ネイルサロンの事業計画書のテンプレートと書き方の見本・実例

ネイルサロンの事業計画書のテンプレートと書き方の見本・実例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ネイルサロンを経営するときに必要な、事業計画書の書き方についてご紹介します。

事業計画書は経営に必要なお金を集めるときや、経営をあらためて見直したいときに役立ちます。

この記事では、ネイルサロンの事業計画書のテンプレートをベースにして、書き方の見本と、お金を用意できた事例をご紹介します。

ネイルサロン経営に必要な事業計画書とは

ネイルサロンの事業計画書のテンプレートと書き方の見本・実例

出典:PIXTA

事業計画書が必要になるタイミング

事業計画書とは、これからどのようにビジネスを進めていくかを表した資料のことです。

事業計画書が必要になる主なタイミングは、ずばりお金を集めるときです。日本政策金融公庫などの金融機関からお金を借りるときや、知人から応援してもらうとき、今の経営状況や今後の計画について、事業計画書を見せて、わかりやすく伝える必要があります。

創業前はもちろん、創業後もお金を集めるタイミングで事業計画書は必要になります。

なお、創業をお考えの方は、お金を集めること以外でも必要な準備があるので、並行して準備を進めることをおすすめします。

美容室の開業!日本政策金融公庫からの資金調達方法完全マニュアル!

事業計画書で説明する相手に伝えるべきポイント3つ

事業計画書の作成と事業計画書の説明はセットで必要です。

一般的には、金融機関からの借入などでお金を集めるときに面談があり、事業計画書の說明を求められます。知人に応援してもらうとき、応援してくれる方へは直接説明することの方が多いでしょう。

事業計画書で説明する相手に伝えるべきポイントは3つです。

  1. これまでの経験の実績・強み
  2. 競合他社との差別化ポイント
  3. 事業の収支についての理解

まず、説明する相手の利益や関心について考えましょう。例えば、銀行からお金を借りる場合、銀行は「貸したお金が返ってくるか」に関心が向きます。また、知人に応援してもらうとき、応援してくれる方は「事業が順調にいくか」などに関心が向くでしょう。

事業計画書を見せて「安定して利益を出すことができ、事業が順調にすすむこと」をアピールするために、根拠として、「1.これまでの経験の実績・強み、2.競合他社との差別化ポイント、3.事業の収支についての理解」をわかりやすく伝えることが大切です。

ネイルサロンの日本政策金融公庫からの融資事例

実際に、ネイルサロンの開業でお金を借りる、融資事例をご紹介します。

公的な金融機関の日本政策金融公庫でお金を借りるとき、経営状況などの説明によっては融資に失敗する可能性もあるため、「同業者がどういう条件で融資を受けることができたのか」を知っておくことは大切です。

1つめは、創業で300万円借りることに成功した事例です。

【ネイルサロンの創業融資】横浜市で開業、300万円の融資に成功した事例

2つめは、自宅の一部を店舗として改装するためにお金を借りた事例です。このケースは理容業ですが、ネイルサロン経営を自宅の一部を理容して開きたい方には似たような事例として読んでいただけるでしょう。

【理容業の融資】自宅の一部を店舗として改装するために融資を受けた事例

ご紹介したものは開業するタイミングでの事例でしたが、開業後も融資は受けられます。開業後のスムーズな資金集めにご興味がある方は株式会社SoLabo(ソラボ)までお問い合わせください。

日本政策金融公庫の融資受けられる?
無料で診断する>

電話で無料相談する(平日9時~19時)

