これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

日本政策金融公庫でお金を借りたい場合に、この記事で記載した内容に当てはまると融資が厳しくなります。

融資を受けたい方は、当てはまっていないかを確認しましょう。

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

1.クレジットブラックの方

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

直近5年から7年以内にクレジット事故を起こしている方は、融資を受けられる可能性が非常に低いです。

クレジット事故とは、返済の遅延があったり、返済できず踏み倒すことです。心配がある方は、CICで、個人情報を確認しましょう。

CIC HP

上記のサイトで調べることが可能です。こちらで調べてみて、☓マークがついていなければ問題ないです。少しでも心配のある方は是非調べてみましょう。融資の面談までに、調べておくことで、融資の審査で加点要素となります。

クレジット事故があった方でも融資を受けられるケースはありますが、融資希望額より減額されてしまうケースが多いです。

2.税金の未納や滞納がある方

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

今まで給与所得だった方は、会社が税金を給与から天引きしているため、未納や滞納があるケースはほとんどないのですが、すでに開業している方で、所得税、住民税、法人税、事業税、消費税など、税金の未納や滞納がある場合には、融資を受けられる可能性が低くなります。

融資を受ける前には必ず未納や滞納分を全額支払っておきましょう。

※公庫では、支払った期日も見られますので、期日通りに支払っていない場合には、評価が下がってしまいます。

※年金や健康保険料を支払っていないと問題があると噂でよく耳にするのですが、日本政策金融公庫の融資で年金資料や健康保険の資料を提出したことは、未だ一度もありませんので、年金や健康保険は気にしなくて問題ありません。

(今後ルールが変わる可能性もありますので、払えるのであれば、払っておくほうが安心だと思いますが。)

3.水道光熱費や家賃支払の支払い期日の遅延や、支払いもれがある場合

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

日本政策金融公庫は、貸したお金を、毎月期日通りに返してくれる方に貸したいのです。

そのために、融資を受ける際に、水道光熱費や家賃の支払いが遅れていないかをチェックされます。

融資を受けようと計画しているのであれば、融資を受ける6ヶ月前から期日通りに払いましょう。

融資を受ける際に、必ず通帳は半年分チェックされますので、家賃を通帳で支払っている場合には、6ヶ月前から期日をしっかり守って払っておきましょう。

水道光熱費を現金でコンビニなどで支払っている場合には、3ヶ月分の領収書の提出を求められることがあります。

期日に遅れがちな方は、融資を受ける3ヶ月前から期日を守るようにしましょう。

または、水道光熱費はクレジットカード払いにもできますので、クレジットカード支払いに切り替えることをオススメします。

4.自己資金がない方または自己資金が不透明な方

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

自己資金とは、ご自身で毎月の給与から少しずつ貯めたお金のことです。

通帳を見て少しずつお金が増えている方は何も心配いらないでしょう。

ご結婚されている方は配偶者の通帳も自己資金に含めることが可能です。

ご両親からもらったお金も自己資金として認められますが、ご自身やご家族で貯めたお金の方が評価が高いです。

 

上記以外の方で、いわゆる見せ金を自己資金としている方は、融資を受けられない可能性が非常に高いです。

まれに、自宅金庫で少しずつ貯めたお金です!と主張し自己資金として認められることもありますが、基本的には認められません。

【あきらかに見せ金とわかる例】

・他人から一括でお金が振り込まれているケース

・いきなり通帳のお金が増えているケース

・法人の場合、資本金が○○円と記載しているにも関わらず、会社設立後、そのお金がすぐに引き出されているケース

※通帳は半年分必ず見られます。公庫の担当者も見せ金で融資をしようと考えている方をかなりの数見ておりますので、基本的に見せ金だとバレてしまいます。 自己資金の詳細については、融資を受けるための、自己資金とは?をご参照ください。

5.金融機関からキャッシングがある場合

キャッシング

消費者金融や、クレジットローン、クレジットカード現金化などの利用残高がある方は融資を受けることは難しいでしょう。

金融機関は、個人情報を見れば誰がどこからお金を借りているのかを把握できるデータベースがあります。

そのため、消費者金融からお金を借りていることを隠していたとしても絶対にバレます。隠しても無駄ですので気をつけましょう。

6.携帯代の支払いを遅延している方

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

携帯代を遅延していると、その情報はCIC情報に掲載されてしまいます。

つまり、遅延していることが銀行にバレてしまうのです。

携帯代の遅延がCIC情報にのることはあまり知られていないので、頻繁に遅延して支払っている方が意外と多いのですが、将来お金を借りる予定のある方は絶対に遅延しないようにしてください。

7.面談態度が悪い方

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント

前提として、公庫の担当者は、融資を通すために面談をします。いわば、お金を借りたい方の味方です。

もちろん厳しいことを言われて腹が立つこともあるかもしれませんが、そこで態度に出してしまう場合には、基本的には融資を受けられないでしょう。

皆さんも考えてみてください。友達にお金を貸してと言われ、逆ギレされたら絶対に貸しませんよね? この考えは公庫も同じだと考えてください。

まとめ

融資を受けられない方がどんな方かわかりましたか?上記に該当せず、考えられたビジネスモデルであれば、融資受けられるはずです。

融資をご検討している方は一度すべての項目を確認してみてください。

今回の記事では、融資を受けられない方の情報を記載しました。

融資以外の資金調達方法にファクタリングという制度があり、このファクタリングであれば、上記に該当していても資金調達が可能となります。

早ければ翌日には、資金調達できるという新しい制度となっております。

詳細は、下記をご参照ください。

ファクタリングって何?3分でわかるファクタリングの基礎知識

 

関連記事

融資を受けられるかどうかのチェックリストがありますので、下記サイトをご参照ください。

開業前に融資を受ける方のためのチェックリスト

 

 

確実に融資を受けたいという方は下記をご参照ください。

100%の確率で融資を受ける方法はあるのか?

【面談同席実績100件以上】日本政策金融公庫から融資を通す方法とは?

 

これに当てはまると融資を受けることは厳しい?7つのチェックポイント