ベンチャーキャピタルとは?役割としくみを解説

ベンチャー企業やスタートアップの起業を考えている人のなかには、ベンチャーキャピタル(VC)から資金調達を受けたいと考えたことがある人もいますよね。ベンチャーキャピタルから多額の資金調達をおこなったスタートアップのニュースをみて興味を持った人もいるでしょう。

当記事では、ベンチャーキャピタルがどのような組織なのかを解説します。ベンチャーキャピタルの役割や目的、種類も紹介するので、ベンチャーキャピタルから出資を受けたい人は参考にしてみてください。

ベンチャーキャピタルはスタートアップへの出資を専門とする会社

ベンチャーキャピタルとは、スタートアップに対して出資をおこない事業資金を供給する投資専門の会社のことです。

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業やスタートアップを投資の対象としており、「ベンチャー(Venture)企業」に「資金(Capital)提供」することから、それぞれの頭文字を取って「VC(ブイシー)」とも呼ばれています。

ベンチャーキャピタルは運営元によって種類が異なり、「独立系ベンチャーキャピタル」「政府系・大学系ベンチャーキャピタル」「金融機関系ベンチャーキャピタル」「事業会社系ベンチャーキャピタル」の4つに大別できます。

【ベンチャーキャピタルの種類】

種類概要ベンチャーキャピタルの一例
独立系ベンチャーキャピタル出資母体となる特定の企業がおらず、独自に集めた資本で運営しているVC。出身母体がないため自社の独自の判断で出資を決定でき、会社独自の出資方針を持っている・JAFCO
・グロービスキャピタルパートナーズ
・ALL STAR SAAS FUND
政府系・大学系ベンチャーキャピタル公的な資金をベンチャー企業に投資するVC。政府系は上場企業の再編など公益性の高い事業に、大学系は学内のスタートアップに投資をおこなう・DBJキャピタル(日本政策投資銀行)
・東京大学協創プラットフォーム開発株式会社(東大ICP)
・京都大学イノベーションキャピタル
金融機関系ベンチャーキャピタル銀行や証券会社などの金融機関が出資母体のVC。金融機関が持つ経営ノウハウを生かしたサポートを受けられるという特徴がある・みずほキャピタル
・信金キャピタル
・SMBCベンチャーキャピタル
事業会社系ベンチャーキャピタル事業会社が運営主体となっているVCで、「コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)」とも呼ばれる。自社とのシナジーや企業買収等が目的の場合もあるため出資を受ける際には出資目的を確認しておく必要がある・サイバーエージェントキャピタル
・GMOベンチャーパートナーズ
・富士通ベンチャーズ

「独立系ベンチャーキャピタル」や「事業会社系ベンチャーキャピタル」は特定の業種や業界に限定して出資をおこなうなど、ベンチャーキャピタルごとに特色があります。

最近では、インターネットを通じてソフトウェアを提供する「SaaS(サーズ)」に特化した出資をおこなうベンチャーキャピタルも出てきており、成長している業界への出資に積極的な傾向があります。

「金融機関系ベンチャーキャピタル」は起業したばかりのシード期だけでなく、一定の事業規模のあるミドル期やレイタ―期の企業にも出資する場合があります。

地方銀行や信用金庫などの特定の地域にある金融機関は地域経済の活性化にも取り組んでいるため、地域に根差して事業を展開している企業に支援をおこなっています。

ベンチャーキャピタルから出資を受けたい人は、ベンチャーキャピタルの特徴をおさえたうえで、自分のやりたい事業に適したベンチャーキャピタルを選ぶようにしましょう

起業前後はシードアクセラレーターから支援を受けられる

起業前後で実績がない場合や起業直後で事業を成長させるための体制やノウハウが不足している場合には、「シードアクセラレーター」の部門があるベンチャーキャピタルから出資を受けるのも選択肢のひとつです。

シードアクセラレーターは起業して間もない「シード期」のベンチャー企業やスタートアップに対して起業家を育成するプログラムを実施しています。実施期間はプログラムによって異なり、3か月から6か月程度の場合が多いです。

