取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

取扱商品・サービスについては、“先が見えるもの”、“需要のあるもの”、“他にはない新しいもの”、ということを、融資担当者に思わせる事も大切です。

融資担当者の目を引き、好印象を残すためには、重要な項目でもあります。

また、面接の際には、多く質問を受けることにもなる為、言葉でも説明ができるように書く必要があります。

今回は、「取扱商品・サービス」の中の「取扱商品・サービスの内容」「セールスポイント」について、ご説明していきます。

1.取扱商品・サービスとは何か

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)

『取扱商品・サービス』とは、事業主がどんな商品を扱うのか・どんなサービスをして事業を行うのかを書く項目です。

融資担当者はこの項目を見て、「事業主は、この商品・サービスで儲け、返済することが出来るのかどうか」を判断します。

また、面接でも質問されることが多い項目でもあります。

融資担当者に良い印象を残すためにも、この項目についてしっかり考え、わかりやすく説明もできるようにしましょう。

2.どんなことを書くのか

取扱商品・サービスの内容

取扱商品・サービス名、どんな商品・サービスを提供するのか、提供する商品・サービスの値段、売上シェアはどのくらいか、などを書きます。

セールスポイント

取扱商品・サービスの特徴や、周辺の同業店・会社に負けない点を書きます。

3.作成のコツ

取扱商品・サービスの内容

(1)自分のやりたい事業について整理する

創業計画書に書く前に、まず自分はどのような事業をやりたいかをもう一度整理し別紙に書きましょう。

 

▪どのような商品・サービスを行うのか

▪月の、全体の売上目標はどのくらいに設定するか

▪その商品・サービスをいくらで提供するのか、また各商品・サービスの月の売上目標はどのくらいに設定するか

▪その商品・サービスの原価・原価率はどのくらいか

▪平均客単価はいくらぐらいになりそうか

▪各商品・サービスの売上シェアは全体の何%ぐらいになるのか(提供する商品・サービスが複数ある場合は、※を参考に計算してください。提供する商品・サービスが1つの場合は売上シェア100%です。)

 

をできるだけ細かく書いていきましょう。

これらを整理することで、創業計画書に書く内容が明確になるだけではなく、面接の質問対策にもなります。

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)

 

(2)取扱商品・サービス名は、アピールしつつ・わかりやすく

自分のやりたい事業について整理できたら、創業計画書に書いていきます。

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)
〔例〕

≪イタリアンレストランを開きたい場合・・・≫

取扱商品・サービス名を 「イタリア料理」 と書くのではなく、

「日替わりパスタランチ(3種類/サラダ・ドリンク付き)」

「ディナーコース料理(地元野菜を使用したイタリア料理)」

というように、取扱商品・サービスの特徴も取り入れた名前を付ける。

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)

セールスポイント

(1)ライバルを知る・調べる

セールスポイントは自分が同業店・会社に負けないポイントを書く項目です。

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)
〔例〕

≪イタリアンレストランを開きたい場合・・・≫

・出店予定地の周辺に同業店はどのくらいいるか

・同業店はどこにあるのか

・同業店はどんな商品・サービスを提供しているか

・同業店はいくらで商品・サービスを提供しているのか

などを調べる。

調査後、同業店・会社と比べて、自分が出店予定のお店の優れている点や変わっている点を見つけ、自信をもってセールスポイントとして書く!

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)

まとめ

この項目を簡単に考えてはいけないということが分かりました。

融資担当者は数多くの職種を見てきているため、「カフェ」「イタリア料理」「ラーメン屋」というだけでは、難しいものでもあります。

一言で終わらせるのではなく、“自分のお店ならではの商品だ”ということが主張できるように、工夫して書くようにし、なおかつ分かりやすく納得のいく説明ができるようにしておきましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

取扱商品・サービスの書き方(創業計画書)