日本政策金融公庫で面談する際の注意点

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

日本政策金融公庫で融資を受ける場合には、日本政策金融公庫で必ず面談があります。この面談の際の注意点をお伝えしておきます。融資の面談では、融資の専門家にお願いして、専門家が同席する場合と、専門家が同席しない場合がありますので、それぞれの注意点をご説明していきます。

1.専門家に依頼しない場合の面談の注意点

(1)面談に持参するものは何か?

日本政策金融公庫に『借入申込書』を提出すると『お持ち頂く資料』が届きます。

《 『お持ち頂く資料』の例 》
  • 事業計画書
  • 創業計画書
  • 印鑑
  • 源泉徴収票(平成◯◯年分)
  • 運転免許書
  • 不動産の賃貸契約書または賃貸物件の説明書
  • 資格(例)調理師免許
  • 通帳(公共料金引き落としがされている口座)
  • 通帳(自己資金がわかる口座)
  • 住宅ローンの支払明細表
  • 店を開く住所の地図(ネットからでOK)

などと記載されているので、資料に記載されたものを持参し、面談へいきましょう。 要求されて資料は必ず面談までに揃えましょう。

仮に、面談までに揃わなければ後日提出することもできますが、融資を受けるまでの時間が長くなってしまいますので、面談までにすべてを揃えて持参することをオススメします。

(2)面談で気をつけること

①面談の担当者はあなたの味方

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

日本政策金融公庫では、まず融資の面談担当者が皆さんを面談します。面談終了後に、担当者が、公庫の上層部にチェックしてもらうための資料をまとめ、上層部が融資しても良いと判断すれば融資が確定します。

つまり、面談の担当者は、上層部のOKをもらうために頑張ってくれる方です。

まずは、面談してくれる担当者に感謝しながら面談を行うことが重要です。 面談の担当者は、厳しい質問をする方と、厳しい質問をあまりしない方がいますが、どちらのタイプであっても、基本的には皆さんの融資を通すために頑張ってくれる方ですので、感謝しながら面談することが最も大切です。

②面談の担当者は何を知りたいか?

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

面談の担当者が、最も知りたいことは、貸したお金を返すことができるのか?ということです。売上があれば、返済もできることから、売上根拠について質問されることが多いです。 そのため、売上がどれくらいになるのかを日本政策金融公庫の面談担当者にわかりやすく伝えるために、売上イメージが湧くような資料を作成し、持参すると安心して面談に望むことができるではないでしょうか。

③日本政策金融公庫はお金を貸したい!

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

面談は何のためにやっているかわかりますか? 日本政策金融公庫は、お金を貸す業務しか行っておりません。お金を貸す人がいなくなってしまっては、公庫は潰れてしまうのです。そのため、ちゃんと貸したお金を返してくれるのであれば貸したくて仕方ないのです。 貸したお金を返してくれそうな方か、返せなそうな方かを面談で判断しております。ちゃんと儲かるビジネスモデルであることを公庫の面談担当者に説明できるようにしておきましょう。

④添付資料をたくさん作っておけば心配なく面談に望むことができる

別紙資料の作成方法の記事をご覧頂きたいのですが、いろいろなものを作り、ビジネスモデルをしっかり検討して融資に挑めば基本的には何を聞かれても答えられるはずです。 もしわからないことを聞かれたとしても、いろいろ準備した結果わからないのであれば、何も心配することはありません。

添付資料については、下記サイトをご参照ください。 少しでも多く融資してもらうための別紙資料作成ノウハウ

⑤面談時間はどれくらいか?

面談の時間は、1時間から2時間程度です。一発勝負となりますので、事前準備をしっかりしておきましょう。 プレゼンをするときと同じだと考えてください。プレゼンする際は、いろいろ準備してから当日を迎えますよね?融資の面談も、企画書をもって、絶対に成功することを伝えればよいだけです。準備さえしっかりしておけば、何があっても大丈夫でしょう。

⑥服装に気をつける

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

可能であればスーツで面談に行きましょう。

⑦提出する資料をみなおしておく

面接官は、提出された資料を見ながら質問してきます。記載している内容とつじつまの合わないことを話してしまうとかなり印象が悪くなります。 そのため、公庫に提出した書類はすべて見なおしておきましょう。

