法人成りで事業拡大するための700万円の融資に成功した事例

法人成りで事業拡大するための700万円の融資に成功した事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

Tさんは会社員として10年近く一級建築士として設計事務所に勤務し、個人事業主として独立開業、法人化して事業拡大をするために融資を受けたいと考えました。

独立当初、他の設計事務所を間借りし、そこで設計に必要なソフトウェアなども使用させてもらっていました。

順調に仕事が増えていく中で、以前の同僚と一緒に会社を設立して事業を拡大させたいと考えるようになりました。そのためには高額な設計に必要なソフトウェアを自前で用意することが必要でした。はじめての資金調達に際して不安があり、融資アドバイザーに相談することにしました。

今回のTさんの事例では次の点がポイントとなりました。

Tさんの会社員時代の実績と経験

会社の資金とは別に個人資産が大きかった

当初作成した事業計画の大幅な見直し

会社員時代の実績をアピールした

Tさんは一級建築士であることに加えて、会社員時代にご自身の業績が雑誌などで取り上げられていました。雑誌に載ったページのコピーを添付することで業界内における知名度があることをアピールしました。

また、職務経歴書を作成し、その中でご自身が手掛けた物件を全て記載しました。職務経歴書ではマネジメント経験もありました。

実績と実務経験に加えて、マネジメント経験と業界内の知名度があることは融資で評価されました。

会社の資金とは別に潤沢な個人資産を持っていた

立ち上げたばかりの会社の口座には、出資として払い込まれた200万円がありました。前年の個人事業主時代の売上が数百万だったので、700万円の融資希望額に対しては十分な自己資金とはいえない状況でした。

融資アドバイザーとの打ち合わせの中で、会社の資金とは別に個人資産が1200万円程度あることが分かりました。その一部は仮想通貨であったので金額ほどの評価はなかった可能性はありますが、いずれにしても融資では評価されました。

当初、Tさんが作成した事業計画の大幅な見直し

今回の事例では、ここが大きなポイントとなりました。

当初、Tさんは会社を設立して、ご自身の設計で古民家を改装して宿泊施設を運営したいと考えていました。Tさんが作成していた事業計画は、設計業務を一旦お休みして古民家宿泊施設の運営をするものでした。しかし、この計画ではTさんの業務経験がないため、日本政策金融公庫の融資は通りにくい内容になります。融資アドバイザーとの打合せの中で、古民家宿泊施設の運営事業を先延ばしにする事業内容に大幅な修正を行いました。設計業務でしっかりと業績を伸ばして、将来的に本業の余力で古民家宿泊施設の運営事業に進出するという事業計画にすることで、会社として成長するために必要な融資を受けることができました。

このように、融資をきっかけに専門家と打ち合わせをすることで、会社として適切な事業の進め方に気づくこともあります。事業計画を変更することがなかったら、Tさんは融資を受けることができなかったでしょうし、会社自体もTさんの強みを生かすことができない事業で上手くいかなかったかもしれません。

まとめ

融資を申し込むときには、これまでの経験と自己資金、事業計画が重要です。

事業計画は、これまでの経験を活かした内容であって、将来の見通しについて説得力のある内容が求められます。

創業時は、ご自身の思いが強く、自分で事業計画を客観的に考えることができないことがよくあります。こうした時には、専門家を交えて検討することが有効です。

融資申込において説得力があり、融資審査に通りやすい内容にするためにも、一度、専門家である認定支援機関にご相談してみてはいかがでしょうか。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

法人成りで事業拡大するための700万円の融資に成功した事例