「アクセラレーター(accelerator)」は英語で「加速させるもの」を意味し、出資先企業の成長を加速させる役割を担っています。

シードアクセラレーターの部門を持っているベンチャーキャピタルのなかには、プログラムを修了し一定の基準を満たした企業に対して出資をおこなう機関もあります。

ベンチャーキャピタルとの接点がない人やこれから起業する予定の人は、シードアクセラレーターのプログラムを受講することも検討してみましょう。

VCは投資先の企業の株価上昇後に利益を得ている

ベンチャーキャピタルは投資先の企業に資金を提供する代わりに株を取得し、企業の成長を通じて株価が上昇した後に株式を売却することで利益を得ています。

このように株式の売買によって得た利益は「キャピタルゲイン」と呼ばれます。

ベンチャーキャピタルは出資先の企業への事業資金の提供と引き換えに株式を取得し、出資先の企業が株式公開(IPO)してはじめてキャピタルゲインを得られます。

そのため、ベンチャーキャピタルは出資先の企業が成長し企業価値を上げるための支援や助言をおこなっています。

ベンチャーキャピタルから出資を受けることを検討している人は、出資者から事業の成長を促されることも考慮したうえで事業の経営に臨みましょう。

出資を受ける際の注意点を解説しているため、ベンチャーキャピタルから出資を受けたい人は「エクイティファイナンスとは?デットファイナンスとの違いを解説」も参考にしてみてください。

将来の成長性から企業価値を算出した上で出資額を決めている

ベンチャーキャピタルは将来の成長性から企業価値を算出した上で企業への出資額を決めています。客観的な数値に基づき企業価値を定めなければ、資金を提供した個人投資家への説明が難しいためです。

資金調達のために企業価値を算出することは「バリュエーション」とも呼ばれ、さまざまな手法が存在します。

たとえば、投資先候補の企業が将来上げる収益やキャッシュフローを予想する「インカムアプローチ」はバリュエーションの手法のひとつとして挙げられます。

インカムアプローチで計算した場合には、現状では実績や利益が乏しい企業でも、将来性を含めた企業価値を算出できるため、成長段階にあるベンチャー企業やスタートアップを柔軟に評価できます。

企業価値を算出するためのバリュエーションの種類や計算方法を詳しく知りたい人は、経済産業省の公式サイトにある「エクイティ・ファイナンスに関する基礎知識 第二章 株式評価・出資者の投資回収」も参考にしてみてください。

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのアプローチ方法

ベンチャーキャピタルとのつながりを持っていない人はベンチャーキャピタルにアプローチする方法を把握しておきましょう。出資を受けるには、ベンチャーキャピタルで出資先の候補となる企業を開拓している担当者とつながる必要があります。

【ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのアプローチ方法】

  • 直接連絡する
  • つながりのある知人から紹介してもらう

ベンチャーキャピタルに直接連絡する場合には、メールや電話で問い合わせます。最近ではTwitterやLinkedInなどのSNSのアカウントを持っている担当者も多く、担当者によってはプロフィールに投資の相談を受け付けている旨を開示している人もいるので、SNSのDM(ダイレクトメール)でコンタクトするのも選択肢のひとつです。

ベンチャーキャピタルとつながりのある知人や友人、会社や取引先の人から紹介してもらう方法の場合には、紹介者が一定の実績を出していれば担当者から信頼してもらいやすい傾向があります。

現在勤務している企業と同じ業界で起業を検討している人は、業界の動向に詳しい同僚や上司に聞いてみるのもよいでしょう。

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのイベントやコンテストもある

ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのイベントやコンテストもあるため、ベンチャー企業やスタートアップの起業を検討している人はイベントやコンテストへ参加するのも手段のひとつです。

大勢の前で事業をアピールすることで投資家の目にとまり、将来の出資につながる人脈を得ることができるためです。

とくに起業前後の段階では、資金調達や顧客獲得などを目的にした短いプレゼンテーションである「ピッチ」をおこなうピッチイベントやピッチコンテストへの参加が適しています。

投資家との人脈づくりだけではなく、大企業との協業やスタッフの採用につながるイベントも存在するため、事業のフェーズにあわせたイベントを選ぶ必要があります。

起業前後に参加できるイベントやコンテストに参加したい人は中小機構の公式サイトにある「起業・創業に関する表彰制度(ビジコン)」から地域ごとの開催予定を調べてみましょう。

まとめ

出資先の企業が株式公開やM&Aをしてはじめて収益を上げられるのがベンチャーキャピタルのビジネスモデルであるため、ベンチャーキャピタルは出資先の企業を成長させるためにさまざまな助言や取り組みをおこなっています。事業の成長を加速させたい人はベンチャーキャピタルから出資を受けるのも手段のひとつになるでしょう。

実績のない起業前後の段階でベンチャーキャピタルに声をかけることが難しいと感じる人は、起業家を育成する「シードアクセラレーター」のプログラムを受講したり、ビジネスコンテストやピッチイベントなど事業のアイデアを発表する場に参加したりするのも起業の第一歩になります。

ピッチイベントやピッチコンテストについて詳しく知りたい人は「スタートアップのピッチの基本|必要な準備・資料作成のコツを紹介」も参考にしてみてください。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております