刻々と融資の常識が変化中!新型融資ビジネスが拡大している理由とは

刻々と融資の常識が変化中!新型融資ビジネスが拡大している理由とは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

コンビニでクレジットカードを使う人が増えたり、ネット購入したクーポンでレストランの支払いができたり。最近、日本社会の中では現金至上主義から多様な支払い方法へとシフトしています。

融資の世界でも続々と新サービスがリリースされています。今まで銀行に融資をお願いして決算書のみで却下されていた事業主も、これらの新サービスを利用することにより融資がおりる可能性も大いにあるでしょう。

1.銀行は「晴れの日にしか傘を貸してくれない」

刻々と融資の常識が変化中!新型融資ビジネスが拡大している理由とは

この言葉は融資を揶揄した有名な言葉です。事業主が困っている時には銀行は融資をしてくれず、景気の良い時にのみ融資をしてくれる、という意味のこの言葉。続きがあり、最後まで言うと「銀行は、晴れに日に傘を貸さず、雨の日に傘を取り上げる」と言われています。

事業主がお金を貸してほしい時に銀行は頼りにならないという悲痛が、この言葉から十分に伝わりますね。

なぜこのような皮肉を言われているかと言うと、銀行として貸倒れを防ぐ方法がこれしかなかったからです。銀行にとって、返済しない可能性のある事業主のお金を貸すことは大きなリスクですからね。

2.決算書は必要なし!新型融資ビジネスとは?

しかし、最近展開している新型融資ビジネスでは、この銀行融資の皮肉が覆されるかもしれません。なぜかというと、新型融資ビジネスでの審査は決算書ではなく、基本的に現在取引中の法人かどうか、という新たな視点で融資を決めるからです。

①オンラインで自動融資判定!LENDY

融資を申し込む際、何日もかけて書類を用意し、実際に着金することにはビジネスチャンスが逃げている。こんなケースも、刻々と展開する回転速度の速い業界ではよくある話かもしれません。

融資にスピードを!というコンセプトで作られた融資サービス「LENDY」はオンラインでの申し込みだけでなく審査結果までも表示されます。なんと、企業が通常利用しているPOSレジや会計ソフトなどのデータとLENDYの持つシステムを連携し、日々の売り上げや負債などの情報をLENDY側がリアルタイムで把握しているのです。

このシステム化を活かし、LENDYに登録してる企業は管理画面を開くだけで「今いくら借りられるか」が即座にわかる仕組みになっています。

②アマゾンのAmazonレンディングとは

LENDYと同じ原理で、大手ネット通販サイトのAmazonでは依然からAmazonレンディングという短期融資サービスを提供しています。Amazon はAmazonを利用する企業の情報(決済情報、売上など)を把握しており、巨大なデータベースを持っています。

しかも、amazonの場合は自社の倉庫を持つため取引企業の在庫状況まで手に取るようにわかるのです。このため、企業の状況をいちいち書類提出をさせずにスピーディに融資することができるわけです。

③あのリクルートが融資ビジネスに参戦!

「じゃらん」や「ホットペッパービューティ」「SUUMO」などで有名なリクルートホールディングスは昨年2017年度に融資ビジネスに参入すると発表しました。そのサービス名はパートナーズローンと言います。

パートナーズローン|よくある質問

※上記URLをクリックすると、パートナーズローンの公式ぺージにリンクします

万人向けのサービスではなく、じゃらんnetへの掲載、ホットペッパービューティへの掲載などリクルートと取引のある顧客のみが利用できるBtoBのサービスです。

3.スピーディでも金利は高め!必要に応じて利用しよう

刻々と融資の常識が変化中!新型融資ビジネスが拡大している理由とは

決算書の提出なしでお金をすぐに貸してくれる。事業主にとってこれほど利用価値のある資金調達方法はありません。但し、金利が低ければの話です。

新型融資ビジネスは続々と増えていますが、全体的に信用保証会や日本政策金融公庫を通した場合の融資よりも金利は高めに設定されています。けれども、これらの新型融資はまだ発展途上にあります。今度、これらの新型融資ビジネスが持ち上がりを見せれば、価格競争の末に金利も下がる可能性もあります。

まとめ

決算書はご存知の通り、1期(1年)で作成するのは1回のみです。しかし、ビジネスチャンスは1年に1回ではなくいつ何時訪れるのかわかりません。

決算書の見栄えをよくするのに時間をかけるより、多少金利が高くてもすぐに融資してくれる新型融資ビジネスの方が合うビジネスモデルでは多いに利用価値はあります。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

刻々と融資の常識が変化中!新型融資ビジネスが拡大している理由とは