新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

1.「危機関連保証」は新型コロナの影響ではじめて発動した制度

(1)危機関連保証とは?

「危機関連保証」とは、大規模な自然災害や金融危機などの突発的な事態が起こり、中小企業の信用収縮が全国的に生じた際、売上高等が減少している中小企業者の資金繰り状況を支援するために創設された措置です。

この制度自体は、2018年に施行されていましたが、実はこの制度が発動されたのは、今回の新型コロナウイルス感染症がはじめてです。

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?

※出典:危機関連保証の発動リスト(中小企業庁)

(2)危機関連保証の概要

危機関連保証は全国・全業種に対応しています。利用できる中小企業者は、次の条件の両方に当てはまる人です。

【「危機関連保証」の対象中小企業者】

・金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。
・原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる。

【参照:危機関連保証制度|中小企業庁

また、その保証条件は下記の通りです。

対象資金:経営安定資金
保証割合:100%保証
保証限度額:一般保証等とは別枠で2億8,000万円
指定期間:令和2年度2月1日~令和3年度1月31日まで

【参照:危機関連保証の概要

2.「セーフティネット保証」とは何が違う?

(1)3つの信用保証枠

セーフティネット保証との違いについて説明する前に、そもそも今回政府が用意した信用保証付融資制度の全体像を把握しておきましょう。

融資制度について調べると、「保証枠」「別枠」など、「枠」という表現をよく目にするのではないでしょうか。この「枠」とは、最大でいくらまで借りられるのかの限度額を意味しています。

今回の新型コロナ関連の信用保証付融資では、下記の図のように3つの枠があります。

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?

【参考:経済産業省|新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ P6

たとえば、もし信用保証協会による信用保証をすでに受けているとしても、それは「一般保証枠」としてカウントされ、それとは別枠で「セーフティネット保証枠」や「危機関連保証枠」を併用して申し込むことができるということです。

もしこの3枠ともに限度額まで申し込めば、合計8.4億円の保証枠になります。

但し、この保証額は利用条件や信用保証協会の審査等によって決定される点にご注意ください。

(2)セーフティネット保証(4号・5号)と危機関連保証の違い

今回新型コロナの影響で発動しているセーフティネット保証には、「セーフティネット4号」と「セーフティネット5号」があります。

簡単に言えば、4号は突発的な災害に対して発動され、5号は全国的に業況の悪化している業種に対して発動されます。

日本国が危機的状況にある際に発動するという点では、セーフティネット保証も危機関連保証も同じ役割を果たしています。

では、これらはどのような違いがあるのでしょう?

4号保証、5号保証、危機関連保証の違いがポイントごとにわかるよう、下記表に整理しました。

売上高の減少率対象保証割合保証料率
セーフティネット保証4号全年比売上減少20%以上指定地域(今回は全ての都道府県)の中小事業主100%1.0%以内
セーフティネット保証5号前年比売上減少5%以上指定業種を営む中小事業主80%1.0%以内
危機関連保証前年比売上減少15%以上全国・全業種の中小事業主100%0.8%以内

 

なかでも注目してほしいのは、「保証割合」の違いです。

信用保証制度を利用したことが無い方には馴染みがないかもしれません。「保証割合」とは、借入金額のうちどこまで保証してくれるかの割合を意味します。

例えば、セーフティネット保証5号では保証割合が「80%」になります。

仮に5,000万円の融資を受けた場合、下図のように4,000万円は信用保証協会が保証しますが、残り1,000万円は信用保証協会による保証はなく、金融機関が負担するリスクとなります。

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?

つまり、保証割合「100%」のセーフティネット保証4号もしくは危機関連保証の場合、もし貸主である事業者が返済できない場合は、信用保証協会が代わりに残債全額を立て替えて返済してくれるということです。

なお、セーフティネット保証については、下記記事で詳しく解説していますので、どれに申し込もうか迷っているという方は下記記事も合わせてご一読ください。

新型コロナ関連で使えるセーフティネット保証って何?融資と4号5号の違いを解説

3.危機関連保証の手続き

(1)金融機関に申し込む前に、まずは市区町村からの認定を受ける手続きが必要

危機関連保証に申し込む場合、まずは本店(個人事業主の方は主たる事業所)所在地の市町村(または特別区)の商工担当課等の窓口へ「認定申請書」2通を提出(その事実を証明する書面等があれば添付)し、認定を受けましょう。

認定申請書については、現在郵送で受け付けている地域も複数あります。例えば、東京都内なら港区、千代田区では窓口混雑緩和のため郵送で受け付けています。

■郵送対応している市区町村の例(東京都内)

・港区

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う特別融資あっせんに関する届け出を郵送で受け付けます

・千代田区

危機関連保証(千代田区)

事業所の所在地の市区町村のWebサイト等で郵送対応しているかどうか確認することをおすすめします。

(2)市区町村の認定後、金融機関または信用保証協会へ申し込みを

市区町村の認定を受けた後は、希望の金融機関または所在地の信用保証協会に認定書を持参のうえ、保証付き融資を申し込みます。

信用保証協会に申し込む場合、以下のリンクからあなたの事業所の本店(個人事業主の場合は主たる事業所)の所在地の近くの信用保証協会がどこなのかを検索してください。

全国信用保証協会|事業所一覧

4.危機関連保証の手続きに必要な書類

危機関連保証の手続きに必要な書類は自治体によってかなりバラツキがありますので、該当する自治体のWebサイト等から確認してください。

なお、認定を受けるために必ず必要な「認定申請書」のフォーマットも、各自治体のWebサイトでダウンロード可能です。

ご参考までに、港区の認定申請書は下記のようなExcelフォーマットが用意されています。

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?

 

※出典:新型コロナウイルス感染症拡大に伴う特別融資あっせんに関する届け出を郵送で受け付けます【令和2年5月7日~】(港区)

5.まとめ

今回は新型コロナ関連ではじめて発動された「危機関連保証」について解説しました。

信用保証協会を利用したことが無い方には馴染みがなく、戸惑う方も少なくありませんが、万が一返済が滞った際には立て替えてくれるというメリットがあります。

早急に資金繰り対応が必要という方はぜひ申し込みを検討してみましょう。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









新型コロナ融資に落ちてしまう方とは?

NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

新型コロナ資金繰り支援策「危機関連保証」とは?セーフティネット保証と何が違う?