保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?

保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業時に日本政策金融公庫から融資を受ける場合、『新創業融資制度』又は『中小企業経営力強化資金』のいずれかの制度を利用することになりますが、この制度はどちらも、無担保無保証で利用することができます。しかし、あえて保証人をつけることで、融資の成功確率をあげることができます。

1.どんなときに保証人をつける必要があるのか?

日本政策金融公庫の融資制度には無担保・無保証で融資を受けることができる制度があります。『新創業融資制度』や認定支援機関を経由することで利用することができる『中小企業経営力強化資金」も無担保・無保証で融資を受けることが可能な制度です。

自己資金もしっかりと準備することが出来ており、過去の経験も申し分ないという方の場合には保証人を付けずに融資を受けることも可能です。

しかし、「自己資金が少ない」「過去の経験もない」という方の場合には、融資が成功する確率はとても低いです。このような状況の場合には、返済能力がしっかりとある方に保証人になってもらうと融資を受けることができる可能性があります。

保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?

ただし、保証人はリスクがあるため簡単に引き受けてもらうというのは難しいです。極力ご自身で融資が受けられる状態を作ることが大切です。

※新創業融資制度の詳細 日本政策金融公庫の新創業融資制度とは? ※中小企業経営力強化資金の詳細 中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

まとめ

本来であれば、無担保無保証の融資制度を利用すべきでしょう。しかし、保証人をつけなければ融資を受けることが出来そうにないのであれば、保証人をつけて融資を受けるという選択肢もあるということを覚えておきましょう。 もちろん保証人の方の同意が必要になりますので、融資を受ける際は、前もって保証人をお願いしたい旨を話しておきましょう。

関連記事

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

保証人をつけることで、公庫から借りられる可能性が上昇?