創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業後5年以内に85%が潰れると言われていることをご存知でしょうか? 誰しも潰れることを想定して創業するはずがありません。しかし、実際には創業した多くの方が廃業という結果に結びついてしまいます。

廃業に至ってしまう大きな要因は「資金繰り」です。『潰れない会社』にするためには、賢い資金調達方法を理解しておく必要があります。

そこで今回は、経営者の方には是非覚えておいていだきたい「資金調達方法」について解説します。

1.創業したらまずは日本政策金融公庫から融資を受けるのがベスト

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

政府が100%出資している日本政策金融公庫は、中小企業を支援するための金融機関です。

創業時でも借りられる可能性が高いです。

潰れないためには、賢く資金調達を行う必要があります。創業してすぐに日本政策金融公庫から資金調達をすることで、確実に潰れにくくなります。

日本政策金融公庫から創業してすぐに融資を受けるためには、

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?  創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?  創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

この条件をクリアしていれば、融資は受けやすいです。

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、創業直後が最も融資が受けやすいです。潰れないためには「創業間もないタイミングで融資を受ける」ことがおすすめです。

【 豆知識 ① ~創業直後に融資を受ける理由~】

創業して半年程度は、赤字になる可能性が高いです。黒字転換するまでの平均は6か月~8か月程度。

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

赤字続きの企業は融資を受けにくいので、創業してすぐが融資を受けやすいタイミングと言えます。

自分はスタートしてすぐに黒字にできる!と自信満々な経営者でも半数以上の方は最初は赤字です。

どんなに自信があったとしても赤字が続く可能性が高いという現実をしっかり受け止めて、まずは日本政策金融公庫からの融資に時間を割くのが潰れない企業にするためには必要でしょう。

【 豆知識 ② ~通帳残金の目安~ 】

月商の3か月分程度が通帳残金として残っていれば確実に潰れにくいです。

なかなか月商の3か月分程度貯蓄するのは大変ですが、3か月分を貯めることを目標にしてお金を貯めていくとよいです。

2.半年以内にもう一つの金融機関と取引を開始できれば、潰れる可能性が減少します。

万が一、経営が上手くいかず、融資を受けたくなった場合、助けてくれる金融機関が1つよりも複数あった方がよいです。

会社の業績が悪い状況で、融資をお願いして、新規で取引をしてくれる金融機関は絶対にありません。

状況がよいタイミングで2つ目の金融機関から融資を受け、取引を開始しておけば、万が一何かあってもそのタイミングで助けてくれる可能性があります。

【 豆知識 ③ ~公庫以外の金融機関~ 】

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

創業して、すぐに日本政策金融公庫から融資を受けて、その後半年以内に、信用金庫や信用組合からも融資を受けることがオススメ!

もちろん、日本政策金融公庫の融資直後に信用金庫や信用組合から融資を受けることが可能であれば、融資を受けても問題ないです。しかし、実際には「すぐの融資」は難しいことが多いです。

そのため、日本政策金融公庫の融資後、信用金庫や信用組合の担当者に対して、毎月、試算表を提出する等、会社の情報を提供しましょう。

融資を受ける際には、『借りる人の情報』が多いということがポイントになります。

少しでもよい情報を提供し、半年以内に融資を受けることを目標にすることで、潰れにくい会社にできます。

3.余分に借りることができたお金は、使わないようにするために定期預金や定期積金に!

『 お金を借りすぎるのは良くない 』という見解もありますが、『 借りたお金を極力使わない 』ようにすることで、万が一の際の余剰資金にすることが出来ます。

余剰資金をしっかりと持っている会社は『 潰れにくい 』会社です。

お金があると使ってしまうという方もおりますが、そのお金を定期預金や定期積金として、貯蓄しておけば、使ってしまうリスクも回避できるでしょう。

4.定期預金や定期積金をすることで、ますます融資を受けやすい会社になる!

いつでも借りたいときにお金を借りられる状態にしておくことができれば、潰れにくい企業になります。

定期預金や、定期積金をしている会社は、金融機関からの評価が高いため、融資を受けやすくなります。

融資を受けたお金を定期預金や定期積金にし、その結果、さらに融資を受けやすくなるという好循環が生まれます。

5.借りたお金の利息は、保険料と考えておくことが重要

お金を借りればもちろん利息を支払わなければなりません。無駄な利息を極力払いたくないという方も多いでしょう。

私の考え方ですが、

死亡リスクに備えて、掛け捨ての死亡保険料を払う

病気になるリスクがんになるリスクに備えて掛け捨ての医療やがんの保険料を払う

どちらも万が一のリスクに備えて、掛け捨ての保険料を払います。このような掛け捨ての保険に加入している経営者は多いでしょう。

では、万が一、地震が発生し、売上が大幅に減少してしまった場合、お金がなくなってしまったらどうなるでしょうか?

地震が理由に倒産してしまいます。

しかし、お金を多めに借りておいて、そのお金を万が一のために貯めておけば、地震などによる売上の減少があったとしても、その貯蓄を切り崩すことで、潰れずに済むでしょう。

万が一のためにお金を多めに借りておくことで、そのお金をストックしておくことができます。

もちろん借りているお金なので、利息は払いますが、その利息は万が一のリスクに備えた掛け捨ての保険だ!と考えておくことが、潰れない会社にするためには大切だと考えております。

6.借入金の返済による支出を加味しても収支プラスを目指すことが大事!

お金を借りれば、その分返済しなければならないため、毎月の支出は多くなります。ただ、その返済による支出を加味しても収支プラスを目指すことで潰れにくくなります。

収支プラスとは、

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

入金と支出の差額を毎月プラスにすることで、お金は減少しません。

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

という感覚と

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

という感覚は全く別です。

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?

借りたお金の返済額は、費用ではないため、この利益からお金を返済していくイメージです。

利益が出ていても、会社のお金がどんどん減少する会社も多いですが、借金をしている会社は、毎月の収支をプラスにすることが非常に大切です。収支をプラスにするための将来の計画を立てることが、潰れにくい企業にするためには大切です。

7.助成金と活用できるのであれば、活用する!しかしデメリットも…

従業員を雇用し、要件を満たすことで、取得できるのが助成金。

助成金は融資と違い、もらうことができる(返済しなくてよい)ので、取得するための要件を満たすのであれば上手に活用すべきです。

しかし、取得するためにどれくらいの時間がかかるのかを把握して利用することがおすすめです。

助成金は、さまざまな種類がありますが、取得まで早くても半年。遅いものだと1年半以上もかかります。

助成金目当てに計画を立ててしまう企業も多いのですが、将来の計画を立て、その計画を実施するためには、結果として助成金を取得できるのであれば、利用を検討すべきでしょう。

助成金ありきで計画を立ててしまうと、結果的に取得できなかったというケースもありますので、助成金ありきの計画を立てるのは避けた方がよいでしょう。

助成金も上手に活用することができれば、結果として潰れにくい企業になるでしょう。

まとめ

創業して1年以内に、2つの金融機関から融資を受けることができれば間違いなく潰れにくい企業になります。

創業してから1,2年か潰れる可能性が高いので、スタートで上手に資金調達することができれば、5年以上会社を存続させることができる可能性も確実に上がります。

多くの方が資金調達上手になれば、5年で倒産してしまう会社も確実に少なるなるので、資金調達上手が会社を存続するためには重要なんだ!ということを覚えておきましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

創業5年で85%が潰れる時代!?潰れないための賢い資金調達方法とは?