⑧焦らずゆっくり丁寧に受け答えする

面談の時間は、余裕をもってたっぷり取ってくれています。そのため、伝えたいことはゆっくり丁寧に答えていきましょう。 しっかり準備しておけば自信をもって回答できるはずなので、しっかり事前の準備をして余裕をもって面談に挑んでください。

2.専門家に依頼する場合の面談の注意点

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

専門家とは、認定支援機関を指します。認定支援機関を経由して融資を受ける場合、中小企業経営力強化資金という制度を利用することができるため、専門家に依頼する方が増加しております。

>>中小企業経営力強化資金の詳細はこちら

専門家に依頼する場合、よい専門家であれば、面談に同席してもらえます。同席してもらえるため、心配することはほとんどないでしょう。念のため注意点をご説明しておきます。

※個人情報保護のため、専門家の面談同席をお断りされる場合もありますので、その点はご注意ください。

(1)持参するものを忘れずにもっていく

融資の専門家に依頼する場合には、ほとんどの資料は、面談の前に提出しておきます。そのため、面談の前までに提出出来なかったものだけを、面談の際に持参していただきます。 公庫から、専門家に不足資料を連絡し、専門家から、皆様へ不足資料の連絡が入るケースと、公庫から直接不足資料が皆様に届くケースがありますが、いずれにせよ、足りない資料だけをご持参ください。

(2)面談で気をつけること

①専門家がいるため、鋭い質問はほとんどされない。

面談に行く前に、融資の専門家がほとんどの資料を公庫の担当者にお送りしているため、答えにくい質問をされることはほとんどありません。しかし、事前準備だけはとても大切ですので、資料を作成し、その資料を持参しておきましょう。

②面談時間はどれくらいか?

必要な資料は面談の前にほとんど渡しているため、面談の時間は短いと30分程度です。もちろん面談担当者によって多少長くなることもありますが、概ね1時間以内には終了するでしょう。

③面談場所と面談する担当者を選択できる

多くの融資を行っている専門家であれば、毎回お願いする公庫の担当者がおります。そのため、公庫の担当者を指定して面談することができます。そのため、専門家からすれば、毎回同じ方で面談に同席しているため、勝手がわかっていることから安心して面談に挑めるでしょう。

3.面談で言ってはダメなフレーズとは?

面談の際に、言うことを避けた方がよいフレーズをご紹介します。

(1)いくらなら借りられますか?

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

借入をする場合には、何にいくら使うかを明確にして借入希望額を伝えます。

例えば、車代が300万円と、人件費で200万円かかるから、500万円を貸してください!

と希望したとします。

使い道を明確にしているにも関わらず、いくらなら借りられますか?と聞くことで、計画性がないのでは?と判断される可能性があります。

計画性がない!と面談担当者に判断されると融資を受けられる可能性は下がります。

(2)売上根拠はわかりません!

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

日本政策金融公庫の担当がもっとも厳しい目で見ているところが売上です。

そのため、売上根拠は確実に質問されます。売上根拠を曖昧に答えてしまうと、日本政策金融公庫の担当も計画通りの売上は見込めないのではないか?と判断する可能性がありますので、売上根拠はしっかり伝えられるようにしましょう。

4.創業融資の面談で、大切なことはストーリー

創業融資の場合、創業するまでのストーリーが大切です。

(例)

飲食店をOPENさせたいと考えている鈴木さんがおりました。

鈴木さんは、飲食店で10年間下積みをし、3年前から少しずつお金を貯めてきました。

お金が200万円貯まったところで、近くに最高の物件を見つけ起業したいと考え創業融資を希望しました。

上記の例のように、創業するまでに、しっかり準備してきた!というストーリーを面談担当者に丁寧に伝えることができれば、好印象となります。

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

まとめ

面談は、準備をしない方ほど緊張してしまうものです。もし答えられなかったらどうしようと考えてしまうかもしれませんが、あなたのビジネスモデルに自信があり、しっかり準備しておけば、何も恐れることはありません。事前の準備で資料作成が最も大切だと考えておきましょう!

関連記事

創業計画書の作成方法とは?

事業計画書の作成方法とは?

借入申込書の記載方法とは?

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

信用情報ブラックの方が資金調達する方法とは?

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

日本政策金融公庫で面談する際の注意点