事業計画書のテンプレート・入手方法

事業計画書はお金を集める方法によってフォーマットがあったり、自由だったりします。事業計画書を作る前にフォーマットがないか確認しましょう。

今回は日本政策金融公庫でお金を借りるためのテンプレートをご紹介します。

テンプレートは下のURLからダウンロードすることができます。

各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫

利用する融資制度によって事業計画書のテンプレートは異なります。また、借りる状況によって利用する融資制度は変わります。

もちろん、金融機関によっても、テンプレートは変わりますが、事業計画書として求められるポイントは似通っています。

事業計画書の共通項として9つあるので、次で書き方のコツとともに見ていきましょう。

ネイルサロンの事業計画書の書き方の9つのコツと実例

ネイルサロンの事業計画書のテンプレートと書き方の見本・実例

出典:PIXTA

ネイルサロンの事業計画書の書き方を9つに分けてコツと実例をご紹介します。事業計画書に必要なのは、次の9つの要素です。

  1. 創業動機:情熱やコンセプトを伝える
  2. 経歴・実績:自身の強み・信頼性を伝える
  3. サービス内容:自社の強み・競合との差別化要素を伝える
  4. 顧客情報・販売戦略:売上があがることを伝える
  5. 競合・市場の状況:競合との差別化要素・自社の優位性を伝える
  6. 取引先情報:安定して仕入ができることを伝える
  7. 従業員情報:安定した運営ができることを伝える
  8. 事業に必要な資金額:金額の根拠・資金繰りの計画を伝える
  9. 収支計画:短期・長期の事業計画を伝える

それぞれ解説します。

①創業動機:情熱やコンセプトを伝える

事業計画書に必要な要素の1つめは創業動機です。

創業動機は「どれだけ前からコツコツと準備していたか」「どのコンセプトのお店にしたいか」を書き、情熱やコンセプトを伝えることがコツです。

例えば、次の文章です。

これまでネイルサロンで7年勤めてきました。長年自分の店を持ち独立することが夢で、独立してからもお客様に信頼される技術を身につけるべく、日々勉強しました。その成果として今ではXX人のお客様からご指名をいただいています。8割の方がお子さんと来店するため、自分のお店は「お子さんを持つお母さん」のためのサロンにしたいと考えています。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「1創業の動機」でも創業動機を記入する欄があります。具体的に「何年前から」「どの準備をしていたか」を記入しましょう。

既に開業されている方も、創業動機を伝えることで、ストーリーとしてこれまでの事業の流れを伝えることができます。

②経歴・実績:自身の強み・信頼性を伝える

事業計画書に必要な要素の2点目は経歴・実績です。

経歴・実績は経験の「年数」と「内容」、「実績」を具体的に記入し、自身の強み・信頼性をアピールすることがコツです。

例えば、次のように表現します。

◯年◯月〇〇美容専門学校卒業
◯年◯月ネイルサロン「〇〇」に入社(3年勤務)
◯年◯月ネイルの技術向上のためアメリカの〇〇で修行(1年)
◯年◯月ネイルサロン「〇〇」に入社(3年勤務)
◯年◯月独立して「〇〇」を創業

既に開業されている方も「どんな経歴があるか」を記入することで実力を示しやすいです。

また、事業計画書とは別に資格の証明書や、コンテストなどの賞状があれば合わせて準備することで技術力をアピールすることができます。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「2 経営者の略歴」でも経歴を記入する欄があります。他のテンプレートも、経営者自身の強み・信頼性を表現すべき欄がほぼ確実にあるので、アピールにつながるようにしっかり記入しましょう。

③サービス内容:自社の強みを伝える

事業計画書に必要な要素の3つめはサービス内容です。

サービス内容は「わかりやすく具体的に」サービスの内容を伝え、自社の強みをアピールすることがコツです。

例えば、次の文章です。

サービスは、ネイルとジェルの両方をしています。(詳細は別紙メニュー表を参照)
現在、XX人の方から個人指名をいただいています。派手すぎることを避けるお母さんにはキレイめなシンプルネイルを提案し、好評です。ネイルやジェルは苦手でも、手先を美しく保ちたい方には「ケアのみ」でのサービス提供予定です。

④顧客情報・販売戦略:売上があがることを伝える

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、自社の強みを表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。また、事業計画書とは別にサービスのメニュー表や、ネイルのサンプルなどがあれば、合わせて準備することでサービス内容を説明することができます。

事業計画書に必要な要素の4つめは顧客情報・販売戦略です。

顧客情報・販売戦略は「なぜ売上がたつか」の理由・根拠を記入することがコツです。すでに引き合いがある場合は、どれくらいのニーズがあるのかも「具体的」に記入しましょう。

例えば、次の文章です。

ターゲットはお母さんのため、保育園や幼稚園が近くにある住宅地で営業します。既にXX人に指名を頂いており月に1度はご来店いただける予定です。一人当たりの単価はXXXX円です。新規については、口コミやグーグルマップでの集客を見込んでいます。お子さんが保育園や幼稚園の行き帰りに来店しやすいクーポンを作って導線につなげる予定です。

「顧客が通いやすい場所にある」、「顧客が認知しやすい方法で集客ができる」、「既にお客さまがどれくらいついている」など、より具体的に売上がたつ理由を記入しましょう。

