千葉銀行が新たな融資システムの開発と営業スタイルの変革をスタート

千葉銀行が新たな融資システムの開発と営業スタイルの変革をスタート
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

千葉銀行は千葉県にある地方銀行です。総資産は横浜銀行に次ぐ第二位で、千葉県内では最大手の銀行です。

この千葉銀行が自社で取り組む経営計画も中で掲げた「持続的成長に向けた経営体制」を強化する取り組みをスタートしています。その一つして、営業マンが使うタブレットやスマートフォンがあります。

1.千葉銀行がフューチャーアーキテクト㈱に業務効率化システムを発注

千葉銀行は第13次中期経営計画「ベストバンク2020 Final Stage-価値競争の3年」(かっこいいタイトルです)において以下を含むさまざまな課題を掲げました。

  • 社会のデジタル化に対応し、利便性の高いサービスを提供。抜本的な業務改革を行い生産性を上げる
  • 融資の審査は保証・担保に依存せず、取引先企業の事業内容や将来の成長の可能性で審査する事業性評価を進める

これらを実施するにあたり、千葉銀行は東京都品川区にあるフューチャーアーキテクト㈱にシステム開発を発注しました。フューチャーアーキテクトは経営とITを組み合わせるシステム開発を得意とし、顧客にはローソンやエー・ビー・シー・マートや全日本食品など大手の会社が名を連ねています。

2.融資・ローン業務はどのように効率化されるのか

①営業活動~格付け~稟議~契約・実行のプロセスをシンプルに整備

融資・ローン業務は融資担当者が中小企業等へ営業活動することから始まります。融資をしたいという申し出があれば、その企業を格付けし、稟議書を作成し上司に案件をあげて、最終的に契約・実行という流れになっています。

この一連の業務は非常に時間がかかるため、最近ではアマゾンなどITを活用した銀行以外の企業が行う融資に押され気味です。アマゾンの融資はアマゾンで出店する事業者のみが使える融資ですが、申込みから着金までが最短で3日程度と非常にスピーディなのです。

千葉銀行では融資・ローン業務の生産性を上げるべく、これまで個別管理していた顧客情報をシステムにより一本化し、営業担当者が入力した情報を融資担当者も見られるというように営業店と本部のデータをワンストップにまとめました。

②融資ヒアリング業務をタブレット利用でスキマ時間を利用

これまで融資を希望される事業者は融資担当者からヒアリングポイント(希望融資額は?など)を訪ねるためにわざわざ千葉銀行へ赴いていました。けれども、時間の取れない事業主にそれは不評で、融資の失注も促していました。

融資を希望される事業者の要望を書類でまとめるのではなく、タブレットに直接記入することで大幅な時間削減が可能です。また、時間のない事業者のためにもタブレットがあればフットワーク軽く営業ができるため、営業力の強化にもつながります。

3.決算書だけじゃない!事業性評価に期待

金融庁は日本の金融機関に対し、決算書のスコアリングだけでなく事業内容や将来性で融資を決める事業性評価を推進しています。けれども、実際にそれを実行している金融機関はまだわずかです。

これまで決算書を重点的に融資の判断材料にしていたため、事業性評価にシフトするための準備やノウハウの必要だからです。融資をする事業主としては、千葉銀行の掲げる事業性評価に期待したいところですね。

まとめ

金融機関にはお役所のようなイメージがありましたが、近頃そのイメージが崩れつつあります。低金利が続き、銀行も預金業務だけでなく融資や投信をしないと利益を出せなくなってきたからです。

また、銀行以外の消費者金融やアマゾンなどのスピーディな融資も銀行にとっては良きライバルです。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

千葉銀行が新たな融資システムの開発と営業スタイルの変革をスタート