CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

CFOは企業の中で財務管理の最高責任者を意味する言葉です。CEO(経営最高責任者)の類義語としてよく使われる言葉ですが、日本ではまだまだCFOは一般的な企業では馴染みのないものかもしれません。

今回の記事では、近頃注目を浴びている「CFOの代行サービス」について取り上げてみたいと思います。

1.そもそもCFOとは?

CFOは英語の「Chief Financial Officer」の略語で、最高財務責任者という意味です。日本ではCFOのことを「会計や経理のスペシャリスト」と捉える方もまだ多くいらっしゃいますが、CFOは元々欧米の企業から派生した言葉です。

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは

CFOに関わるニュースを見ると、中国のファーウェイや日本のトヨタなどかなり規模の大きい企業が名を連ねています。CFOの役割は、単に会計事務や経理のトップとして位置するだけではなく、CEO(最高経営責任者)が思い描く経営戦略に沿う形の財務戦略を打ち立て実践できる人物でなくてはいけません。

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは

世界中のCEOを見ると、その多くは知識や経験を豊富に持つ頭脳明晰な人物と言えます。公認会計士の資格やMBA(経営学修士)の資格を持ち、会計事務所での勤務経験を経て、企業の財務コンサルントを経て就任するケースが多いようです。

2.日本で近頃CFOが注目されている=CFO代行サービスが起業される?!

では、話を元に戻してCFO代行サービスとは何かをお話しましょう。近頃、日本でもCFOを取り入れる企業が増えています。それはなぜでしょうか。

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは

少子高齢化が年々加速している現代の日本ですが、勤務可能な人口が限られる中でより密度の濃い働き方をしなくてはならなくなりました。上記のグラフをご覧ください。青い棒グラフは2012年~2015年の過労死の件数です。過労死が増えれば増えるほと、一人当たりのGDP(国内総生産)は減るというデータとなっています。

「日本は年々残業時間が多くなり、生産性は年々低くなる」ということがこのデータでは証明されています。「企業が今後の働き方を真剣に変えないと、国際社会で生き残れない」このように考える会社経営者が増えているのです。

そこで、注目を浴びたのがCFOという存在です。社長が会社経営のすべての責任を担うのではなく、財務に関してはプロにアウトソーシングするのがCFO代行サービスの考え方です。最近では人材不足である役割をアウトソーシング(外注)する起業も増えていますね。

そうすることで、社長は本来の経営に集中することができ、結果的に企業の業績は伸びていくのです。

 3.CFO代行サービスではどんなことをしてくれるのか

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは

CFO代行サービスはネット検索すれば、多くの税理士事務所や公認会計事務所の行うサービスが見つかります。代表的なサービス内容は以下の通りです。

①経理部長・CFOを期間限定で企業へ派遣

経理部長またはCFO経験者である税理士をさまざまな企業へ派遣します。報酬は月額20万円~、または時給の場合もあり応相談となります。

新規で外部から人材を雇用するよりも経験豊富な人材が揃っているので、企業の財務を任せる時間や費用をよりカットできます。

②現状の課題抽出・分析と財務戦略の作成

原因不明の黒字が続いている、または玄以は分かっているがなかなか戦略がうまくいかない。このような悩みを持つ経営者と打ち合わせし、経理部長・CFO経験者としての目線で課題抽出と分析、そして財務戦略を打ち出します。

③財務戦略に沿った実務の実行

経営者と相談の上、必要である財務戦略を実行に移します。例えば、投資やM&Aや株式公開などの手続きです。

また、複数事業を営む経営者には赤字事業を廃止するかの目途について判断し、最適な資金調達が必要な企業には融資のための書類作成やアドバイスを実行します。

4.ベンチャー企業ほどCFO代行サービスを使うべき理由とは?

CFO代行サービスは、主に税理士や公認会計士が行うCFO業務に特化したサービスです。このサービスは大企業や資金が十分にある中小企業よりもむしろ起業したてのベンチャー企業に向いているサービスです。

それはなぜでしょうか?資金が豊富にある企業であれば、顧問税理士を契約し、高額な経営コンサルを契約する余裕があります。また、事業経験を積むにつれ財務に対する経験や知識も次第に増え、社内でCFOとして活躍できる人材もまかなえることでしょう。

しかし、経験や資金の乏しいベンチャー企業にはそれができません。これから急速に伸びるベンチャー企業にこそ、財務戦略をしっかりと立てられる税理士や公認会計士を味方につけ、初期にある財務の不安要素を解消すべきなのです。

また、ベンチャー企業はゆくゆく株式公開をする企業も多いことでしょう。CFOサービスの中には、特に株式公開に強い税理士事務所もあります。株式公開は専門知識や経験がないと、かなの時間や労力を要します。「株式公開準備に追われ、本来の業務が滞らないようにするため」CFO代行サービスを検討するベンチャー経営者もいらっしゃいます。

まとめ

税理士や公認会計士の行うCFO代行サービスの概要について触れてみました。税理士や公認会計士にも得意分野があります。

実際に依頼する前には、そのサービス内容を比較して得意分野が自社にマッチする税理士・公認会計士に依頼しましょう。

 

 

 

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,600件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

株式会社SoLaboは、中小企業庁が認める認定支援機関です。
これまでの融資実績は1,000件以上。
とくに日本政策金融公庫からの融資サポートに力を入れています。

- SoLabo(ソラボ)の特徴 -

  • 融資相談無料
  • 金利優遇を受けられる可能性あり
  • 提出書類作成と面談サポート
  • 日本全国対応可能


NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

CFO代行サービスって何?ベンチャー企業ほど使うメリットがある理由とは