また、事業計画書とは別にお店の情報(物件情報など)があれば、合わせて準備することで説明しやすくなります。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、売上根拠を表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。

⑤競合・市場の状況:競合との差別化要素・自社の優位性を伝える

事業計画書に必要な要素の5つめは競合・市場の状況です。

競合・市場の状況は「他店よりもよい」理由を記入し、競合との差別化要素・自社の優位性をアピールすることがコツです。

例えば、次の文章です。

現在〇〇地区では、3店のネイルサロンがあります。どれも駅前、価格帯はXXXX円で、働く女性をターゲットにした華やかなサロンです。私の店は住宅街の中にあり、価格帯はXXXX円で、派手に思われないシンプルで美しいネイルを特徴とし、お子さんと一緒に来店しやすい店づくりをしています。
また、コロナ対策を実施し、安心できるサロンにします。

「他店の数」、「他店の特徴」を把握した上で、自分の店舗が優位にたてる点を記入しましょう。また、市場の動向もふまえてどのことに取り組むかも記入するとよいです。特に今はコロナ対策をどのようにするかも重要なポイントの1つです。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、競合との差別化要素・自社の優位性を表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。

⑥取引先情報:安定して仕入ができることを伝える

事業計画書に必要な要素の6つめは取引先情報の状況です。

取引先情報では、安定して仕入ができると伝えることがコツです。

例えば、次の文章です。

取引先一般個人(個人のお客様のこと)即日〆即日回収
仕入先〇〇商店月末〆翌月払い
外注先

仕入先はもし安定して使っている所があれば記入しましょう。

外注先は、面貸し(ミラーレンタル)でネイリストさんに場所を貸す場合など、外注の予定がある場合に記入します。

ネイルサロンの場合、お客様からは施術日に代金を回収できます。事業をはじめてまもないときは、仕入も購入と同時に代金を支払うことが多いです。仕入先とのお付き合いが長くなると仕入代金を月末締めで翌月払いにでき、お客様から代金が入ってから仕入の支払いまでに余裕ができるため、資金繰りがよくなります。安定した仕入で経営に余裕があると思ってもらえるので、きちんと記入しましょう。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「4 取引先・取引関係情報等」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、仕入の安定感をアピールしましょう。

⑦従業員情報:安定した運営ができること体制を伝える

事業計画書に必要な要素の7つめは従業員情報の状況です。従業員情報では、安定した体制で運営できると伝えることがコツです。

例えば、次の文章です。

名前経験雇用形態
Aさんネイリスト7年、指名XX人正社員雇用

ネイルの場合、1人で経営する場合もあります。その場合は記入なしで大丈夫です。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「5 従業員」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、運営の安定感をアピールしましょう。

⑧事業に必要な資金額:金額の根拠・資金繰りの計画を伝える

事業計画書に必要な要素の8つめは事業に必要な資金額です。

事業に必要な資金額は「何に使用するか」を明確に記入し、事業に必要な資金額を伝えることがコツです。

例えば、次のように表現します。

必要な資金見積先金額(万円)
設備資金物件取得費

内装工費

什器備品費

HP作成費

ipad購入費

〇〇不動産

〇〇工務店

〇〇商店

〇〇サービス

◯◯電機

90万円

70万円

32万円

50万円

20万円

運転資金仕入費(3ヶ月分)

広告宣伝費(3ヶ月分)

人件費(3ヶ月分)*

家賃(3ヶ月分)

消耗品費(3ヶ月分)

30万円

21万円

54万円

30万円

3万円

合計400万円

* 個人事業主の場合は、経営者自身の給与は人件費として計上しません。
今回は雇用予定の社員1名分で計上しています。

必要な資金は、設備資金で262万円、運転資金で138万円の合計400万円です。

設備資金とは、事業に必要な机や椅子などの設備を購入するための費用です。融資で資金を集める場合には、予め見積もりを取る必要があります。

運転資金とは、事業を運営するために必要な費用です。融資では一般的に3ヶ月分で考えます。

事業に必要な資金が明確になったら、次はどこからどのように調達するか明確にします。

例えば、次のように表現します。

調達の方法金額(万円)
自己資金100万円
金融機関からの借入300万円
親族、友人等からの借入0円
合計400万円

自己資金とは、自分でコツコツ貯めたお金です。詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

金融機関からの借入とは、日本政策金融公庫や信用金庫をはじめとする金融機関から借入して集める予定のお金です。

ポイントは、「事業に必要な資金額」と「調達する額」が同額になっていることです。今回の場合は必要な額と調達する額が合計400万円で同額です。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「7 必要な資金と調達方法」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、しっかり金額の根拠・資金繰りの計画を表現しましょう。

