日本政策金融公庫(公庫)で創業融資を受ける場合の制度

日本政策金融公庫のサイトを見ると、多くの融資制度があります。

そこで今回の記事では、日本政策金融公庫の融資制度のうち、創業時に利用できる制度を紹介します。

創業融資で利用できる2つの制度

日本政策金融公庫では、創業時に使える融資制度として以下の2つがあります。

新創業融資制度と中小企業経営力強化資金制度

それぞれの制度の要件等を比較してみましょう。

どちらの制度も無担保で借りられる

創業時にも関わらず、『新創業融資制度』『中小企業経営力強化資金』どちらの制度を利用しても無担保で借りられます。

新創業融資制度と中小企業経営力強化資金、どちらも無担保

どちらの制度も保証人なしで借りられる

創業時にも関わらず、『新創業融資制度』『中小企業経営力強化資金』どちらの制度を利用しても保証人なしで借りられます。代表者の保証も不要です。

新創業融資制度と中小企業経営力強化資金、どちらも無保証人

どっちの利息が安い?

ここまでは、新創業融資制度も中小企業経営力強化資金も同じ、「無担保」「無保証人」で融資を受けることができます。では、利息はどちらが低いのでしょうか?

日本政策金融公庫の金利は3ヶ月に1回程度で変更となる可能性があります。最新の金利情報は日本政策金融公庫HPをご確認ください。

(1)新創業融資制度の金利

新創業融資制度金利

(2)中小企業経営力強化資金の金利

中小企業経営力強化資金金利

【中小企業経営力強化資金が絶対にお得】

新創業融資制度に比べると、中小企業経営力強化資金の方が利息が安くなります。返済期間や、借入額によって、いくらお得になるかは異なりますが、中小企業経営力強化資金の方が、利息が安くなるということを覚えておきましょう。

中小企業経営力強化資金の方が金利が低い

中小企業経営力強化資金を利用するためには?

中小企業経営力強化資金を利用するためには、『認定支援機関』を経由して融資を受けることが条件になります。

中小企業経営力強化資金は認定支援機関を経由する必要がある
認定支援機関は、税理士事務所や、中小企業診断士が登録しているケースがほとんどです。そのため、融資以外の事業の悩みを相談してみると回答してもらえることが多いため、融資を頼むことでアドバイスをもらうことも可能になるでしょう。

まとめ

創業時の融資では、新創業融資制度と、中小企業経営力強化資金の2つの制度を利用できます。 専門家を探すためのポイントを以下の記事でまとめましたので、ぜひ一度ご確認ください。

専門家を正しく選ぶための7つのポイント

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております