ネット物販で300万円を借りることができた事例

ネット物販で300万円を借りることができた事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

OさんはAmazonを中心に物販をしており、仕入資金として日本政策金融公庫から借入をしたいという相談を弊社にいただきました。

Oさんは会社員として勤務し、仕事終わりや休日に副業としてネット物販をやっている方で、副業でもそもそも融資を受けられるのかを心配していました。

Amazonやメルカリ、楽天、Yahooショッピングなど、ネット上で買物をする人が増えていて、それに伴い副業でネット物販を始める方が多くなっています。しかし、ネット物販は原価率が高く、思ったように利益が出ないという方、なかなか商品が売れず多くの在庫を抱えている方がいます。

そのため、日本政策金融公庫へ相談・申込は多くなっていますが、しっかりとした準備をしないとなかなか借りるのが難しいのが現状です。その中でOさんは希望通り300万の借入に成功しました。

Oさんのように日本政策金融公庫では副業でも融資を受けれる場合があります。そのため、副業でネット物販をされている方で、売上を上げるための仕入資金を借りたいとお考えの方は、参考にしてみてください。

副業でも融資を受けられる場合があります

今回のネット物販のように、まずは副業として始めて、事業が軌道に乗ってきた段階で本業にするといった流れですと、副業であっても融資を受けられることがあります。金融機関によってはそもそも副業への融資をしていない場合がありますので、副業の場合にはまずは日本政策金融公庫へ相談するのが良いと思います。

日本政策金融公庫の場合、会社員としての年収が多いければ、もし副業が上手く行かなくても本業の方での収入があるため、返済は滞りなくできるという風に見てくれることもあります。しかし、あくまで事業として売上を上げてそこから返済するのが基本であり、本業の年収が多いから大丈夫ということではないのでご注意ください。

また副業ですと、勤めている会社の規定で副業が大丈夫かどうかの確認をされます。そのため、事前に会社の就業規則を確認しておきましょう。日本政策金融公庫の担当者によっては就業規則を準備するように言われる場合もあります。

事業をすでに始めている方は確定申告の提出が必須です

Iさんはすでに事業を開始していましたので、前年度の確定申告書の提出が必須でした。副業として事業をしているけど確定申告をしていない方からの相談もいただきますが、すでに事業を始めているのに確定申告をしていない方は日本政策金融公庫から基本的に借入ができません。理由としては、政府系の金融機関のため、税金を適切に納めていない方は融資の対象ではないからです。

また通帳の提出が必須であり、ネット物販の場合にはAmazonなどからの振込が通帳で確認できるため、事業を始めた時期を隠すことはできないとお考えください。そのため、たとえ期限が遅れても確定申告はしましょう。もちろん確定申告の遅れはマイナスとして評価されますが、確定申告をすることで審査の土台には乗ることができます。

分かりやすく資料をまとめて提出しましょう

ネット物販の場合には手元の在庫、月別の仕入と売上をしっかりとリスト化しましょう。どういった商品を取扱っているかを説明できますし、改めてリスト化することで今後の仕入れにも活かすことができます。

ネット物販の場合はどういった商品を取扱っているのかがポイントとなり、特に得意なジャンル(例えば家電、おもちゃ、美容関係など)があると他社との差別化につながり、評価してもらえます。それも過去の経歴から想像できるジャンルですと、より説得力があります。例えば、家電メーカーで働いている方が家電を、アパレルで働いている方がファッションやブランド品を扱うといった感じです。そして融資を受けた場合の資金で仕入れたい商品(得意ジャンルを踏まえた)のリストを準備しましょう。そうすることで、日本政策金融公庫の担当者は融資したお金がどういった用途で使われ、どれくらいの売上、利益を生む予定かどうかを確認できます。

まとめ

以上のように副業でも融資を受けられる場合がありますので、副業だからといって諦めてはいけません。しかし、そのためにはしっかりとした準備が必要です。弊社はネット物販をされていらっしゃる方からの相談を多くいただいていますので、どのように準備すればいいか分からない方は一度弊社までご相談ください。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

ネット物販で300万円を借りることができた事例