創業から3年で4回融資を受けた方の事例【整骨院編】

創業から3年で4回融資を受けた方の事例【整骨院編】

創業してから、3年で4回融資を受けた方の事例をご紹介致します。個人事業主の方で、これから開業しようとしている方が1,200万円の融資に成功致しました。どのように4回の融資を行ったのかをご紹介致します。

 

 

1.初回の融資は、横浜信用金庫から800万円

整骨院を開業しようとしていた方で、副院長経験のある方でした。

開業しようとしているときに、自己資金は100万円、友人から100万円を一時的に借りて、横浜信用金庫から800万円の融資をすることに成功しました。

融資成功の秘訣は、自己資金が100万円あったことと、友人から100万円を借りれたこと、過去に整骨院で副院長経験があったことが評価されたようです。

2.2回目の融資は、半年後に公庫から600万円

半年しか経過していないにも関わらずお金を借りられるのですか?と質問されることがあります。実際に1回目に融資をしてくれた横浜信用金庫からは、追加融資を受けられる状況ではありませんでした。

しかし、公庫を利用することで、融資を受けることに成功しました。1回目の融資では、整骨院を開業するために、設備投資が必要なのでお金を貸してください!というストーリーで横浜信用金庫から融資を受けており、2回目の融資は、売上が伸びているにも関わらず、人手不足で売上を逃しているから、人材確保のためにお金を貸して欲しいというストーリーで600万円借りました。

3.創業から2年2ヶ月後に法人を設立して、400万円の融資成功

今ある整骨院を運営しながら、最高の立地に、居抜き物件の整骨院が出てきたため、なんとかその院を購入したい!と考えました。その居抜き物件を購入したいので、お金を貸してください!と依頼したことろ公庫で400万円の融資を受けることができました。

4.創業から2年半後に、800万円の融資に成功

上記3の400万円の融資は、6ヶ月据置き期間をもうけて返済する契約をしていました。

まだ返済すらしていなかったのですが、1店舗目を出店した場所から徒歩2分程度の場所に新しいビルが建つ計画がありました。その場所は立地が最高で、1店舗目を移転したいので、お金を800万円貸して欲しいと公庫にお願いしたところ融資に成功しました。

5.なぜ3年で4回もの融資に成功したのか?

融資で最も評価されたことが、毎月お金を積み立てて貯金をしていた点でした。

堅実に営業していることが評価され、4回の融資に成功しました。 売上ももちろん悪くはなかったのですが、利益としては、全体で月に50万円程度でした。月に利益50万円程度でも、3年以内に4回の融資を受けることができるケースもあります。

6.他店舗展開したいのであれば、毎月貯金をすべき!

他店舗展開を検討しているのであれば、2回3回と融資を受ける可能性があるでしょう。何度も融資を受けられる方は、堅実に貯蓄している方です。貯蓄をしっかりしておくことが、将来の成功へ繋がるでしょう。

7.他店舗展開を視野に入れているのであれば、融資アドバイザ-といつでも相談できるようにしておくと良い?

いきなりお金が必要になることもあるでしょう。その時のためにも、いつでも相談できる融資アドバイザーがいると安心して営業することができるでしょう。

まとめ

創業して3年で、4回の融資を受けるケースはそこまで多くありません。いつでも融資を受けられるように健全に経営し、少しづつ貯蓄しておくことをオススメ致します。

関連記事

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

お知らせ

創業から3年で4回融資を受けた方の事例【整骨院編】