資本金が少なくても融資は可能なのか?

資本金が少なくても融資は可能なのか?

資本金が1円から会社を設立できるため、資本金が少ない会社もあると思いますが、資本金が少ない場合でも融資を受けることができるのでしょうか? 今回は、資本金が少なくても融資が通る仕組みをご紹介致します。

1.資本金のみで融資の審査がされるわけではない

資本金が10万円しかないのですが、融資って受けられますか?とご質問されることがあるのですが、資本金が10万円でも、自己資金があれば、お金を借りることができます。

お金を借りられる金額は、ルール上は、自己資金の9倍までです。

つまり、 資本金が10万円で、自己資金が10万円の方であれば、あまり多く借りられませんが、 資本金が10万円でも、自己資金が100万円以上あるのであれば、借りられる金額も増加します。

【ポイント】

融資は、資本金の金額ではなく、自己資金の有無で借りられる金額が変わる 自己資金≠資本金

資本金が少なくても融資は可能なのか?

2.資本金はなくても、自己資金があればお金は借りられる

ここまでで資本金がなくても、自己資金があればお金を借りられるということはわかるかと思います。

『自己資金』とは何か! ここを把握することが非常に大切になります。

資本金が少なくても融資は可能なのか?

自己資金とは、イメージ的には、通帳にあるお金を指すのですが、通帳のお金の貯め方で自己資金になるケースとならないケースがあります。

通帳にお金があっても自己資金とみなされないケース

資本金が少なくても融資は可能なのか?

会社の外部の方から借りたお金は、自己資金とみなされません。 いわゆる見せ金のようなものは、自己資金にはなりません。

通帳にあるお金が自己資金とみなされるケース

創業してから、儲けたお金 会社の役員が、会社にお金を貸している場合

まとめ

資本金が少なくても、通帳にお金があれば、思ったより多くのお金を借りることができるということをご理解頂けたでしょうか? 融資は、資本金の金額で決まるのではなく、自己資金で決まると覚えておきましょう。

お知らせ

資本金が少なくても融資は可能なのか?