会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

会社を設立することを決めたら、資本金払込というものを行うことになります。これは、会社を設立する際に決めた資本金を、決められた口座に払込みをすることです。しかし、資本金払込には口座や手続きについて様々な注意点があります。今回は会社設立時に必要な資本金払込の方法についてご紹介していきます!

1.資本金払込に重要なキーワード「発起人」とは?

発起人とは、「会社への出資」から「定款作成・認証」など、会社設立に伴う手続き全般を行う人の事を指します。

役割は会社設立後も重要で、設立の為に出資した資金の金額に応じて株主となるうえに、会社の重要な意思決定にも関わります。発起人は、1人でも可能ですが、複数人が発起人となることも出来ます。ただし複数人の場合の注意点が、株式などの所有割合で揉め等のトラブルがないよう、よく話し合いを行うようにしましょう!

 

2.資本金払込の方法

①発起人個人の銀行口座を準備する

会社はまだ設立されていないので、発起人個人(発起人が複数いる場合は、発起人の代表者)の銀行口座を準備します。

銀行口座は、発起人が元々使っている個人名義の・普通預金口座でも大丈夫です。ただし、③で通帳のコピーが必要となるので、通帳のある銀行口座を準備します!そのため、通帳が無いことが多いネット銀行の口座は使用しないようにしましょう。

②資本金の振込

書類を法務局にスムーズに処理してもらえるように、②からは定款認証日より後の日付になるように手続きをします。

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法
※なぜ「振込」なの?

「振込」であると払込みした各発起人の名前が通帳に記載されるため、各発起人が確実に資本金を払ったかどうかの証拠になるからです!

③通帳のコピーの準備

各発起人が確実に資本金を払ったことを証明するために、通帳のコピーを準備します。

コピーする内容は以下の通りです。

・通帳の表紙

・通帳の表紙の裏面(支店名/支店番号/銀行印等があるページ)

・振込内容が書かれているページ

内容を全てA4サイズでコピーしましょう。

④払込証明書の作成

払込証明書を作成します。払込証明書には以下の項目について書きます。

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法

⑤準備した通帳のコピーと払込証明書をまとめる

通帳のコピーと払込証明書を、ホッチキスでまとめます。資料の順番は上から、

【1】払込証明書

【2】通帳のコピー(表紙)

【3】通帳のコピー(表紙裏)

【4】通帳のコピー(振込内容が書かれているページ)

というようにまとめます。またホッチキスは書類の左端やや内側でとめるようにすると、次の⑥の作業がやりやすくなります。

例 (ホチキスの止め方:緑→資料、黄色線→ホチキス)

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法

⑥まとめた資料に代表者印を押す

代表者は各ページの境の中心付近(【1】裏と【2】表/【2】裏と【3】表/【3】裏と【表】の計3つ)に押していきます。

例(緑→資料、青線→ページの境目、赤丸→代表者印)

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法

 

まとめ

資本金払込の方法は、口座の種類や振込・資料の作成の仕方などいくつか注意すべき点があります。そのため方法を理解して・必要なものを準備し、ミスのないように資本金払込をしていきましょう!もし資本金払込について不安なことがあれば、お近くの信頼できる税理士などに相談するのも良いでしょう!

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

会社設立するための資本金を口座に振り込む「資本金払込」の方法