プロパー融資とは? 銀行融資を受けるポイント

プロパー融資とは? 銀行融資を受けるポイント
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

プロパー融資は、銀行などの金融機関が単独で行う融資です。

プロパー融資は審査が難しいというイメージがある方も多いかもしれませんが、ポイントをしっかり押さえれば融資を受けやすくすることができます。

ただし、初めて信用金庫や地方銀行、メガバンクなどの民間の金融機関で融資を受ける場合に、初回からプロパー融資を利用できる可能性はかなり低いので、民間の金融機関から初めて低金利の融資を利用したい!とお考えの方は以下の記事をご覧ください。

https://jfc-guide.com/other-guide/741/

今回はこのプロパー融資について解説します。

1.プロパー融資とは?

(1)プロパー融資の概要

プロパー融資とは、銀行が単独で行う融資のことです。

営利組織である銀行が単独で行う融資のため、信用保証協会による保証がないので返済ができなくなってしまった場合は丸々銀行側の損害になってしまいます。

そのような貸し倒れのリスク軽減や収入源としての観点から、短期間かつ高めの金利になることが多い融資です。

(2)プロパー融資は着金までが短い

プロパー融資には三つの大きな特徴があります。

まず一つは銀行単独での融資のため、申し込みから着金までが2~4週間ほどと短いこと。

信用保証協会の保証付き融資とは違い、銀行単体で融資を行うので申し込みから融資実行までの期間が短く、信用保証付き融資では審査に1~2か月以上かかるところを、2~4週間ほどで着金まで終了できるのは強みです。

(3)基本的に融資限度額がない

プロパー融資では基本的に限度額が設定されておりません。非常に高額に設定されています。

保証付き融資の場合は保証限度額が設定されているため、その範囲内までしか融資が受けられません。

しかし、プロパー融資ではその縛りがないので、銀行側が全責任とリスクを持つことで融資限度額のない融資が可能になっているのです。

(4)プロパー融資を受けると信用度が上がる

プロパー融資は銀行側のリスクも高いため、銀行からの信用度が高くなければそもそも受けることができません。

そのため、プロパー融資を受けて返済できたという実績があると、それだけで銀行から信頼される企業、として見られるので他の金融機関からの融資審査も通りやすくなります。

2.プロパー融資を受けるためのポイント

(1)創業後2期以上経過していること

創業時や創業2期以内の会社は信用保証協会による保証抜きでは借りられる可能性はかなり低いです。

事業の実績がなければ返済の見通しが立たず、銀行側の貸し倒れリスクが高くなってしまうのです。

創業2期以内の場合は信用保証協会を通しての民間の金融機関から融資を受けるか、日本政策金融公庫を利用するのが一般的です。

※今回の記事では、低金利の融資を前提に解説させて頂いております。高金利であればプロパーで融資を受けられるケースもありますが、絶対に利用はしてほしくないです。

(2)銀行との信頼関係を作る

実績がない会社がいきなり電話問合せをしてみても、信用保証協会を利用した保証付き融資を勧められるか、素っ気ない対応をされるだけです。

プロパー融資をしてもらいたい銀行と密接な関係があれば、信頼されやすく審査を優位に進めることができます。

法人設立後早い段階からメインバンクにし、実績を付けていくことがプロパー融資を利用する近道です。

最終的にプロパー融資を利用したいという考えをお持ちであれば、まずは信用保証協会を利用し銀行から融資を受け、実績をつけることでその銀行からプロパー融資を利用できる可能性があがります。

(3)決算書類や事業計画書で印象をよくする

プロパー融資は銀行側のリスクも大きいので審査が非常に厳しく、業績が良くなければ審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、初めてプロパー融資を利用するのであれば、できるだけ事業の成績がいいときに融資申請をするのがプロパー融資のポイントです。

当期利益の大きさや預金残高、当座比率や自己資産額など、返済に関してプラスとなる材料はかき集めたうえで審査に挑まなければなりません。

(4)返済期間が短めから始める

長期間にわたる契約では銀行側のリスクが高くなるため、よほどの信頼関係がない限り銀行側は返済期間を短めにしたがります。

そのため、まずは短期融資を受けて、そこから徐々に信頼関係を築きつつ追加融資の際には返済期間を延ばしていきましょう。

(5)融資に強い税理士や認定支援機関に相談する

もしプロパー融資に不安がある場合は、融資に強い税理士や認定支援機関に相談するのも効果的です。

プロパー融資を通した経験の豊富な税理士や認定支援機関は、融資を受けるための情報を多く持っていることに加え、銀行そのものとのパイプも持っていることもあります。

そのため、融資を受ける本人が初めてだったとしても銀行側に「この人が推す人なら大丈夫」という信頼感を与えることができます。

創業融資ガイドを運営している株式会社Solaboは、融資のサポート、相談を行っている認定支援機関です。

プロパー融資を利用した融資を考えている場合は、是非一度ご相談ください。

まとめ

銀行のプロパー融資を受けるためには、会社としての実績を積みながら銀行と信頼関係を作り上げていくことが必要です。

プロパー融資を受けられる、信頼感のある事業者となるためにしっかり事業を成長させていきましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

プロパー融資とは? 銀行融資を受けるポイント