ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

突然ですが、「ベンチャー企業」という言葉にどのようなイメージを抱きますか?新しい会社、若い社長がいるIT系の会社、というイメージがあるでしょうか。

最近、ベンチャー企業という言葉の定義が変化しつつあります。スタートアップという新たな言葉も出ていて、ますますベンチャー企業への注目度も高まっています。

今回の記事では、ベンチャー企業とは何か?というテーマでお話をしてきたいと思います。

1.ベンチャー企業は創業5年以内のITを駆使した中小企業

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業は革新的アイディアや技術・サービスを提供する中小企業のことを指します。代表的なベンチャー企業には、サイバーエージェントやオークファンなどがあります。いえ、サーバーエージェントは既にベンチャー企業の域を超えていますよね。東証一部上場企業ですから。ちなみに、ユニクロや楽天も駆け出し時にはベンチャー企業と呼ばれていたようです。

ベンチャー企業に明確な定義はありませんが、世間一般的には以下の条件に合う企業がベンチャー企業と呼ばれているようです。

  • 創業5年以内の中小企業
  • これまでにない革新的なサービスや商品を開発する
  • 社長(代表)が個性的で経歴がすごい
  • 決算ごとの伸び率がスゴイ

2.ベンチャー企業で実際に働いてみて

筆者は過去にベンチャー企業で働いていました。2010年のことです。ムーンシュートという会社で、何億円もの大金をアメリカのエンジェル投資家から資金調達していました。内部には、スタンフォード大学の教授や某大手おもちゃ会社の元役員の方もいらっしゃいました。

ムーンシュート株式会社|3歳から始められる英語学習システム搭載の知育ソフトを開発

※上記URLをクリックすると、外部サイトへリンクします

①ベンチャー企業は想いをすぐ形にしやすい企業

幼児向けの英語教材を開発しており、そのカスタマーサポートとして勤務していました。これまで勤めていた一般的な企業との違いは、「思いを形にしやすい」という事です。例えば、仕事をしていて「これはこの方がいいかも」と思ったことを社長に言うと、「いいねえ!じゃあ、次からそうしていいよ」とすぐに採用になるのです。

②熱く、集中でき、能力の高い集団

また、一つの想いを共有しやすいのもベンチャー企業の特徴かと思います。大企業になればなるほど、社長やCEOの想いは平社員には伝わりにくくなります。規模の小さいベンチャー企業では、まるで学生のノリのように熱く集中して業務に取り組みやすいのが特徴です。

これから就職活動をする方の中にも、大手企業の向いている方もいれば、逆にこのようなベンチャー企業が向いている方もいらっしゃることでしょう。

3.スタートアップとはどう違う?

ベンチャー企業とは?

2018年現在、日本は空前の起業ブームの真っただ中にいると言えるのではないでしょうか。なぜかというと、日本政府(中小企業庁)が率先して起業家へのあらゆる支援を実行しているからです。

例えば、起業家向けの助成金や補助金。創業融資で金利を低くする、自治体で創業セミナーを開催するなど、ここ数年の起業支援は非常に充実しています。

これらの起業ブームの中で、スタートアップという新しい言葉がネット内から使われ出しました。スタートアップは英語で立ち上げ、や起業を意味する言葉です。数あるベンチャー企業(創業5年以内)の中でも、スタートアップ企業はさらに設立からの期間が短く、創業後2~3年以内しかたっていないできたてホヤホヤの企業という特徴があります。

4.すごいベンチャー企業とそうでないベンチャー企業の差は資金力?

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業というだけでカッコイイイメージがありますが、実際には業績がのびず廃業してしまう事業所も多々あります。しかし、最近ではネット文化が浸透する前の時代と比べて、ベンチャー企業が起業しやすくなっています。

パソコンとネット環境とアイディアと能力があれば、十分に事業の下地を作れる可能性はあるのです。Facebookやtwitterという今では当たり前のSNSだって、まさかこんなに世界中に広まるとは思っていなかったのではないでしょうか。

ベンチャー企業の弱点として、資金難があります。アイディア一つでサービスが世に浸透しても、それを利益化するのに失敗してしまっては、ただの新サービスを無料で提供しているお人よし、になってしまいます。

資金が潤沢にないベンチャー企業は、ビジネスチャンスを逃します。世にあるアイディアはネットですぐに共有されてしまいます。スピード感をもって次のステージにたどり着くには、上手な資金調達が相棒となるでしょう。

5. 近年、大きく成長するベンチャーが出ていない

楽天、ライブドアなど多くのIT系ベンチャー企業が続々と現れた2000年頃と比較すると、ラインを除いた今のベンチャー企業はまわりを巻き込むほどの威力を持っていないような印象を受けます。

その証拠に、経済産業省の公表する資料「新事業創出のための目利き・支援人材育成等事業」を拝見すると、日本の開業率が欧米と比べ低く、また近年大きく成長するベンチャーが出ていないという文字を見ることができます。また、中小企業庁の企業応援サイト(ミラサポ)では企業のベンチャー投資促進税制を掲げています。中小企業がベンチャー企業にファンドを通して支援すれば、出資額の一部を損金算入できますよ、という趣旨の税制です。

その代わり、多くの優秀な小ぶりのベンチャー企業が増えている現状もあります。ベストベンチャー100はご存知ですか?ベンチャー通信編集部がオススメする将来有望なベンチャー企業の掲載ページがあります。このページを拝見すると、「強制的な昼寝をすること」など、個性的な社長のいる面白いベンチャー企業がたくさんあり見ごたえがあります。

まとめ

ベンチャー企業についての概要や取り巻く環境の変化をご紹介しました。あなたはベンチャー企業に就職する立場ですか?または、新たにベンチャー企業をたちあげる立場でしょうか。

資金調達のご相談があれば、是非当サイトをお役立てください。

 

 

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ベンチャー企業とは?