信用金庫から融資を受ける際の流れを解説

信用金庫から融資を受ける際の流れを解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

資金を調達するために融資を受けたい人のなかには、融資を受ける金融機関の候補として信用金庫を検討している人もいるでしょう。街なかで見かけることもあり、なじみのある信用金庫から融資を受けたい人もいますよね。

当記事では、信用金庫で融資を受ける際の流れを解説します。これから信用金庫に借入を申し込む予定の人や、どの金融機関を利用するか迷っている人は、今後の参考にしてみましょう。

信用金庫から融資を受ける流れは保証の有無で異なる

信用金庫から融資を受ける際の流れは、保証を受けるかどうかで異なります。保証を受ける場合は信用保証協会に保証を申し込む必要がありますが、保証を受けない場合は必要ありません。

たとえば、創業時や創業後にはじめて融資を受ける場合は信用保証協会に保証を申し込む傾向があります。信用保証協会が万が一のリスクに備えて保証を出すことで、実績の乏しい事業者も信用金庫から融資を受けやすくなる傾向があるためです。

なお、信用保証協会の審査基準は公開されていないので、保証審査は甘いとも厳しいとも言えません。保証付き融資に興味のある人は「信用保証協会の審査は厳しい?審査基準と審査難易度を解説」も参考にしてみましょう。

保証付き融資は申込方法が2通りある

信用金庫から保証付き融資を受ける場合、申込方法は2通りあります。信用保証協会から保証に申し込む場合と、信用金庫経由で保証に申し込む場合です。

【信用金庫から保証付き融資を受ける場合の流れ】
信用保証協会から保証に申し込む場合信用金庫経由で保証に申し込む場合
1.信用保証協会に保証を申し込む1. 信用金庫の窓口で融資を申し込む際、信用保証への申し込みもあわせて行う
2.信用保証協会で保証審査を行う2.信用保証協会で保証審査を行う
3.保証審査に通った場合、信用金庫をあっせんしてもらう3.信用金庫は信用保証協会が発行した「信用保証書」をもとに融資を実行する
4.信用金庫は信用保証協会が発行した「信用保証書」をもとに融資を実行する

信用金庫経由で保証に申し込む場合、手続きを行う機関は信用金庫のみになるので、信用保証協会から保証に申し込む場合にくらべると、融資申し込みから着金までの時間が短縮する傾向があります。

なお、信用金庫では利用できる信用保証協会の地域が決まっている傾向があるので、信用金庫から保証付き融資を受けたい人は、事業を営んでいる地域の信用保証協会を利用できるかどうか、あらかじめ信用金庫に確認するようにしましょう。

当社は、金融機関から融資を受ける際の必要書類の作成支援や面談へのアドバイスなどの融資サポートをおこなっています。相談は無料なので、まずは下記のフォームから気軽にご相談ください。

金融機関の融資受けられる?
無料で診断する>

電話で無料相談する(平日9時~19時)

保証を受けない場合は直接申し込む

信用保証協会から保証を受けない場合は、信用金庫に直接申し込みます。過去に信用金庫との取引がない人は、まずは最寄りの支店窓口で口座を開設する必要があります。

たとえば、さわやか信用金庫に「融資を受ける場合の流れを教えてください」と尋ねたところ、「まずは最寄りの支店窓口に会社謄本と印鑑、身分証明書を持参して口座開設手続きをしてください。口座開設にあたり、支店の営業担当者が所在地確認のため実際に事業所に伺います。その際に、融資を受けたい旨をご相談ください」という回答でした。

最寄りの信用金庫がわからない人は全国信用金庫協会の公式サイトから検索してみましょう。

信用金庫を利用するための資格に該当しているかを確認する

申し込みの際は、その信用金庫を利用するための資格に該当しているかを確認する必要があります。
具体的には、信用金庫は会員制度により運営されており、次のような資格に該当する人が融資を受けられます。

【信用金庫の会員資格】
中小企業従業員300人以下、あるいは資本金9億円以下で、信用金庫の営業エリアに立地している企業
個人事業主信用金庫の営業エリアに居住、もしくは勤務している人

参照:融資業務|一般社団法人全国信用金庫協会

一般社団法人全国信用金庫協会によると、信用金庫は「地域のお金を地域に還元する」ため、会員制度により運営しているため、融資を受ける場合にもその地域で事業を行っているかどうかが資格のひとつになります。

中小企業の場合は、信用金庫の営業エリアに立地しているかどうか、個人事業主の場合は営業エリアに居住または勤務しているかどうかで信用金庫の利用の可否が変わってくるので、申し込み前に確認するようにしましょう。

創業時に口座開設すると経営相談できる

創業時に信用金庫で口座開設することで、経営や資金に関する相談ができるようになります。信用金庫は地域に根差した金融機関なので、口座を開設し取引をはじめることで資金繰りや経営改善に関する相談が可能です。

たとえば、栃木信用金庫は創業を考えている人や創業後間もない人を対象にした「創業者特別相談会」を開催しています。経営の専門家に創業後の経営改善や資金繰り方法、売上を増やす手段などの悩みを相談可能です。

創業準備に悩んでいる人や、創業後に事業に関する悩みを抱えている人は、全国の信用金庫が創業をサポートするために開設したWebサイト「しんきん創業の扉」から、創業に関する各種セミナーやイベントを検索してみましょう。

まとめ

信用金庫から融資を受ける場合、保証付き融資なら信用保証協会の保証審査を通過する必要があります。保証を受けない場合、まだ信用金庫との取引がなければ、事業を営んでいる地域の信用金庫で口座を開設するところからがスタートです。

信用金庫は地域に密着した金融機関です。創業時の経営相談にも応じているので、まずは最寄りの支店で口座を開設して、その地域の営業担当者とのつながりを持っておくのがよいでしょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

信用金庫から融資を受ける際の流れを解説