融資を受けるための企業概要書の書き方・記入例

融資を受けるための企業概要書の書き方・記入例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

企業概要書とは、「事業を始めて2年目以降の方が提出する」もしくは「日本政策金融公庫の融資を初めて申込む」際に必要となる書類です。

今回は企業概要書の記入項目について・記入例をご紹介いたします。

融資を受けるための企業概要書の書き方・記入例

1.企業の沿革・経営者の略歴等

企業の沿革・経営者の略歴等では、会社(開業・設立年月日、移転など)と経営者自身の最終学歴~職務経歴を書きます。この項目では、可能な限り事業にかかわるアピール(実績・資格など)をしていきましょう。書ききれない場合は別紙を用意しましょう。

2.従業員

実際に働いている常勤役員の人数(法人の場合)・従業員数を記入しましょう。

3.関連企業

関連企業の項目には、経営者本人または配偶者が別で経営している企業についての、企業名・代表者名・所在地などを記入します。

記入した関連企業の経営状況があまり良くないと、融資を受ける際マイナスな影響が出ます。しかし企業概要書に関連企業を記入しなくても、関連企業についても日本政策金融公庫は調査します。嘘はつかずにしっかり書きましょう。

4.お借り入れ状況

経営者本人の借入状況を記入します。

住宅ローン・車のローン・教育ローンは融資への影響はあまりありません。但し、これらのローンに遅延や滞納がある場合は融資へのマイナスな影響が出る可能性があります。

カードローンや消費者金融からの借入は、融資にマイナスな影響が出る可能性が高いです。なるべく、これらの返済は完了するように努力しましょう。

お借入状況についても、日本政策金融公庫は審査時に個人信用情報機関で個人情報を確認します。嘘をついていてもばれてしまうので、借入がある場合は記入しましょう。

5.取扱商品・サービス

この項目では、自社・自店がどんなことをしているのかをアピールする項目となっています。企業概要書に書ききれない・企業概要書の項目にない将来のビジョンなども書きたい場合は添付資料も用意しましょう。

①取扱商品・サービスの内容

実際に取り扱っている商品・サービスを記入します。

記入例:

イタリアンレストランであるが週1回料理教室を開催している場合、

Ⅰ.日替わりランチ(イタリアン料理、ドリンク・デザート付) 売上シェア20%

Ⅱ.1品料理(イタリアン料理) 売上シェア70%

Ⅲ.料理教室(イタリアン料理) 売上シェア10%

②客単価・受注単価・売上の季節変動

この項目では、以下のようなものを記入しましょう。

▪飲食店・小売業→平均客単価

▪販売業→受注価格

▪建設・製造業→単価

また飲食業など季節によって売上が変わる事業の場合は、売上のピーク・ボトムの月を記入しましょう。

③セールスポイント

取扱商品・サービス内容の特徴や強みを書きましょう。

記入例

イタリアンレストランであるが週1回料理教室を開催している場合、

「地元の食材を使用した本格的なイタリアン料理をリーズナブルな価格で提供しています。私シェフは調理学校卒業後、イタリアに渡り約5年間有名料理店○○で修行を積んできました。また、地域交流・地域に貢献するために週1回料理教室を行っています。」

④販売ターゲット・販売戦略

販売ターゲットはどんな人か、どのように販売戦略を行っているかを書きましょう。

記入例

「30-50代のサラリーマン・OLをターゲットにしています。会社帰りに自店に寄る顧客が多い為、料理のメニューだけでなくワインなどのアルコール飲料も豊富に種類を揃えています。またランチの時間帯は20-30代OLの顧客が多い為、料理教室のチラシを配布し宣伝しています。」

⑤競合・市場など企業を取り巻く状況

企業・店に関する競合・市場の現状、その中でどんな取り組みをしているか・他社他店と比べて優れている点を書きましょう。

記入例

「○○区はオフィス街で多くの飲食店が集まっています。自店は△△駅から徒歩1分の場所に位置しているため、他のイタリアン料理店と比べアクセスが良いです。また地元食材を使用している飲食店が周囲にあまりないため、今後も地元食材を使用しているレストランとしてアピールしていきたいです。」

⑥悩みや苦労している点、欲しいアドバイス等

事業を経営して行くうえでの悩みや欲しいアドバイスがあれば記入しましょう。

6.取引先・取引関係等

この項目では

▪取引先名(所在地等)

▪取引年数シェア

▪掛け取引の割合

▪うち手形割合、手形のサイト

▪回収・支払の条件

▪人件費の支払

販売先・仕入先・外注先を、取引シェアが高い順に記入します。取引先が企業概要書に書ききれない場合は「ほか〇社」と書き、別紙に書きましょう。また取引をしている根拠となるような資料がありましたら、用意しましょう。

この項目で日本政策金融公庫の方は、借入を返済できるようにちゃんと資金繰りしているかどうかをチェックします。

まとめ

企業概要書を記入するうえでの大きなポイントは、嘘をつかない・正直に各項目について書くことです(ついた嘘は必ずばれます!)。もし記入する中で、「このことは融資にマイナスな影響を与えるのではないか?」という不安な項目(とくに、お借入の状況について不安を持っている方が多いです)がありましたら認定支援機関などの融資のプロに相談してみましょう!

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

融資を受けるための企業概要書の書き方・記入例