公式HPにヒント?日本政策金融公庫でのコロナ融資の審査ポイントとは

公式HPにヒント?日本政策金融公庫でのコロナ融資の審査ポイントとは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

新型コロナウイルス感染症の影響で資金繰りが厳しい方に向けて様々な融資制度が発表されています。

今回はその中でも日本政策金融公庫で受けることのできる「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の審査ポイントについて詳しく解説していきます。

1.日本政策金融公庫「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の審査ポイント

今回の新型コロナウイルス感染症による業況の悪化のために日本政策金融公庫で融資を受けられる制度が「新型コロナウイルス感染症特別貸付」です。この融資を受けることが出来る事業者はどのような方なのか。

それは日本政策金融公庫のホームページにしっかり記載されていますので詳しくみていきましょう。

(1)ご利用いただける方

日本政策金融公庫のホームページにて「新型コロナウイルス感染症特別貸付」をご利用いただける方の要件は次のように記載されております。

公式HPにヒント?日本政策金融公庫でのコロナ融資の審査ポイントとは

参考:日本政策金融公庫

ポイントは2つで①新型コロナウイルス感染症による一時的な業況悪化であること②中長期的に業況が回復、発展することが見込まれることです。

それぞれどういう意図なのか解説します。

①新型コロナウイルス感染症による一時的な業況悪化とは

ここでは一過性のものであるかがポイントになってきます。あくまでも新型コロナウイルス感染症によって資金繰りが悪化した事業者が対象ということです。

3期連続赤字であったり既にリスケをしていたりとなると、事業そのものに問題があるとみられ一時的な業況の悪化とは判断されません。

基本的にはこれまで黒字経営で新型コロナウイルス感染症によって業況が悪化している事業者が対象となるので注意しましょう。

それでは赤字企業は絶対に融資を受けることが出来ないのでしょうか?

直近の決算が赤字だったり、債務超過やリスケ中であったりしてもそれだけで受けられなくなってしまうわけではありません。そこで見られるのがもう一つのポイントです。

②中長期的に業況が回復、発展することが見込まれること

この文章が表している意味は返済能力があるかどうかです。

新型コロナウイルス感染症が終息すれば業績はそれ以前の水準に戻ることは想定が出来ますが、これまでの水準に戻ったとしても今回の融資分だけ返済負担は重くなります。

コロナ前から赤字の企業は何もしなければ収束しても赤字のままですし、その状況だと今回の日本政策金融公庫からの融資の分の返済は困難と思われてしまいます。

そこで、中長期的にどうやって業容を拡大させるかをアピールすることが必要になります。

業容を拡大させる計画があってその実現可能性が高ければコロナ終息後、融資金額を返済することが可能と判断してもらえます。融資は助成金や補助金と異なり返さなければいけないものです。

きちんと返済できますよということが金融機関担当者に伝われば融資を受けられる可能性は高くなります。

また、既に公庫での借入があるならばその返済ぶりや、他行の借入があるのであれば他行の支援姿勢も融資実行の判断材料になります。公庫借り入れの返済が遅れていたり、個人信用情報に傷があったりするとマイナス材料になってしまうので注意しましょう。

借りたお金をきちんと返せるかがポイントです。

上記の2つのポイントを押さえていて、対象期間に5%以上売上が減少している方は新型コロナウイルス感染症特別貸付の融資対象者となります。

(2)日本政策金融公庫で99%コロナ融資NGな人

ご利用いただける方を踏まえた上で、99%コロナ融資が受けることが難しい人を解説していきます。今から改善できる部分はこちらを確認して改善してから融資の申し込みをしましょう。

①コロナ以前から業績が悪い

こちらは先ほども記載しましたが、今回の新型コロナウイルス感染症特別貸付はコロナの影響によって業況が悪化している事業者が対象です。

コロナ以前から業績が悪い会社はコロナが原因とは言い切れず、融資を受けることが難しくなってしまいます。

社会保険や税金を滞納していたり未納だったり、大赤字やリスケ中だと融資を受けることは困難です。

面談時に決算書2期分の提出を求められるため、経営の改善が見込みにくい場合は融資を受けることは99%できません。

しかし、結果的に赤字の決算になってしまったとしても徐々に良くなってきている場合は融資が受けられる可能性がゼロではありません。また、リスケ中でも融資が通った事例も出てきております。

基本的には厳しいと考えたほうが良いですが、赤字・リスケ中という理由だけで融資を断られてしまうわけではないようです。

②コロナ以前から信用情報に問題がある

コロナ融資に限らず信用情報は極めて重要です。

融資はお金をもらえるわけではありません。借りたものは返さなければなりません。

クレジットカードなどの支払いが遅れている方は、今回の融資で貸したお金も返済が滞ってしまうのではないかと思われてしまいます。貸したお金がきちんと返ってくるか分からない人には融資は実行されません。

信用情報はCICという指定信用情報機関で調べることが出来ます。CICについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

CICとは?

簡単!CIC3つの開示方法!

CIC信用情報開示報告書の見方!注目ポイントはここ!

③過去、申告していない

すべての国民には納税の義務があります。事業を行っている者は確定申告をしなければなりません。また、融資を受けるために個人事業主の方は過去2年分の確定申告を提出しなければならないため、申告をしていないとこの要件を満たすことが出来ません。

では、今から申告すれば融資を受けることはできるのでしょうか?

