金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

あなたには得意なことや昔からの夢はありますか?東京都で女性・若者・シニアの方が起業するなら、東京都が他にはない低金利と手厚いサポートであなたのビジネスを支援してくれます。

「起業してみたいけど、経営の経験がないから」と起業を諦めている女性・若者・シニアの方は、是非、以下をご覧になってから起業を検討してみてはいかがでしょうか?

1.「〇〇が上手でも経営者としては不向きな人を助けたい」趣旨のサポート事業

東京都が主催する「女性・若者・シニアサポート事業」は、2014年5月からスタートしました。この制度はある分野でのスキルや経験や熱意を持ちながら起業に踏み込めない方にとって大変良い制度です。融資と経営サポートがセットになっていることが、この制度の大きな特徴です。

融資 × 経営サポート女性・若者・シニアサポート事業

例えば、あなたが料理や書道など、何か得意なことがあるとします。その道のスペシャリストだとしても、それで開業してうまくいくかは別問題です。筆者の経験でも、過去にマイクロソフトに10年務めた経験のあるエンジニアの方が作った会社で働いていましたが、2年ほどで残念ながら廃業となってしまいました。

逆に、業務自体ができなくても以下のような事業主としての能力・スキルがあれば事業は廃業しません。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

しかし、実際は人間としてこれらの能力を持ちながら料理や書道などの道もプロ級、という方はなかなかいらっしゃらないですよね。東京都の女性・若者・シニアサポート事業を利用すれば、あなたが「ユニークな先見性」や「その道の豊富な経験」など起業に不可欠な種をお持ちの場合、「事業方針の策定」や「財務と経理の知識」、そして「資金調達(融資)」などの部分については「専門家が5年間はサポートします」、というオトクな制度になっています。

この制度の発足理由には、東京都の起業率を欧米並みの10%台に持っていきたい!という意図があります。

2.創業サポート事業の仕組み

通常、事業主が創業融資を受ける場合は事業主が直接銀行などの金融機関に申し込むという手続きとなります。しかし、創業サポートでは事業主(あなた)とお金を貸す金融機関の間に「地域創業アドバイザー」が入るという仕組みになります。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

上記の図は、創業サポートの仕組みを表しています。あなたが女性・若者・シニア創業サポート事業を利用して起業するのであれば、入り口は2つあります。まずは、地域創業アドバイザーという東京都に認定された専門家のセミナー受講や個別相談を経て金融機関に申し込みをする方法です。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

2つ目は、最初に金融機関に女性・若者・シニア創業サポート事業の申し込みをして、金融機関から提携している地域創業アドバイザーのアドバイスや指導を受ける、という方法です。

3.融資条件

融資条件は以下の通りです。

融資限度額 1,500万円以内※設備資金+運転資金

(運転資金のみは750万円以内)

金利 固定金利1%以内
保証人 法人→代表者個人または不要

個人事業主→なし

融資限度額が低い!と感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、この金額は他の創業融資と比べても標準的な金額です。ビジネスローンや創業融資で「1億円までの融資」や「5,000万円も可能!」などの文言がありますが、実際にはそれだけの経営成績のある方でなければ金融機関は高額で貸し出すことはありません。

固定金利で1%以下という低金利がなのが創業者には一番嬉しいですよね。

4.申し込みできる人の条件とは?

この制度を利用できる方の条件をチェックしていきましょう。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

若者は39歳以下ということは、39歳のみなさんはギリギリこの制度を利用できます。シニアに関しては55歳以上何歳までと明記はありませんがここは業種により差が出るところでしょう。立ち仕事であれば70歳を超えると身体的にキツイと担当社から質問されるかもしれないですね。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

【条件2】を見ると、これから創業される方だけでなく創業後5年以内の方も応募できる事業だということがわかります。

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業

一番大切な部分は、【条件3】の地域の需要や雇用を支える事業、という部分です。「起業にはユニークな先見性だ!」といっても、あまりにユニークすぎで需要がなさそうな事業の場合はNGとなります。

5.手取り足取りの創業支援メニューの内容

融資と経営サポートがセットの女性・若者・シニア創業サポート事業の経営サポートの部分をクローズアップします。まず、創業時の創業支援メニューは主に以下の3つです。

【創業時】

  1. 創業者向けのセミナー・個別相談→創業に関心がある方と.創業に関心があり事業計画書の作り方を教えてほしい方に向けて実施
  2. 事業計画書作成→創業者向けのセミナー・個別相談の受講者へ向けて実施
  3. 事業計画書の添削・アドバイス・修正→本サポートを利用して事業計画書を作成したすべての創業者へ実施

最初に地域創業アドバイザーを通して申込みをした方は、このあとに金融機関に創業者を紹介、というアクションも追加となります。

【創業後】

  1. 経営アドバイス→融資後5年間・年3回のアドバイス
  2. 決算書作成アドバイス→融資後1年間・年2回のアドバイス

経営アドバイスや決算書作成アドバイスなどは、本来であれば有償で1件10万円近くも請求される場合もあります。この制度を利用すれば、地域創業アドバイザーの料金は東京都が負担してくれるという仕組みになっています。

まとめ

東京都で起業予定の女性・若者・シニアの方は地域創業アドバイザーという様々な起業をみてきた専門家の元での起業がオススメです。なぜなら、心理的にも安心ですし、事業計画書の作成は初めての方にはハードルが高い作業だからです。

是非、この制度を大いに利用してご自身のスキルや夢を起業に生かしてみませんか?

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

金利1%と経営サポートが魅力!東京都の女性・若者・シニアサポート事業