は評価してくれます。

またWebを主体にしたITサービスであれば、最初は自宅を職場にして今まで使っていたソフトやPCを使って個人事業主から始めて実績を得るという方法もあります。

3.夢を諦めたくない人へのドリームプラン・プレゼンテーションとは?

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか

さて、そうは言っても出資や融資の情報がもっと欲しい人もいるでしょう。一つの手段として、ビジネスプランコンテストのような起業家向けのコンテストにビジネスプランで応募することができます。また、ドリームプラン・プレゼンテーションという自分の夢をプレゼンするコンテストに応募して優勝できれば、あなたの夢が実現することでしょう。

ドリームプラン・プレゼンテーション

まとめ

自己資金がなく起業ができない。果たして本当にそうでしょうか?今一度、助成金やカードローンそしてコンテストなどの手段も検討してみてください。資金集めの一助になるかもしれません。

 

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

自己資金なしで融資は受けられる?自己資金ゼロから起業できるか