今からでも申告をすれば提出書類としての確定申告書は用意することが出来ますが、期日が遅れて申告したという扱いになる為、マイナスの評価を受けてしまう状況に変わりはありません。ただ、コロナを理由に申告が遅れてしまったことをしっかり伝えることで、今回に関しては多少甘く見てくれるケースもあります。(弊社の融資支援実績に基づき説明させて頂いております。)

今回融資を受けることが出来なかったとしても、いずれは申告しないといけないものなので確定申告をしていない方は早めに申告しましょう。

④コロナが終息しても返済能力がない

審査ポイントでも説明しましたがコロナが終息しても返済能力がない人は融資を受けることはかなり厳しいです。返してもらえる見込みがない人にはもちろん融資をすることはできません。

ビジネスモデルとしてコロナが終息すれば返済能力があるというプレゼンが出来ることが大事です。

⑤反社・逮捕履歴あり

こちらはコロナ融資に限ったことではありませんが、反社会的勢力はもちろん逮捕履歴がある方も融資を受けることがかなり難しいです。

インターネットで「個人名 逮捕」で履歴が出てきてしまうととても受けにくいです。

心当たりがある方は一度調べてみましょう。

⑥そもそも事業主ではない

この新型コロナウイルス感染症特別貸付は事業主向けの融資制度です。

事業主でない方は対象外です。

例えば、飲食店で給料をもらって働いていた方が今回のコロナの影響で資金繰りが悪化した場合では融資を受けることが出来ません。

雇用されている方の給付金などの制度については厚生労働省のホームページにて「生活を支えるための支援のご案内」を参考にしてみてください。

この99%融資NGな方については動画でも解説しているのでこちらも参考にしてみてください。

また、さらに詳しい情報をこちらの記事にも記載しておりますのでぜひご覧ください。

新型コロナの影響が理由でも日本政策金融公庫から融資が受けられない人の条件とは?

(3)コロナ融資に必要な書類

新型コロナウイルス感染症特別貸付を受けるにあたって必要な書類がいくつかあるので紹介します。

あらかじめ用意しておくと話がスムーズに進みますので出来る限り抜け漏れの無いように用意しておきましょう。

【個人事業主の場合】

  • 借入申込書(表面と裏面を両面印刷、または2枚とも出力して提出)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書(一式)のコピー (青色申告の方は青色申告決算書、白色申告の方は収支内訳書を含む)
  • ご商売の概要(お客さまの自己申告書)
  • 運転免許証(両面)もしくはパスポート(顔写真のページ及び現住所等の記載のあるページ)のコピー
  •  許認可証のコピー(飲食店などの許可・届出等が必要な事業を営んでいる方)

【法人の場合】

  • 借入申込書(表面と裏面を両面印刷、または2枚とも出力して提出)
  • 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  • 最近2期分の確定申告書・決算書のコピー(勘定科目明細書を含む)
  • 法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本(原本)
  • ご商売の概要(お客さまの自己申告書)
  • 代表者の運転免許証(両面)もしくはパスポート(顔写真のページ及び現住所等の記載のあるページ)のコピー
  • 許認可証のコピー(飲食店などの許可・届出等が必要な事業を営んでいる方)

他、申請の方法などについては以下の記事で詳しく解説しておりますので参考にしてみてください。

日本政策金融公庫【新型コロナウイルス感染症特別貸付】の必要書類と流れ

2.民間金融機関での保証協会付き融資の審査ポイント

民間金融機関でも保証協会付きの融資を利用することで、コロナ対策融資を受けることが出来ます。

こちらも日本政策金融公庫同様、新型コロナウイルス感染症の影響によって業況が悪化した方が対象となっています。

詳細は以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

新型コロナの資金繰り制度「セーフティネット保証4号」とは

新型コロナ資金繰りで使えるセーフティネット保証5号!指定業種・割合・別枠・認定書の書式

危機関連保証の認定申請書を取得するために必要な書類と流れとは?

保証協会付きの融資も種類があるので、どの制度に当てはまるのか確認して融資申し込みを進めていきましょう。

3.コロナ融資の審査スピード

では、実際に今回の要件を満たしていて融資を進めるとなった場合、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。

参考までにこれまでどのくらい期間がかかっていたか載せておきます。

コロナ発生前(通常融資)コロナ発生後(コロナ融資)
日本政策金融公庫1か月程度1か月半から3か月
民間(保証協会付き)1か月半から2か月1か月半から2か月

今回の新型コロナウイルス感染症の影響により実質無利子での融資が先に発表されたのは日本政策金融公庫を含む政府系金融機関です。その為、公庫にまず問い合わせが殺到し、公庫でのコロナ融資は通常時の融資より申し込みから結果が出るまで時間がかかっておりました。

弊社での融資支援実績をもとにすると、民間での保証協会付き融資に関しては申し込みから結果が出るまでは通常時の融資とあまり変わらない印象です。

しかし、保証協会付き融資に関しても、利子補給が適用されることになったため、こちらも申込数は増えていき今後混雑する可能性はあります。

今年の2~3月にかけて新型コロナウイルス感染症が蔓延し、4月には緊急事態宣言が発令されました。その時には融資窓口が混みあい融資申し込みから審査・実行までかなりの時間がかかっていました。

現在は少し落ち着いているようですが、徐々に感染拡大しており第2波も懸念されています。まだ資金的に余裕があったとしても申し込みから結果が出るまで待てる余裕があるうちに融資申し込みを進めておくと安心でしょう。

まとめ

対象となる売上減少の割合はそれぞれの制度で異なりますが、政府系金融機関、民間金融機関共に新型コロナウイルス感染症の影響により業況が悪化している事業者が対象になります。

また、元々赤字が続いている方はほぼ融資NGということ、融資は返済が必要なのでコロナ後に返済できるかどうかを示せることがポイントということをおさえておきましょう。

コロナ融資が自分で進められるか不安な方、どの制度なら利用できるか判断が難しいという方は、弊社でもご相談に乗ることは可能なので一度ご連絡ください。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

公式HPにヒント?日本政策金融公庫でのコロナ融資の審査ポイントとは