信用金庫から融資を受ける流れとは?

信用金庫から融資を受ける流れとは?

初めて融資を受ける場合には、日本政策金融公庫で融資を受けるか、信用金庫で融資を受ける方が多いですが、今回は、信用金庫で融資を受ける流れをご紹介致します。

Contents

1.信用金庫に保証の申込みを行う
 (1)用意しなければならない書類とは?
 (2)必要に応じて添付する書類
2.保証協会の審査
3.信用保証協会の保証承諾
4.融資実行
まとめ

1.信用金庫に保証の申込みを行う

信用保証組合の説明イラスト

お申し込みを行う場合、信用金庫経由で申込みをするケースと、信用保証協会に申込みをするケースがあります。

信用金庫経由でお申し込みをされる方が多いので、信用金庫経由で申込みすることを前提にご説明していきます。

まずお近くの信用金庫の窓口で、信用保証の申込手続を行ってください。信用金庫の窓口に訪問する際は、あらかじめ電話で予約してから訪問するとよいでしょう。

信用金庫が融資を受けられるだろうと判断した場合には、必要書類を金融機関経由で信用保証協会に提出してもらうことができます。

信用保証協会に提出してもらう資料はご自身で用意する必要があります。

(1)用意しなければならない書類とは?

①創業前の方が必要な書類

信用保証協会に提出する書類創業前の場合

http://www.cgc-tokyo.or.jp/download/

上記サイトの一番上に創業計画書のデータがありますのでダウンロードしてください。

 

②創業後の方が必要な書類

信用保証協会に提出する書類創業後の場合

http://www.cgc-tokyo.or.jp/download/

上記サイトの一番上に創業計画書のデータがありますのでダウンロードしてください。

 

(2)必要に応じて添付する書類

信用保証協会に必要に応じて提出する書類

 

2.保証協会の審査

お申し込みをした後に、信用保証協会において融資を行ってよいかどうかの保証が行われます。審査過程において、訪問や面談を行うケースもあります。

信用金庫で融資を受ける場合の流れイラスト

3.信用保証協会の保証承諾

信用保証協会が審査した結果、保証すると確定した際は、お申し込み頂いた信用金庫に対して『信用保証書』が発行されます。

4.融資実行

『信用保証書』に記載された条件で、信用金庫からお金を借りることができます。

信用保証協会がOKを出せば、金融機関からお金を借りることができると考えておきましょう。

注意点

信用金庫からお金を借りた場合には、信用金庫には、毎月利息を支払いますが、信用保証協会に対しては、融資実行時に、「信用保証料」を金融機関経由で、一括で払わなければなりません。

まとめ

信用金庫から融資を受ける流れをご理解頂けましたでしょうか?

創業して時間が経っていないケースでは、制度融資を利用する方が多いため、上記と少し流れが異なる部分がありますが、制度融資を受けた際の流れはまた後日ご紹介致します。

今回は、制度融資を利用せず、信用金庫から融資を受ける流れをご紹介致しました。

関連記事

創業前に日本政策金融公庫から1,000万円借りる方法

日本政策金融公庫ってどんな金融機関?

お知らせ

信用金庫から融資を受ける流れとは?