⑨収支計画:短期・長期の事業計画を伝える

事業計画書に必要な要素の9つめは収支計画です。

収支計画では、短期・長期の事業の見通しを伝えることがコツです。

既に開業している場合は、現在の経営実績が分かる試算表や確定申告書・決算書を提出します。加えてこれからの計画として、融資を受けてどのように売上が上がったり、経費が削減できたりするのか、具体的な収支計画を伝えましょう。

創業の場合、収支計画を書くコツは「利益をきちんと出せる収支計画」を記入することです。

まずは短期的な収支計画で説明します。今回は1ヶ月で計算をしました。

①    売上高108万円
②    仕入費(原価)10万円
③    経費(ア~エの合計)54万円
ア)人件費18万円
イ)家賃10万円
ウ)支払利息1万円
エ)その他(水道光熱費、消耗品費、広告宣伝費、通信費、支払手数料など)25万円
④    利益(①―②―③)44万円

売上は、根拠を明確にして計算します。

今回は次のように計算しました。

【1ヶ月間の売上】

営業日:22日×1日の来客数:7名×一人あたりの平均単価:7,000円=107.8万

売上は、数字を元に手堅く考えることが大切です。

例えば、勤めているときに店舗で1日8名施術できているネイリストが2人いて、理屈上16名のお客様に施術できるとします。しかし、新店舗で最初からそれだけのお客様が来るとは限りません。今回は2人のネイリストで1日7名の人数で計算しました。

売上から仕入費と経費を引くと利益が出ます。個人事業主の場合は自分の生活費は経費に含まれないため、生活と返済ができるだけの利益を出せいているかを見られます。法人の場合は経営者の人件費も経費に含まれるため、利益から返済ができるかを見られます。

このように1ヶ月という短期的な収支計画を説明することで、どれくらいの売上でどれくらいの利益が出るか分かるため、経営のイメージが具体的になります。

あわせて、長期的な収支計画を説明することで、見通しが立ちやすくなります。長期的な収支計画は3カ年分を作成するとよいでしょう。
今回は省略して1年分で作成しました。2,3年目は徐々に売上が伸びる想定で作成してみてください。

長期的な収支計画の例 (万円)

123456789101112合計
①    売上高1081081081081081081541541541541541541572
②    仕入費(原価)101010101010101010101010120
③    経費(ア~コの合計)545454545454575757575757666
ア)人件費*181818181818181818181818216
イ)家賃101010101010101010101010120
ウ)支払利息11111111111112
エ)水道光熱費66666688888884
オ)消耗品費33333333333336
カ)広告宣伝費77777777777784
キ)通信費22222222222224
ク)支払手数料33333344444448
ケ)旅費交通費33333333333336
コ)接待交際費11111111111112
④    利益(①―②―③)444444444444878787878787786

* 個人事業主の場合は、経営者自身の給与は人件費として計上しません。
今回は雇用予定の社員1名分で計上しています。

3カ年の長期で見ることで、従業員の雇用増加など長い目で計画することができます。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「8 事業の見通し(月平均)」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、短期・長期の事業計画をアピールしましょう。記入欄だけで表現が難しい場合は、別紙の資料を作りましょう。

まとめ

ここまで、ネイルサロンの事業計画書の書き方の9つのコツを中心に解説しました。

事業計画書は主にお金を集めるタイミングで必要になる書類です。金銭の支援をしてくれる相手にあわせて説明できるよう、事業計画書を作成しましょう。

特に金融機関からお金を借りる場合、金融機関指定のテンプレートで準備する必要があります。項目ごとにポイントをおさえて作成しましょう。

ただ、慣れない作業は時間がかかってしまったり、最初はうまく説明ができなかったりすることもあります。本業に専念して事業計画書は専門家に依頼するのも一つの手です。株式会社SoLabo(ソラボ)は融資を始めとした経営のサポートをしています。お気軽にご相談ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ネイルサロンの事業計画書のテンプレートと書き方の見本・実例