商工中金で融資を受ける方法

商工中金で融資を受ける方法
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

商工中金は全国に支店を持つ中小企業専門の金融機関として知られています。半官半民の出資による政府系金融機関なので、安心・安全なイメージで多くの事業主が借入先として融資の候補にしています。

今回の記事では、商工中金で融資を受けるための方法についてわかりやすくご紹介していきます。なお、商工中金の概要につきましては以下のURLにて解説しています。

商工中金とは?

1. 商工中金で融資「商工ローン」を受けるための条件をチェック!

商工中金の融資は別名:商工ローンと呼ばれることもあります。名前から個人向けの住宅ローンや教育ローンをイメージするかもしれませんが、その取り扱いはありません。

商工中金は正式名称:商工組合中央金庫で、中小企業を専門にする金融機関です。

商工中金の融資商工中金で融資を受けるのであれば、正式名称に「商工」とあるように、商工組合等に加盟していることが大前提です。

【商工中金の融資を受ける際に加盟しているべき組合※抜粋】

根拠法 中小企業等共同組合法 中小企業等共同組合法 中小企業団体の組織に関する法律 商店街振興組合法 生活衛生関係営業の運営の適正化に関する法律
組合名 中小企業等協同組合/

事業協同組合

協業組合

 

商工組合 商店街振興組合 生活衛生同業組合
事業協同組合 商工連合会 同連合会 同連合会
事業協同小組合 生活衛生同業小組合
火災共済協同組合
信用協同組合
協同組合連合会
企業組合

一般的に、中小企業は大企業と比べて資金調達力・信用力・情報収集力に乏しい企業が多いとされています。そこで、「組合をつくって加盟企業同士が協力・連携・情報交換をすればいいのでは?」と国は考え、過去何度も中小企業の組合に対する法律が制定されました。この中小企業組合を背景に、これまで日本では多くの企業が発展してきました。

例えは悪いですが、この考え方は「1人でアイドルとして売り出す」よりも、「たくさんの人数のグループとして売り出す」方が人気はでやすいというエンタメ業界の方式にも少し似ているのではないでしょうか。

なお、スペースの都合上すべての組合は記載できませんでしたので、詳細をお知りになりたい方は下記URLからご確認ください。

引用:商工中金|融資の対象となる方 https://www.shokochukin.co.jp/sitefailover/corporation/raise/target.html

2.組合に加盟するにはどうすればいい?構成員って何?

商工中金から融資を受けるのに組合に加盟していなければいけないのは分かったけど、どうやって組合に加盟すればいいの?と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。

①加入条件は組合ごとに異なる

中小企業に関わる組合は平成28年度時点で全国に3,7000ほどあります。基本的に、組合の概念には加入も脱退も自由であるという基本原則があるので、条件を満たせば既に存在する組合にあなたが加盟することができます。既にある組合に加盟することを構成員になる、という言い方をします。

【全国中小事業協同組合の加入資格】

  • 日本国内に本社・営業所などの事業所を持つ法人または個人事業主
  • 法人の場合は資本金や従業員人数が規定を満たしていること

構成員にならず、あなた自身が新規の組合を作ることもできます。その際でも融資はもちろん対象になります。

②組合加入申込書と出資金を提出して申し込む

加入したい組合が決まったら、まずは電話連絡をしましょう。その後、組合加入申込書と出資金(5千円~1万円が相場)を提出します。組合加入申込書はネットでダウンロードできる組合と取りに行く組合があります。

全国中小事業協同組合の組合加入申込書

※上記URLをクリックすると、全国中小事業協同組合作成のPDFへリンクします

【中小企業系の組合加入時の持参物】

  • 組合加入申込書
  • 出資金(5千円~1万円)
  • (法人の場合)会社登記簿謄本
  • 割賦金(毎月千円程度)

3. 商工中金の融資は5種類ある

①一般的な事業融資(商工ローン)

商工中金で最も一般的な事業融資はこちらです。限度額が高く、低金利なのが嬉しいですよね。また、政策金融機関の特徴である据置期間があります。据置期間は金利のみを支払えばよい期間で、借入額の大きなローンの場合によくある条件です。

融資期間 原則、設備資金が15年以内(うち据置期間2年以内)

運転資金10年以内(うち据置期間2年以内)

限度額 最高7憶2,000万円

(運転資金は2憶5,000万円まで)

利息 1.0~1.475% ※2018年11月現在
担保・保証人 必要に応じてあり
返済方法 分割返済または期限一時返済

融資を受ける際には、以下の書類を提出します。

【商工中金の融資で必要な書類】

会社案内 直近3期分の決算書 事業計画書 商業登記簿謄本 見積書

※設備資金が必要な場合

②災害系の融資(災害復旧資金・セーフティネット資金)

商工中金は普通の銀行と違い、資金の半分を日本国から調達している政策金融機関です。そのため、国の災害やセーフティネット、そして創業支援や再生など国のための融資プランが充実しています。

③共同・集団化をする場合の融資(協業化・共同化融資など)

組合を推進する各中小企業組合員のための金融機関ですので、各企業や事業の共同や連携のための資金調達も可能です。例えば、A社とB社がこれまで取引先として東京と北海道で事業をしていたとしましょう。

しかし、東京と北海道という遠隔地のため、事業所すべてを北海道に移すことにしました。この場合にかかる引っ越し料金や連携のための費用を、商工中金では融資としてサポートしてくれます。

④業界団体の融資(トラック運送業・バス事業など)

トラック事業やバス事業など、業界自体が厚みを持ち人々のライフラインをして機能している業界に対して融資を行っています。

例えば、バス事業の場合はバス車両購入資金やバス事業に関わる施設設備資金、そして従業員の退職金と運転資金が融資対象となります。

⑤その他の融資(地方公共団体・市街地再開発事業・受託代理貸付など)

この他にも地方公共団体の制度融資や市街地の再開発事業への融資、そして既存の特殊法人の行う貸付の受託業務も行っています。

受託業務とは、融資契約は特殊法人が行い、その貸付自体を商工中金が行うという仕組みです。商工中金の長年のノウハウから培った計算業務やソフトウェアを利用することで、円滑な貸付を行うことができます。

4.商工中金の融資を通すコツとは?

①年商低い事業所には向いていない

商工中金の融資の難易度は比較的低めでしたが、昨年の不祥事をきっかけに、難易度は若干高くなっているとみられます。そのため、昔は通った融資が今は通らない、というケースも発生するでしょう。

商工中金では創業融資も取り扱っていますが、年商は3憶円以上、融資希望額も3,000万円~と、高額融資がメインとなっています。年商が1,000万円~1億円以下の企業は、まだ商工中金の融資の実行は待った方がいいかもしれません。まずは日本政策金融公庫で融資を受け、ステップアップとして次、または次の次にに目指す金融機関として商工中金を設定してみましょう。

②担当者に連絡→持ち物を事前確認する

商工中金の融資に申し込みたいのであれば、まずは電話連絡をします。営業時間は9:00~15:00です。

商工中金|お問合せ

※上記URLをクリックすると、商工中金の公式ページにリンクします

電話連絡する前に、話す内容をまとめたメモを作成しましょう。

  • 自分の名前
  • 事業所の名前
  • 組合加盟について
  • 企業規模
  • 事業は何期行っているか
  • 年商はいくらか
  • 融資希望額と希望着金期日
  • 折り返し電話の希望時間帯

担当者と話す際は、要点を整理して簡潔に話すよう心がけましょう。この電話連絡がうまくいえば、面談→書類提出→審査、とステップアップして融資へとつながるからです。

③株主になる

商工中金の株は組合員であれば証券会社を通じて購入することが可能です。株主になると、株主証明書を発行してもらうことができます。その株主証明書を使い、株式の名義書換(めいぎかきかえ)手続きをして審査に通れば株主として認められることになります。

株主になったから融資に必ず通るということはないですが、一定の関係値を築くことはできるでしょう。しかし、株主になるほどの余剰資金があれば、それを事業に使えるのであまり良い方法とは言えません。

まとめ

商工中金の融資は比較的高額です。融資を受けるには、まず最寄りの支店に電話連絡をし、必要書類を提出してから審査を受ける流れとなります。

また、条件として中小企業系の組合(酒造組合等も含む)の構成員、または組合を組織している必要があります。株主になることもできるので、商工中金と長いお付き合いをする事業主の方はそれも視野に入れるとよいでしょう。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

商工中金で融資を受ける方法