保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?

保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?

創業時に日本政策金融公庫から融資を受ける場合、『新創業融資制度』又は『中小企業経営力強化資金』のいずれかの制度を利用することになりますが、この制度はどちらも、無担保無保証で利用することができます。しかし、あえて保証人をつけることで、融資の成功確率をあげることができます。

1.どんなときに保証人をつける必要があるのか?

『『新創業融資制度』又は『中小企業経営力強化資金』は、どちらも担保は必要なく、かつ、保証人も不要です。 自己資金が豊富にあり、過去のご経験の申し分ないという条件であれば、保証人をつけなくても融資を受けられますが、自己資金が少なく、かつ、過去の実績も不十分であれば、融資を受けられる確率が低くなります。 融資を受けられる確率の低い方がどうしても融資を受けたい場合には、返済能力の高い方に保証人になってもらうべきでしょう。 もちろん保証人になるのはリスクがあるため嫌がられる可能性がありますが、もし保証人になってもらえるのであれば、融資の審査では大きなプラス要素になりますので、お金を借りられる可能性が高くなります。 ※新創業融資制度の詳細 日本政策金融公庫の新創業融資制度とは? ※中小企業経営力強化資金の詳細 中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

まとめ

本来であれば、無担保無保証の融資制度を利用すべきでしょう。しかし、保証人をつけなければ融資を受けることが出来そうにないのであれば、保証人をつけて融資を受けるという選択肢もあるということを覚えておきましょう。 もちろん保証人の方の同意が必要になりますので、融資を受ける際は、前もって保証人をお願いしたい旨を話しておきましょう。

関連記事

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

お知らせ

保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?