日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、日本政策金融公庫の担当と面談をし、その後、審査がありますが、その審査はどれくらいの期間かかるのでしょうか?

日本政策金融公庫で融資を受ける場合、審査期間がどれくらいかかるのかを紹介します。

なお、すでに事業を始めており、売掛金がある人のみの資金調達方法になりますが、ファクタリングなら最短即日で資金調達ができます。当ページで紹介していますので、資金調達を急ぐ人は参考にしてください。

1.審査期間はどれくらい?

初めて日本政策金融公庫から融資を受ける場合と、過去に日本政策金融公庫から融資を受けたことがある方が融資を受ける場合では、審査期間が異なりますので、それぞれ解説していきます。

(1)初めて日本政策金融公庫から融資を受ける場合

日本政策金融公庫で融資の必要書類をすべて提出し、融資の面談が終了してから、審査が始まるのですが、融資の担当者が素早く対応でき、かつ、月曜日又は火曜日に面談している方の審査期間が最も短くなります。

※融資担当者が出張や、有給で休んでしまう場合など、素早く対応できないケースでは、審査期間が伸びてしまいます。

※週末に面談している場合には、土日(営業日でない日)を挟むため、少し期間が伸びます。

審査期間をイメージするために、当社SoLaboが実際に融資のサポートをした事例を紹介します。

【事例】

整骨院開業で融資希望額800万円だったAさんは、月曜日の午前中に日本政策金融公庫の担当者と面談を行いました。面談時の書類を日本政策金融公庫の担当者がまとめて、木曜日に上層部に提出、翌週の火曜日に融資の結果が報告されました。手続きがスムーズに進んだ結果、融資面談から結果までがわずか8日間で完了しました。

この事例は、週初めである月曜日に融資面談を行い、その後の手続きがかなりスムーズに進んだケースです。書類や状況などスムーズに進む要因が揃っていれば1週間以内に融資終了することもありますが、一般的には2週間程度とお考えください。
審査結果の報告は、基本的に、郵送されてきます。 融資の専門家(認定支援機関)を経由している場合には、審査結果がまず融資の専門家に電話で報告され、、そのあとに、専門家から借り主に電話で報告することもあります。

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?

 (2)過去に日本政策金融公庫から融資を受けたことがある方が融資を受ける場合

過去に日本政策金融公庫から融資を受けている場合には、チェックすることが少なくなるため、審査期間が短くなることがあります。

※業績が良ければ、1週間以内に結論がでることもありますが、業績が悪い状態であれば、2週間以上かかることもあります。

注意点

日本政策金融公庫から、2回目以降の融資であれば、提出書類が少なくて済み、かつ、借入までの期間が短くなることが多いのですが、借入金の完済後3年経過していると、借入のデータがなくなってしまい、新規の取引と同じ扱いとなってしまいますので、ご注意ください。

2.審査に時間がかかるときはどんなとき?

当社SoLaboがサポートした事例の中で、実際に審査期間が長かったケースの特徴を紹介します。

・日本政策金融公庫の担当が忙しかった

・ビジネスモデルが複雑で、理解が難しい

・追加の提出書類を出し忘れていた

・担保がある場合

・提出した書類に不備がある

上記の場合には、一般的な審査期間より長くなることがあります。

SoLaboの診断で大まかな審査期間を調べる

日本政策金融公庫の審査機関がどれくらいになるか気になる方は、当サイトの無料診断をお試しください。

無料診断は、株式会社SoLaboの1,600件を超える日本政策金融公庫からの融資実績を基に、融資の可否を診断し、専門家から連絡しています。借入希望額や業種、申し込み時期などから、概算にはなりますが、審査期間がどれくらいになるかをお伝えすることが出来ます。(※)

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?

※日本政策金融公庫の担当者の都合等は加味することが出来ませんので、あくまでも概算となることをご了承ください。

3.1日でも早く資金調達が必要な方は、ファクタリングを利用すべき?

日本政策金融公庫からの借入は、審査に2週間、申し込みの準備から着金までだと1か月程度かかってしまいます。

借入まで時間がかかっても問題ない方は、日本政策金融公庫からの借入がお勧めですが、どうしても今すぐ資金調達がしたい!という方には、ファクタリングという方法があります。

ファクタリングとは、未回収の売掛金を買い取ってもらうサービスです。最短即日で資金調達が可能なことから、急な資金繰りが必要な時には有効なサービスです。

ただし、すぐに資金調達が可能な2社間ファクタリングは、売掛金の10%~20%ほどの手数料が発生します。例えば、100万円の売掛金を10.0%の手数料でファクタリングすると、90万円が入金され、10万円をファクタリング業者に支払うことになります。

本来得るはずだった利益から手数料が引かれるため、ファクタリングを繰り返すとキャッシュフローが悪化していきます。そのため、資金調達を急いでいるときを除いては、ファクタリングを利用するのはおすすめできません。

手数料を抑えるならOLTAクラウドファクタリング

一般的なファクタリング業者は手数料が10%以上ですが、OLTAクラウドファクタリングは手数料が2.0%~9.0%なので、他の業者と比較して手数料を抑えて資金調達が可能です。

手続きもWEB上で完結し、申込から最短即日で振り込むをしてもらえます。

当サイトはOLTAと提携しており、特別にファクタリングのご紹介可能です。ファクタリングに関する質問だけでも問題ありませんので、興味があれば以下の問い合わせフォームからお問い合わせください。

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?

まとめ

日本政策金融公庫では、審査期間なども含めると、お金を借りるまでに1ヶ月から1ヶ月半かかります。これから融資をお考えであれば、この期間を頭に入れておくとよいでしょう。

関連記事

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

日本政策金融公庫で融資を受けるための流れとは?

100%の確率で融資を受ける方法はあるのか? 

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫の審査期間はどれくらいか?