日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫の融資は金利が低く、返済期間が長いということもあり、融資を希望する方は多いかと思います。ですがその分、融資の審査というものは厳しいという現状があります。

その為、必ずしも融資を受けられるわけではなく、審査に落ちてしまい融資を受けられないという方も大勢います。

審査落ちしてしまったからと言って諦めるのではなく、いくつかのポイントを再確認し、改善することで、再度融資に近づけるかもしれません!

今回は、審査落ちしてしまう特徴と、審査落ちしてしまった場合について解説します。

審査に通るか無料診断してみる

本サイトでは、日本政策金融公庫の審査に通るか無料診断が可能です。無料診断は、株式会社SoLaboの1,000件を超える日本政策金融公庫からの融資実績を基に、専門の融資担当がご連絡させていただきます。

融資希望額や準備できる自己資金、金融機関からの借入等への支払状況などから融資の可能性についてご説明させていだきます。自分が審査に通るか気になるという方は、ぜひ無料診断を試してみてください。

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?

1.審査落ちしてしまう方の特徴について

審査に落ちてしまう方々の特徴として、いくつかの共通点があります。

その共通点を理解し、気を付けることで融資を受けられる可能性は広がります。

まずはその共通点を見ていきましょう。

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?

共通点①〈個人の信用情報において問題がある〉

事業主や代表取締役の信用情報に問題がある場合、日本政策金融公庫の審査に通りにくくなります。

日本政策金融公庫の審査の際には、個人の信用情報を必ず調査されます。個人信用情報機関には、クレジットカードやローンの残高と2年分の返済状況が記載されています。

日本政策金融公庫の審査の際に、信用情報に残っていると不利になるのは、次のような条件です。

審査で不利になる条件ほぼ審査落ちになる条件
  • 過去2年以内に複数回の滞納がある
  • キャッシングの債務が残っている
  • 過去5年以内に61日以上の延滞をした
  • 過去5年以内に債務整理をした
  • 過去5年以内に強制解約を受けた
  • 過去10年以内に自己破産をした

過去2年間に1、2度程度の支払忘れがある、または住宅ローンなど有担保融資の残高がある分には、公庫の審査不利になることはありません。

しかし、過去2年以内に複数回の滞納があったり、カードローンなどのキャッシング残高が残っている人は、融資をしても返済できる可能性が低いと判断されるので、審査で不利になります。できれば延滞記録が消えるか、残高を一括返済してから公庫に申込するのが良いでしょう。

また、長期延滞や債務整理した人は、個人信用情報機関に異動情報が5年から10年保管されてしまいます。異動情報が残っている間は、日本政策金融公庫の審査に通るにはほぼ不可能です。過去に返済トラブルを起こしてしまった人は、異動情報が消えるのを待ってから、公庫への申込を検討してください。

共通点②〈公共料金などの支払いの遅延が多数ある〉

「公共料金などの支払い」は、電気代や水道代の光熱費はもちろんのこと、電話料金も含まれます。

なぜ、この公共料金が審査に影響するのかというと、会社にとって必要な固定費の支払いが遅れるということは、当然、融資金額の返済も遅れるだろう、と判断されるためです。

支払いに遅延があるかどうかは、審査の際に提出する会社の通帳を見れば分かることですので、遅延しないように支払いを済ませましょう。これから創業する場合も、公共料金の支払いの分かる引き落とし口座の通帳か、半年分の支払明細書の提出が審査に必要になります。

共通点③〈税金の支払いに遅延がある〉

共通点②と同様で、税金も同じような扱いをされます。

「税金の支払いができない=融資金の回収が不可能」という判断はもちろんのこと、国が定める法律、国税徴収法により、融資額の返済よりも税金の支払いの方が優先されるという恐れもあるため、審査には大きく影響します。

共通点④〈自己資金が少なすぎる〉

自己資金が少ないと、日本政策金融公庫の審査に落ちてしまいます。

日本政策金融公庫の創業融資は、創業資金総額の10分の1の自己資金を確認できることを申込の要件に定めています。そのため、融資希望額の10分の1の金額を貯めておかなければ、融資の申込すら出来ません

また、自己資金は半年前から計画的に貯めておく必要があります。創業融資の審査では、半年分の普通預金通帳を確認されます。半年分の通帳を確認されるのは、カードローンや知り合いからの借金で一時的に自己資金要件を満たされるのを防ぐためです。

さらに、自己資金の10倍の融資を受けられることは稀で、基本的には用意した自己資金の2倍から3倍程度までしか融資を受けられないことが多いです。新規事業は成功が難しく、売上が出るには最短でも半年はかかるので、自己資金の10倍を超えるような融資は返済が難しく、貸し倒れになる可能性が高いからです。

もし起業時に自己資金の10倍の融資を受けたいならば、経験業種の開業であることや見込顧客がいるなど、早期に事業が成功すると審査の担当者に思わせるのが重要になります。

認定支援機関のSoLaboのサービスを利用して公庫の融資に申込めば、面談同席や書類の作成を通し、希望額以上の融資を受けるサポートをいたします

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?  日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?

共通点⑤〈経営計画に矛盾が生じている〉

審査では、経営者の考える経営の計画性も重要です。

とくに、「根拠がない急激な売上上昇」や「売上上昇にも関わらず、仕入れ・人件費の降下」など、信用できない経営計画では融資担当者もいい顔をしません。

数字だけ上げればいい、などの甘い考えだということがバレてしまい、審査落ちに繋がってしまうため、数字と実態に矛盾のない経営計画が必要になります。

共通点⑥〈面接での説明がしっかりできていない〉

融資の申し込みをした後は、融資担当者との面接があります。

この面接では、具体的な融資希望理由や、会社のことについて聞かれますが、それ以外にも融資を受けようとしている事業者の人柄や会社に対しての思いを見られます。

ここでしっかりと説明ができなければ、融資通過には厳しくなります。

上手く話そう、ということではなく、話している様子や伝えようと思っていることを自身が伝えられる範囲で伝えることで、融資担当者には伝わります。

2.審査落ちしてしまった場合について

日本政策金融公庫の審査に落ちてしまったからと言って、諦めるのはまだ早いです。

改善点を探し、再度申し込みを行うことも可能です。

ですが、融資希望者にとって好条件の日本政策金融公庫の融資が、受けられないという事は、銀行での融資も厳しくなるということを覚えておきましょう。

二度の失敗がない為にも、以下の点を確認し、改善をして審査に臨みましょう。

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?

▪審査落ちした原因を把握する

審査落ちしてしまった原因について、日本政策金融公庫に限らず金融機関は教えてくれません。

しかし、審査落ちしてしまう理由は、上記で挙げた「信用情報」「自己資金」「経営計画」のどれかに当てはまると思った方が良いでしょう。

自身の審査を思い返した時に、何かしら引っかかる部分があるのではないかと思います。

原因を把握し、改善できるのであれば改善し、融資に近づけましょう。

▪再申し込みは半年後に行う

審査に落ちてしまい、再度申し込みを行えるのは、最低でも6ヵ月後です。

日本政策金融公庫が融資を行う事業者は創業したばかりの会社であったり、業歴が比較的浅い会社です。

その為、6カ月の業歴、というだけでも審査にとってはプラスのポイントとして見られます。

6カ月後に再申し込みをしたからと言って、必ず融資が通るということではないため、再申し込みの時までに、最初の審査落ちの原因を改善しておきましょう。

▪自己資本比率を上げる

審査落ちをしてしまった原因が自己資金の場合に限ったお話しですが、自己資本比率を上げる方法は2通りあります。

まず1つ目が、親族や預金からお金を集めて会社の通帳に入れ、少しでも自己資本比率を上げる方法です。

審査に通った段階で、通帳からお金を引き出すことは可能なため、審査通過の為の見せ金として、できる限りのお金を集めましょう。

2つ目が、融資希望者が個人的に所有している車や機械を会社の資産とすることで自己資本比率を上げる方法です。

本来であれば、「会社の資産=役員借入金」となりますが、中小企業にとっての「役員借入金」は、「資本金」と同じように見られるため、会社の資産とできるものをできるだけ増やし、自己資本比率アップに繋げましょう。

これら2つの方法で、自己資本比率を上げることはできますが、専門家の相談なしに、自己判断でやりすぎることは「粉飾決算」と見られ危険ですので、あらかじめ専門家に相談をしたうえで行いましょう。

▪認定支援機関を利用する

現在、融資専門の認定支援機関は多く、主に融資の際に提出する書類の作成や、融資の手助けを行っています。

この機関は融資に関しての知識が多い為、自身が審査に通る確率がどのくらいあるのか、どこを改善しなければならないのか、等も教えてくれます。

確実に融資を受けるために、認定支援機関を利用して、審査に臨むということも、1つの手と言えます。

どこの認定支援機関がよいのかを判断するポイントは、

①資金調達支援実績が豊富か

②手数料が明確か

を必ずチェックするようにしてください。

▪日本政策金融公庫以外の民間の金融機関(信用金庫など)に申込む

日本政策金融公庫の審査に落ちてしまっても、信用保証協会を利用した民間の金融機関から融資を受けるという道もあります。

これは、会社から保証料を受け取り、返済ができなくなってしまった万が一の場合に、保証協会が代わりに返済を行うというものです。

この保証協会付き融資は、金融機関にとってもリスクが低いため、比較的審査が通りやすいという点があります。

まとめ

今回は、日本政策金融公庫の融資で審査落ちしてしまう理由と、落ちてしまった場合にどうしたらいいのか、ということをご紹介しました。

しっかり準備をすれば、日本政策金融公庫からの融資は受かる方が多いです。

審査に落ちてしまうと半年の間、日本政策金融公庫から融資を受けることができなくなります。少しでも成功確率を上げたい!とお考えの方は、ぜひ一度Solaboにご相談ください。

また、日本政策金融公庫の再審査を受けるまで待てないという人向けに、Solaboは信用保証協会を利用した民間金融機関からの融資のサポートも引き受けています。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫で審査落ちしてしまう理由とは?落ちてしまった場合にどうしたらいいのか?