体操クラブにちばぎんが1億7500万円の創業融資!決め手は経歴と立地と生徒数

体操クラブにちばぎんが1億7500万円の創業融資!決め手は経歴と立地と生徒数
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業融資とは、通常「これから初めて行う事業か既に始めて数年しか経過していない事業に対して金利付きで金融機関が100~1,000万円程度のお金を貸してくれること」を言います。(創業でない場合はもっと金額は高くなります)

今回は、創業融資で破格の1億7500万円の融資に成功したある元オリンピック選手の事業についてです。

1.ちばぎん地方創生融資制度とは

千葉県の印西市に建設される体操クラブの開業に対して1億7500万円の融資を行ったのは、千葉銀行です。

千葉銀行では、他銀行と同様にマイナス金利の影響を受け、本業の貸出業務だけでは先行きが厳しくなってきました。そこで、千葉銀行では長年中小企業を事業評価してきた経験やノウハウを生かし、新たにコンサルティング業務に力を入れています。同行のコンサルティング業務の一つは、ちばぎん地方創成融資制度です。

【ちばぎん地方創成融資制度とは?】

ご利用いただける方以下の要件をすべて満たす法人または個人事業主

・千葉県または千葉県に隣接する地域で創業または新規事業を行うこと。

・事業計画を提出できること

お使い道運転資金または設備塩金
ご融資額100万円以上
ご融資期間運転資金10年以内

設備資金20年以内(耐用年数の範囲以内)

※最長3年間の元金据置期間の設定が可能です。

参照元:ちばぎん地方創成融資制度

ちばぎん地方創成融資制度は、千葉県または千葉県に隣接する地域(東京や茨城でしょうか)で起業する法人または個人事業主向けの融資制度です。金利については公表されておらず個別対応となっていますが、千葉銀行の提供するビジネスローンでは5年以内返済で年金利2.8%~となっていますので、この金利より下回るのではないかと予想できます。

2.体操教室に1億7500万円の融資がおりた決め手とは?

一般的な体操教室では融資で1億7500万円もおりることがなく、今回の千葉銀行の融資決定は破格と言えます。高額融資の決め手は一体何なのでしょうか?

①経歴

体操教室の代表を務めるのは、2004年のアテネ五輪で団体金メダルを獲得した体操男子日本代表チームの監督・加納実氏(68)です。実氏は20年前から自身が体操競技部の監督などを務めた千葉県印西市の順天堂大学の体育館で、地域の小学生以上のこども達に体操を教えてきました。

アテネオリンピックで金メダルに導いたという結果と20年以上の体操指導経験。この二つは融資の審査で大きく評価されたに違いありません。

②立地

創業融資では設備を設けるための物件の立地も審査のポイントとして大きく影響します。今回の融資がおりた物件は千葉県印西市に建設された「加納体操クラブ」の体育館です。

千葉銀行では、融資の前からこの周囲の市場調査と需要予測、リスク分析を積極的に行ってきました。千葉銀行の調査によると、印西市は千葉県の中で15歳未満の割合が15.7%と県内で最も高く、また、体操教室も市内のこどもに人気の習い事で近隣に入会待ち(キャンセル待ち)の家庭もたくさんあるということがわかりました。

③生徒数

加納体操クラブの代表の加納実さんが順天堂大学の体育館を借りて体操教室を開いていた時期の生徒数は200人以上です。彼らは現在も引き続き同クラブで継続しており、この生徒数の多さも創業融資の決め手となりました。

④体育館の必要性

創業融資では運転資金と設備資金という2つの使い道にわけて融資を受ける場合がほとんどですが、今回1億7500万円という高額融資となったのは新規で体育館を建設したからです。

オリンピックを目指すほどの本格的な体操を学ぶには、跳馬・鉄棒・つり輪・トランポリンなども併設された専用の体育館が不可欠であり、体育館の新規建設に伴い必然的に高額になっています。

まとめ

元オリンピック体操チームの指導者という経歴、物件の立地、生徒数という3つが揃い、体操クラブが大きな資金調達に成功しました。

元オリンピックという肩書は難しくても、生徒数と物件の立地についてはこれから創業融資を目指す方にも可能性は多いにあります。今回の記事で千葉銀行が綿密に市場調査や需要予測をしたように、融資を受ける際にはその必要性を証明するための資料を作成すると審査に有利です。(競合調査、交通量調査など)

一般の方が金利2%程度で創業融資をお探しであれば、銀行からの融資よりももっと現実的(言い方は悪いですが、相手にされる可能性が高いこと)な日本政策金融公庫の創業融資をおすすめします。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

体操クラブにちばぎんが1億7500万円の創業融資!決め手は経歴と立地と生徒数