【コロナ融資】日本政策金融公庫から追加融資を受ける際に必要な書類

【コロナ融資】日本政策金融公庫から追加融資を受ける際に必要な書類
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫は、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した事業者向けに「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を実施しました。

今回は、すでに日本政策金融公庫から借入をしている方が、追加融資として「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を受ける際に必要な書類についてお伝えします。

1.新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の概要についてはこちらの記事でご説明しています。

また、融資を受けるまでの流れや、審査を早く進めるために用意しておくべき書類に関しても詳しくご説明していますので、ぜひご確認ください。

日本政策金融公庫【新型コロナウイルス感染症特別貸付】の必要書類と流れ

2.追加融資の申し込みに必要な書類は?

【個人事業主の場合】

  1. 借入申込書(表面と裏面を両面印刷、または2枚とも出力して提出)
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  3. 最近2期分の確定申告書(一式)のコピー

(青色申告の方は青色申告決算書、白色申告の方は収支内訳書を含む)

【法人の場合】

  1. 借入申込書(表面と裏面を両面印刷、または2枚とも出力して提出)
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  3. 最近2期分の確定申告書・決算書のコピー(勘定科目明細書を含む)

書式はこちらからダウンロードすることが出来ます。

記入例もあるので、参考にしてみてください。

日本政策金融公庫/「新型コロナウイルス感染症特別貸付」提出書類

まとめ

今回は、追加融資として「新型コロナウイルス感染症特別貸付」を受ける際に必要な書類についてご説明してきました。

日本政策金融公庫ですでに借入をしており、ご返済が始まったばかりであっても、新型コロナウイルスの影響で資金繰りが悪化して場合には、追加融資を受けることが出来ます。

さらに、追加融資の場合は1度取引をしているため審査が早く、新規案件よりも優先的に進められているケースが多いです。

※弊社でコロナ融資300件支援させて頂いている実績をもとにご説明しております。

もし追加融資でご不安点があれば、ぜひ資金調達のプロフェッショナルである国の認定支援機関にご相談ください。

当サイトを運営している株式会社SoLaboも、日本政策金融公庫の融資支援を行う「認定支援機関」として、お客様のサポートを行っています。相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

公庫の融資審査に通る?資金調達のプロに相談する(無料)>

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

【コロナ融資】日本政策金融公庫から追加融資を受ける際に必要な書類