ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ベンチャー企業の資金調達ニュースでは頻繁に「ベンチャーキャピタルによる〇億円の出資により~」という内容を含むニュースが飛び込んできます。

銀行などの金融機関よりも融資額がずば抜けて高額な印象を持つベンチャーキャピタル。今回の記事では、ベンチャーキャピタルという投資会社についての概要やその仕組みについて触れていきます。

1.ベンチャーキャピタルはプロの投資会社

①ベンチャーキャピタルはこうやって投資をする

ベンチャーキャピタルとは投資会社の一つのジャンルを指す言葉です。個人投資家であれば、ある銘柄を絞りその投資商品を購入しリターンを得る、または損をする、という流れですが、ベンチャーキャピタルは違います。ベンチャーキャピタルの場合、まず投資する企業を見つけたらいきなり投資はせずに、その企業と細かい取り決めのある契約(投資契約)を結びます。

ベンチャーキャピタルとは

企業がその細かい取り決めにOKのサインをしたら、ベンチャーキャピタルは基本的に保有するファンドの中から企業へ投資を行います。単純な融資の場合と違いベンチャーキャピタルは融資の相場よりも大幅な高額(10億円~100億円以上)の出資も行います。

②メリットだけではない、ベンチャーキャピタルとの契約

ベンチャーキャピタルからの出資されたお金は基本的に返済不要です。しかし、その分、単純な融資ではありえない条件をのまなくてはいけない場合があります。例えば、

  • 〇月〇日までに上場すること
  • 未上場株の〇割をベンチャーキャピタルに渡すこと(エクイティ=株式投資をすること)
  • ベンチャーキャピタルからの派遣する役員を取締役会に入れること

ベンチャーキャピタルが狙っているのは、主に未上場で将来値上がりしそうな会社のIPO株です。上場していない会社が上場しなくてはいけない場合、上場に関わる手数料がかかります。また、経営に関してベンチャーキャピタル内の社員も積極的に企業へ意見を出してきます。それを「アドバイス」と捉えるか、または「邪魔」と捉えるかは経営者の感覚次第でしょう。

何にせよ、ベンチャーキャピタルはプロの投資会社ですので、どの企業に投資をするかを決定する前は非常に綿密な調査をします。そのため、事業として将来性があるなど投資対効果を見込めない場合はベンチャーキャピタルには相手にされません。彼らは、事業の将来性や財務諸表や技術・サービス力などを総合的にみて、最終的に投資先を決定します。

2.ベンチャーキャピタルの種類

①国内か海外か

ベンチャーキャピタルの人によるイメージはさまざまではないでしょうか。最初、筆者が中東の原油のインフラについて出資したベンチャーキャピタルの記事を見ている時には、ベンチャーキャピタルって非常にレベルが高くて国際的、という印象を持ちました。インフラやクリーン・エネルギーに投資する会社はコースラ・ベンチャーズなどがあります。

それに対し、日本のVCで最も有名なのは株式会社ジャフコです。1973年創業以来国内外で累計3,900社に投資し、983社の新規上場に関わっています。インフラやクリーンエネルギーにも投資をしていますが、ITや新規事業などさまざまな案件へ投資をしています。

②どの段階に投資をするのか

ベンチャーキャピタルには以下のような種類があります。

ベンチャーキャピタルとは

企業の成長には上記の図のように、シード&スタートアップ期~レーター期まで4つのフェーズ(段階)があります。インキュベーション投資を得意とするベンチャーキャピタルもあれば、ベンチャー投資を得意とするベンチャーキャピタルもあります。

③ファンドの数、総資産額でも規模やブランドでレベル分けできる

この区分とは別に、ベンチャーキャピタルが保有するファンドの総額でもベンチャーキャピタルをいくつかのステージで分けることができます。ファンドを作らず、ベンチャーキャピタル会社自体が投資を行う場合もあります。

投資額の規模

(★~★★★)

ベンチャーキャピタル会社名 (ファンド)

累計実施件数

(ファンド)投資産総額
★★★ ジャフコ 累計3,900件 750億円/2016年
★★ SMBCベンチャーキャピタル 累計400件超 累計300億円超
★★ みずほキャピタル 非公表 5,000万円~1億円/1件
東京中小企業投資育成 累計2,188社 累計1,145億円

国内では、ジャフコが最も投資実績を持つ老舗で、次いで銀行系のベンチャーキャピタルが主に活躍しています。3つ目の東京中小企業投資育成という会社は政府系の機関です。

他には、大学・研究機関系のVCや地域特化系のVCがあります。

まとめ

ベンチャーキャピタルは会社対会社で投資をする会社のことを指します。企業を見る目があるベンチャーキャピタルは先見の明があり、名もないベンチャー企業にも法外な金額を出資します。

日本国内ではほとんと一般人には知られていなかったベンチャーキャピタルですが、アップルやグーグルへの出資がベンチャーキャピタルだったことや、近頃学生や若手の事業にも積極的に出資するベンチャーキャピタルも出てきたため、ホットなニュースとなっています。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

ベンチャーキャピタルとは