常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!

常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!

会社を設立し、ご夫婦ともに役員となり、経営していくということはよくあることですが、奥様を常勤役員から、非常勤役員にするだけで、会社の社会保険料負担額を削減することができます。 ご夫婦にかぎらず、常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減されることがありますので、気になる方は、ご参照ください。

常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!

1.なぜ、常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料は削減できるのか?

報酬が高いか低いかに関係なく、『常勤役員』は社会保険の被保険者となってしまいます。

例えば、相談役や顧問、監査役など、毎月の報酬が低い方でも常勤役員の場合には、社会保険の被保険者となります。

つまり、『常勤役員』となった時点で、被保険者となってしまうので、会社は、社会保険料を負担しなければなりません。

では、常勤役員を非常勤役員に変更した場合にはどうなるのでしょうか?

【ポイント】

常勤役員を非常勤役員に変更し、一定の条件を満たせば、被保険者ではなくなります。

一定の条件とは? 1日の所定労働時間が正社員の3/4未満であること 1ヶ月のうち、正社員の3/4未満の出社であること 要するに 非常勤役員になり、あまり出社しなければ、被保険者にならないため、会社は社会保険料を負担する必要はありません。

2.非常勤役員で被保険者に該当する人としない人を事例で確認しよう!

例を使ってご説明させて頂きます。

 

(例) 株式会社ガイドでは、 正社員の方の労働条件は、 1日8時間労働 週40時間労働 1ヶ月21日出社 です。

 

《非常勤役員1の労働時間》

1日6時間労働 月に16日出社

6時間 / 8時間 ⇒3/4 以上

16日 / 21日 ⇒ 3/4 以上

よって、この非常勤役員は、被保険者となるため、社会保険に加入しなければなりません。

 

《非常勤社員2の労働時間》

1日5時間労働 月に22日出社

5時間 / 8時間 ⇒ 3/4 以下

22日 / 22日 ⇒ 3/4 以上

毎日出社してもらっても、労働時間が3/4以上とならないため社会保険に加入する必要はなくなります。

【ポイント】

・毎日出社してもらっても1日の勤務時間が5時間であれば、社会保険加入義務なし

・毎日8時間働いてもらっても、1ヶ月で15日以内の出社に押さえてもらえば社会保険の加入義務はありません。

3.社会保険に加入するか否かは、役員報酬の高低で決まるわけではない?

役員報酬が低い非常勤役員でも、役員報酬が高額な非常勤役員であっても、上記2の条件に該当しなければ、被保険者に該当しません。そのため、会社は、社会保険料を負担する必要はありません。

【注意点】

常勤役員であれば、常に社会保険の加入義務がありますので、ご注意ください。

4.夫婦で経営している会社の社会保険削減方法とは?

妻はもともと常勤役員でしたが、非常勤役員になってもらい、さらに、労働日数も減らしたため、被保険者ではなくなりました。

さらに、妻の年収を130万円未満(60歳以上は180万円未満)の場合には、夫の健康保険の被扶養者となり、国民年金も第3号被保険者(20歳以上60歳未満の場合)となります。

よって、社会保険料の削減効果はかなり大きなものとなります。

常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!

まとめ

常勤役員は、報酬が多い、少ないに関係なく、被保険者になるということ。

非常勤役員であれば、一定の要件を満たさなければ、被保険者に該当しないため、会社は、社会保険料を負担しなくてよい!ということをしっかり覚えておきましょう。

ほとんど出社していない方が、常勤役員になっているのであれば、非常勤役員にすることをオススメします。

常勤役員を非常勤役員にするだけで、社会保険料が削減に!